夜の祇園を楽しむ|京都を食べる|京都旅行ならJR東海ツアーズ
京都 おみやげ便り
京都MAP
京都を食べる
食

夜の祇園を楽しむ(2009.01更新)


夜の祇園を楽しむ
やすかわ
花街祇園の一角に店を構えるおでん処。元置屋でもあり女将の生家という店舗は家庭的な雰囲気で、祇園という敷居の高い土地にありながら気取らず食事ができます。開店から23年間つぎ足しながら使っているという出汁の中には、大根やがんも、厚揚げ常時10種類ほどがスタンバイ。具材のうまみが染みでた出汁でじっくり煮込まれるおでんは1つ200円(牛すじのみ400円)という手頃さ。祇園育ちの女将がつくる季節のおばんざいも人気です。

所在地:京都市東山区祇園末吉町
アクセス:京阪「祇園四条」駅より徒歩約5分
電話番号:075-551-3390
URL:http://www.oden-yasukawa.com/
営業日:月曜日〜土曜日18:00-翌1:00
休業日:日曜日、祝日
料金:おでん200〜400円、おばんざい500円〜
MAP
カウンターのほかに小上がりや座敷席もあります
左上:一番人気の大根は一度下ゆでしてから出汁に入れることで、やわらかな仕上がりに
左下:きのことほうれん草の胡麻和えなどおばんざいも充実
右:カウンターのほかに小上がりや座敷席もあります

______________________________________________________
建仁寺 割烹 まとの
北山から06年に移転した京割烹。「和食の真髄はやはり季節感」と語る主人は “はしり”“旬”“名残”の食材を盛り込み、皿上に鮮やかに季節を映し出します。この日用意していただいた2月のお料理は、聖護院かぶらや寒サバ、ブリなど冬を代表する食材を使った夜9000円のコース。節分とかけて鬼面の香合を器として使用したり、椿の葉をあしらいにしたりと食材だけでなく、盛り付けからも季節を感じられるよう繊細な心配りがなされています。

所在地:京都市東山区大和大路通四条下ル3丁目博多町69-1
アクセス:京阪「祇園四条」駅より徒歩約5分
電話番号:075-531-0202
営業日:月曜日〜日曜日 12:00-13:00(LO)
17:30-19:30(LO)
休業日:不定休
料金:昼のコース 4500円、8000円
夜のコース 9000円、13000円、18000円

MAP
和食店らしく洗練された印象
左上:はしりは市場に出まわり始めたばかりの贅沢品、旬はその時期盛りのもの、名残は食べ納め、過ぎる季節を名残おしむ気持ちの表れです
左下:聖護院かぶらのみぞれ椀。えびしんじょとレンコンもち、フキ、うぐいす菜など初春にふさわしい具材が入ります
右:一階のカウンター席に加え二階には個室も。どちらも和食店らしく洗練された印象です

______________________________________________________
リストランテ デイ カッチャトーリ
ピエモンテ州の巨匠・チェーザレ氏の元で5年間修行を積んだシェフが腕を奮うリストランテ。美食の地・北イタリアで鍛え上げられたシェフが得意とするのは、やはり北部らしくバターやチーズなどの乳製品やジビエを使った料理。サラダひとつとっても、蝦夷鹿やたっぷりのパルミジャーノレッジャーノが使われるなど本場の雰囲気を漂わせます。「しっかりと素材に手をかけるのが北部の料理。いい食材を使っているだけに、その力を活かしきれているか常に自分に問いかけていますね」というシェフの謙虚さが生む繊細で重厚なコースは昼4000円(金・土・日曜のみ)、夜6000円〜。

所在地:京都市東山区大和大路四条上ル常盤町158-2 紅屋ビル1F(中2階)
アクセス:京阪「祇園四条」駅より徒歩約5分
電話番号:075-551-7457
URL:http://cacciatori.ciao.jp/
営業日:火曜日〜日曜日18:00-24:00(金・土・日曜のみ11:30-15:00も営業)
休業日:月曜日(祝日の場合翌日)
料金:昼のコース4000円
夜のコース6000円、9000円
MAP
店名の「カッチャトーリ」は「狩猟」の意味
左:店名の「カッチャトーリ」は「狩猟」の意味。修行先のリストランテの名前をいただいたのだとか
右上:ローストしたたまねぎの中から熱々のベシャメルソースがとろりとあふれ出す一皿。寒い時期にぴったりです
右下:白を基調とした空間ながら、ウッディなイスや床材であたたかな雰囲気

ホテルのレストラン

京都新阪急ホテル ブールヴァール


京都新阪急ホテル ブールヴァール
京都駅前にある京都新阪急ホテルのメインダイニングであるブールヴァール。京都駅界隈はホテルが密集するバイキング激戦区でもあります。そんな中、ひときわ豪華でコストパフォーマンスの高いバイキングを提供するブールヴァールでは、2ヶ月に1度メニューが変わります。1〜2月のおすすめは高級食材であるズワイガニと和牛をダブルで楽しめるディナーバイキング。今までとは一味違う華やかなバイキングで、リーズナブルに高級食材を堪能してみませんか?

所在地:京都市下京区JR京都駅(烏丸中央口)正面
アクセス:JR「京都」駅より徒歩約3分
電話番号:075-343-5300(代表)
URL:http://www.hankyu-hotel.com/hotel/kyotoshh/restaurant/371/index.html
営業日:月曜日〜日曜日7:00-22:00
休業日:年中無休
料金:ランチバイキング2500円(11:30-14:45 1部11:30-13:00、2部13:15-14:45)
ディナーバイキング 3900円(17:30-20:50 1部17:30-19:00 2部19:20-20:50)
MAP


2月のおすすめはボイルしたズワイガニ、和牛の豆乳しゃぶしゃぶ。その他にもビーフやマグロのステーキ、仔牛のハンバーグ、ボリュームのある料理が勢ぞろい。バリエーション豊かなサラダや約10種のデザートなど、常時50種ほどの料理をいただくことができます。
2月のおすすめはボイルのズワイガニ、和牛の豆乳しゃぶしゃぶ。

北海産のズワイガニ

北海産のズワイガニは、獲れたてをすぐに茹で上げ、冷凍したもの。そうすることでカニの身がやせるのを防いでいるのだとか。カニ酢、ポン酢、醤油マヨネーズなど好きな味つけでいただけるのもうれしいところ。いっぱいに詰まった身をほおばればカニの甘みが口中に広がります。


和牛の豆乳しゃぶしゃぶは、ロースの部分を使っているためとっても柔らか。シェフがお客様の目の前で和牛を豆乳にくぐらせ、できたてを胡麻ダレかポン酢でいただきます。濃厚な味わいがたまらない逸品です。(一人2皿まで)

和牛の豆乳しゃぶしゃぶ

大きなシャンデリアが高級感を演出する店内

天井の大きなシャンデリアが高級感を演出する店内は、大きなガラス張りの窓から自然光が差し込みあたたかい雰囲気。窓際には近くのビジネスマンや家族連れなど、リラックスムードで食事を楽しむお客がちらほら。



スタッフからひとこと

京都駅界隈ではさまざまなホテルでバイキングを行っていますが、メインが2本立てのバイキングはあまりないと思います。高級食材であっても多くの種類のものを一度に楽しんでいただけるよう、あっと驚くメニュー構成でお客様をお待ちしております。2月のズワイガニと和牛は、どちらもシェフが厳選した食材ですのでぜひ一度足をお運びください。


京都新阪急ホテル宿泊のツアーはこちら
首都圏発 静岡発 中部発


京都への旅 ラインナップ

※掲載した内容は全て取材時点のものです。
※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。※個人情報の保護について
ページのトップへ