初夏の香りを運ぶ鮎料理|京都を食べる|京都旅行ならJR東海ツアーズ
京都 おみやげ便り
京都MAP
京都を食べる
食

初夏の香りを運ぶ鮎料理(2009.05更新)


初夏の香りを運ぶ鮎料理
いづ重
鯖寿司の名店として知られるいづ重。4代目となる現在のご主人が15年ほど前に考案した夏季の人気商品が鮎寿司です。ネタとなる鮎は和歌山や高知、奈良など、そのときもっともいいものが捕れる漁場から仕入れたものを、注文を受けてから塩焼きにしています。焼きたての香り高い鮎を受け止めるシャリは、薪を使い釜でふっくらと炊き上げられたもの。鮎、シャリともに口の中でふわりとくずれる極上の季節品を、ぜひ味わってみてください。

所在地:京都市東山区祇園町北側292-1
アクセス:京阪「祇園四条」駅から徒歩約7分
電話番号:075-561-0019
URL:http://www.kyoto-wel.com/shop/S81113/
営業日:月曜日・木曜日〜日曜日 11:30-20:00(店内飲食19:00)
休業日:水曜日(祝日の場合翌日)
料金:鮎寿司850円(1貫)、鯖姿寿司4000円(1本)
MAP
入り口近くには、鮮やかな伊万里焼の大皿が並びます
上:入り口近くには、鮮やかな伊万里焼の大皿が並びます
下:鮎寿司は持ち帰りよりもやはり店内で焼きたてをいただきたいもの
______________________________________________________
きらく
貴船神社鳥居のすぐ脇にある料理旅館。春は山菜、秋は松茸と旬の食材を使った料理が評判で、毎年初夏から盛夏にかけては鮎や鱧がふんだんに盛り込まれたコースが登場します。中でも鮎の塩焼きは焼いた黒石の上にのせて出され、焼きたての熱い状態が長く楽しめる一工夫がなされています。毎年5月〜8月には新緑や川の清流を間近に感じられる川床が貴船川に敷かれるので、初夏のごちそうを景色とともに味わってみてはいかがでしょうか。

所在地:京都市左京区鞍馬貴船町47
アクセス:叡山電鉄「貴船口」駅から徒歩約25分、京都バス「貴船」から徒歩約10分
電話番号:075-741-2037
URL:http://www.kibune-kiraku.jp/index.html
営業日:月曜日〜日曜日 11:00-21:00(19:00 最終入店)
休業日:無休
料金:納涼川床料理7245円(7〜8月は平日昼のみ)、9660円、12075円
MAP
きらく
右、左下: 足をのばせば川面に触れるほどすぐ近くを清流が流れます
左上:毎年5月〜8月には貴船口から京都バスが運行しています
(写真提供元:きらく)
______________________________________________________
御料理 てら川
京都の街に溶け込むかのようにひっそりとたたずむ御料理てら川。「五感で味わう料理」を追求するご主人はまさに芸術家。美しく盛り付けされたお料理は、食べるのがもったいないほどです。春から夏にかけては鱧や鮎、筍など旬の食材を使用します。季節に応じた器を使うなど器にもひと工夫加えています。これから旬を迎える鮎は、素材の味を充分に楽しめるよう塩焼きにしていただけます。京都の旬が味わえるコースは昼5000円、夜10000円〜。

所在地:京都市東山区松原通大和大路西入ル弓矢町25番地
アクセス:京阪「祇園四条」駅より徒歩約8分
電話番号:075-531-0208
営業日:月曜日〜火曜日、木曜日〜日曜日11:30-13:30、17:30-20:00(要予約)
休業日:水曜日
料金:昼のコース 5000円、7000円、10000円 夜のコース 10000円、12000円、15000円
MAP
御料理 てら川
左上:涼しげな器に盛られた前菜は紫陽花の花を表現
左下:川魚の臭みを全く感じない鮎の一夜干からあげ
右:座敷、カウンターからは庭が見られ気品漂う店内に

ホテルのレストラン

ハイアット リージェンシー 京都「トラットリア セッテ」


ハイアット リージェンシー 京都「トラットリア セッテ」

三十三間堂の近くにあるハイアット リージェンシー 京都「トラットリア セッテ」では、イタリアの大衆食堂であるトラットリアをコンセプトに、肩ひじを張らず気軽に立ち寄れる空間を提供しています。イタリア産の生ハムやサラミなど厳選された本場イタリアの食材と、賀茂茄子などの新鮮な旬の食材を使って、京都にいながらにして本場イタリアの料理を味わえるホテルのレストランです。前菜からメインまでバランスよく考えられたメニューは、食事の時間を満足させてくれること間違いありません。


所在地:京都市東山区三十三間堂廻り644-2
アクセス:市バス206系統「博物館・三十三間堂前」より徒歩すぐ
電話番号:075-541-3204
URL:http://kyoto.regency.hyatt.jp/hyatt/hotels-kyoto-regency/index.jsp(ハイアットリージェンシー京都)
営業日:11:00-22:00(ランチ11:30-14:30)
休業日:無休
料金:ピッツァランチ2150円
MAP


ピッツァランチはメインのピッツァに前菜かサラダを選べます。ピッツァの生地はイタリア産の粉のみを使用し、生地の香りを高めるためにビール酵母を使用。一般的に使われるチーズは油分が少ないため、生クリームとオリーブオイルを使ってピッツァの生地に合うようにシェフが独自にブレンドしています。
ピッツァ1

ピッツァ2

厳選された食材や京都ならではの旬の食材がふんだんに使われます。水牛のモッツァレラチーズを使ったマルゲリータなど定番のほか、初夏には京都名産の賀茂茄子を使ったボリューム満点のピッツァが登場します。


ピッツァを焼くのに必要不可欠な石窯。500度という高温で一気に焼き上げるこの石窯は、生地が持つ水分を程よく残して焼き上げるため、表面はパリっと中はふんわりモチモチに焼き上げることができます。
 石窯

外観

七条通に面する専用のエントランスが設けられ、ホテルの宿泊客以外も入りやすい雰囲気です。扉を開ければすぐ右手にペストリーブティックがありイートイン、テイクアウト可能なオリジナルブレッドや、チョコレート、ケーキなどのほかコーヒーまで用意されています。散策の途中にテイクアウトの利用もいいのではないでしょうか。
(写真提供元:ハイアット リージェンシー 京都)



スタッフからひとこと

京都にいながらイタリアを感じられる料理作りを心がけ、和風にアレンジしたイタリアンではなく、本場イタリアの味をお客様に提供したいと考えております。「イタリアに行けない。でも本格イタリア料理が食べたい」という方は是非、トラットリア セッテへお越し下さい。従業員一同、心よりお待ちしております。


ハイアット リージェンシー 京都宿泊のツアーはこちら
首都圏発 静岡発 中部発


京都への旅 ラインナップ

※掲載した内容は全て取材時点のものです。
※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。※個人情報の保護について
ページのトップへ