ちょっぴり個性的な和×洋コラボのレストラン!|京都を食べる|京都旅行ならJR東海ツアーズ
京都 おみやげ便り
京都MAP
京都を食べる

ちょっぴり個性的な和×洋コラボのレストラン!(2008.5更新)


澤正

澤正


大きなガラス窓の向こうには緑が眩しく、
一枚の絵が掛かっているよう。

〜ステンドグラスの洋館でいただく蕎麦料理〜

総敷地坪2500坪の敷地に昭和4年に建てられた建物は、豪商の迎賓館の一部を澤正さんが蘇られたもの。室内は桐の材質、室内外の廊下の部分は檜で、伊勢神宮の古材をゆずりうけたものだそうです。京都市内に多くある町家とは違う趣で贅沢の極みです。
テーブル席の他に、ステンドグラスのステキな洋館や襖絵の個室でお料理を頂くことができます。そば会席は月替わりで八寸、温鉢、小鉢、揚げ物、蕎麦、御飯、菓子まで蕎麦に少しアレンジをきかせた形で出てきます。手打二八そばはかみ締めると美味しさが広がり、そばつゆは薫り高い鰹の風味と味で正統派。蕎麦餡仕立ての温鉢は濃厚な蕎麦湯にお出汁が合わさった店主オリジナルで絶品です。
蕎麦と人と人のつながりを大切にしているとっておきのお店です。


所在地:京都市東山区今熊野剣宮町33-22
アクセス:市バス208系「泉涌寺」下車、徒歩約5〜7分
電話番号:075-561-4786
営業日:奇数月は月曜日〜火曜日、木曜日〜日曜日、偶数月は月曜日、水曜日〜日曜日
休業日:奇数月は水曜日 偶数月は火曜日(祝祭日は営業)
料金:ランチ\3,675、\5,500 ディナー\5,250、\7,350
※食材と献立は月替わりで変わりますのでご了承下さい。
※小学生高学年以下のお子様はご入店不可

MAP

   
center 総敷地坪2500坪の敷地に建てられた建物は趣があります。 人気のお部屋はステンドグラスが素敵な洋館と襖絵が見事な和室の個室です。お部屋指定はできないので、運がよければこれらのお部屋でお食事ができます。
そば会席は月替わりで八寸、温鉢、小鉢、揚げ物、蕎麦、御飯、菓子まで。特に蕎麦餡仕立ての温鉢は店主オリジナルの絶品でした。 器にもこだわりがあり切子作家や海外の食器メーカーとのコラボもしています。お菓子「そばぼうろ」作りにも忙しいそうです。
 

かしくコルドンブルー

かしくコルドンブルー


南禅寺に向う参道にあるコルドンブルー。
暖簾をくぐった奥にお店があります。

〜お箸でいただく体にも心にもやさしいフレンチ〜
築95年の味わいのある民家を改装した「かしくコルドンブルー」の店内は、赤い絨毯が印象的。フレンチレストランですが玄関で靴を脱いであがります。気取った雰囲気はなく、お箸でフルコース料理をいただくというのも何だかほっとします。
バターやクリームは極力減らし、京都 宮津の漁師さん直送の鮮魚や、旬の野菜をふんだんに使っています。気取りの無いオーナーが作る料理は素材を活かしたまっすぐな料理、優しい味がしました。お肉料理と一緒にだされるご飯とお漬物が京都らしさを感じさせてくれます。
自家焙煎のコーヒーがこちらのお店のこだわり。最後のコーヒーまでおいしく提供したいという、オーナーのもてなしの心が表れていて、何度でも訪れたくなるお店です。


所在地:京都市左京区南禅寺草川町64
アクセス:地下鉄東西線「蹴上」駅より徒歩7分
電話番号:075-761-2780
URL:http://kasiku-cordonblue.com/
営業日:月曜日〜水曜日、金曜日〜日曜日 12:00-14:30(LO) 喫茶14:30-15:00 ディナー17:30-20:30(LO)
休業日:木曜日
料金:ランチコース 3000円、3500円、4500円の3種類

MAP
   
center 玄関で靴を脱ぎ、お箸で頂くフレンチ。ゆったりとした時間が流れます。 スズキのポワレベアルネーズと香草の2種類のソース。カリカリッとしたお魚にとても合うソースです。旬の野菜たっぷりなのも嬉しい。かぶはうす味ピクルスになっていました。
ランプ肉が一番旨いというご主人のこだわりの一品。柔らかで赤ワインソースとよく合います。ワインが進む味です。 月2回不定期でジャズのライブがあります。自家焙煎コーヒーや自家製の燻製の販売もあります。

プチレストランないとう

プチレストランないとう


京都らしい細い路地を入った奥にあります。
味のある看板とアプローチが期待感をそそります。

〜パンチの効いた美味なる洋食〜

京都御所の南に位置する「プチレストランないとう」。気取らない雰囲気の中、内容充実の洋食をいただけます。
町家を改造した店内は開放感がありとても良い雰囲気です。カウンターキッチンにはメイン料理が書かれた黒板がかかっていて食欲をそそります。
ランチコースは蔵を改造した個室でいただきます。日替わりの付き出し、オードブル、スープに、ヒレとんかつ・ハンバーグ・エビフライの3点盛り合わせがメインで、ご飯もの、デザート、コーヒーもつきます。3点盛りは「ないとう」看板商品が3つも味わえて贅沢な気分です。コクがありジューシーなハンバーグは、それだけでお腹がいっぱいになるほどのボリューム!香り付けのためのベーコンの脂身、ひと手間かけたパン粉がはいっていて、味もパンチが効いていてクセになる美味しさです。


所在地:京都市中京区柳馬場通竹屋町下ル五丁目232
アクセス:京都市営烏丸線「丸田町」駅より徒歩5分
電話番号:075-211-3900
営業日:火曜日〜土曜日 モーニング:日曜のみ8:00-9:30(事前予約カウンター11名限定)、ランチ:11:30-14:00 LO13:30(事前予約1日1組限定3-8名様)、ディナー:18:00-23:00 LO22:00(事前予約)
休業日:月曜日(日曜日不定休)
料金:
昼のコース3800円(一日一組限定、前日までに要予約。蔵利用のため3〜8名のグループでお願いします)
夜のコース(基本)7200円〜10000円(メイン料理選択により追加料金を頂戴しております) ※20時の時点で席がある場合アラカルトも可。お薦めメニュー:ロースとんかつ2100円、ハンバーグステーキ2500円、えびクリームコロッケ2100円

MAP

   
center 調理台をぐるっと囲むようにあるカウンターは、シェフと対面でお料理を頂けます。きれいに整理されたカウンターは、シェフの心意気が感じられます。 牛肉100%のハンバーグは大きめ粗引肉に特製パン粉と香りづけに豚ベーコンの脂身が入っています。デミグラソースも舌にからむ絶品のおいしさです。
小さな中庭から日が差し込み気持ちのいい店内です。 一日一組のお昼のコースランチは蔵を改造した個室で頂きます。


壱銭洋食

一銭洋食


逆立ちしている看板や、
歓迎赤穂浪士ご一行様など
インパクト大の外観です。

〜昔懐かしい「洋食」を味わう〜
お店の外まで広がるソースのこんがりと焦げた匂いに誘われて入ってしまいたくなるのが、祇園の名物として昔から愛されている「壱銭洋食」です。一銭で食べれた事が名前の由来です。メニューはシンプルに「お古乃美焼」これ一つ!
お店に入った途端威勢のいい女将さん達がオーダーを取ってくれます。お好み焼きの原型とも言われ、ふわふわの生地の中に牛肉・九条ねぎ、糸コンニャク、ちくわが半熟卵に絡まっています。かつおぶしと海苔がたっぷり掛かっていて、甘辛いソースが何ともくせになる味。昭和の香り漂うお店で、昔懐かしい「洋食」を味わってみてはいかがでしょうか。


所在地:京都市東山区祇園四条通縄手上ル
アクセス:京阪線「四条」駅下車、徒歩4分
電話番号:075-533-0001
URL:http://www.issen-yosyoku.co.jp/
営業日:月曜日〜日曜日 11:00〜3:00(日祝10:30〜22:00)
休業日:年中無休
料金:お古乃美焼630円、生ビール525円、冷しあめ315円、ラムネ210円、アイスクリン210円 ※宅配も可能。送料全国一律700円です。

MAP
   
center メニューはシンプルにこれ一つ。座った途端にオーダーが入ります。ソースは甘口、辛口、中辛、大辛から選べるので、友達と別々の味を楽しむのもお薦めです。 飲み物がラムネや冷やし飴なのが、何とも屋台感覚で昭和の気分です。
昭和を感じさせる演出いっぱいの店内。「アイスクリン」の文字も! 手早くどんどん焼かれていきます。ウスターソースとねぎの香りがたまりません。宅配も可能です。
 

 

店内
出来たてが頂けるシェフコーナーが人気!!

写真提供:「プレジール」
新都ホテル バイキングレストラン プレジール

京都駅の南側、八条口から徒歩2分ととっても便利な場所に位置する「新・都ホテル」にあるのが、バイキングレストラン「プレジール」です。
店内は木目調と鏡を使ったスタイリッシュなインテリア。こげ茶とブルーのテーマカラーが落ち着きとさわやかさをあらわしています。
ランチタイムは100種類ととにかくメニューの種類が豊富なのがうれしい!湯葉、京おばんざい、お刺身などの和食や、パスタ、中華、洋食などジャンルも様々なお料理をいただけます。4月から新しくなったシェフが腕を振るうプレジールでお食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

所在地:京都市南区西九条院町17
アクセス:JR・新幹線・近鉄「京都」駅改札より徒歩2分、地下鉄「京都」駅より徒歩5分
電話番号:075-661-0051(レストラン予約)
URL:http://www.miyakohotels.ne.jp/newmiyako/
営業日:月曜日〜日曜日  ランチ11:30-14:30、ディナー17:00-21:30
休業日:年中無休
料金:ランチバイキング2700円、ディナーバイキング4800円

MAP

   

店内はデザイナーさんが手がけた木目調と鏡を使ったスタイリッシュなインテリア。こげ茶とブルーのテーマカラーが落ち着きとさわやかさをあらわしています。
インテリア


窓辺の席

日が差し込みガラス張りのチャペルと噴水が光り輝きとても気持ちよいお席です。



ランチタイムは100種類ととにかくメニューの種類の多さに驚きます。湯葉、京おばんざい、お刺身などの和食や、パスタ、洋食などジャンルも様々なお料理を楽しめます。
季節感のある「竹の子ごはん」や「ピンク色の明太子のピラフ」などちょっとした心使いも嬉しい。
写真提供:「プレジール」
バイキング


6月の新メニュー

6月にはオリーブオイルで香りつけしたさっぱりと夏らしい「夏野菜とその日に仕入れた魚料理」、たこの塩辛がアクセントのさっぱりとした「たこの和風スパゲティー」、夏バテ気味の時にもぴったりな、酸味の利いたトマトソースとマスタードの「豚肉のサクサクパン粉とマスタード風味」が新登場する予定です。


 

プレジールスタッフ 100種類の品数の多さと目の前で出来たてを味わえる「月替わりシェフコーナー」がお勧めです。ホテル特製のデザートとその種類の多さもご好評いただいております。種類が豊富なのでご自身でアレンジして食べる楽しみもあります。カレーにエビフライやハンバーグををトッピングしてみたりデザートはケーキにソフトクリームをのせてパフェにしてみたり。時間制限がないので食事はもちろんのこと会話も楽しめ、ステキなランチタイムをお過ごしいただけると思います。
【写真】ソムリエールのようなきりっと素敵な制服を着たスタッフの皆さん。てきぱきと気持ちのよい接客です。


新・都ホテル宿泊のツアーはこちら
首都圏発静岡発中部発


京都への旅 ラインナップ

※掲載した内容は全て取材時点のものです。
※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。※個人情報の保護について
ページのトップへ