暑さも忘れる!?ひんやりカキ氷|京都を食べる|京都旅行ならJR東海ツアーズ
京都 おみやげ便り
京都MAP
京都を食べる
食

暑さも忘れる!?ひんやりカキ氷(2009.07更新)


暑さも忘れる!?ひんやりカキ氷
甘党 弥次喜多
昭和23年創業の甘味処。器からはみ出るほど盛られたフワフワの氷には、宇治蜜がたっぷりとかけられ、小ぶりの白玉がのせられます。注文が入ってから抹茶を混ぜ合わせる手づくりの宇治蜜は、お茶の苦みがしっかりきいた大人味。大粒で知られる丹波大納言を使用した金時と一緒にいただけば、甘みと苦味の絶妙なバランスに思わず頬が緩みます。季節を感じながらいただけるよう、あえて冷房をかけていないので最後の一口までおいしさが続きます。

所在地:京都市下京区四条河原町下ル1ツ目信号東入ル市之町240-2
アクセス:阪急「河原町」駅より徒歩約5分
電話番号:075-351-0708
営業日:月曜日、水曜日〜日曜日 11:30-18:30(LO)
休業日:火曜日(祝日の場合翌日)
料金:白玉宇治金時 870円
MAP
甘党 弥次喜多
上:格子窓からの自然光が気持ちいい1階席。2階席も
左下:町家を改装した風通しのよい店舗
右下:抹茶をたっぷり使った宇治蜜はいつもできたて


______________________________________________________
中村軒
桂離宮の南に120年以上店を構える和菓子店。夏の名物になるものを、と35年ほど前から始めたかき氷は、宇治蜜にはお薄としていただけるほど良質な抹茶を、黒蜜には波照間産の黒砂糖を使って…となんともぜいたく。1番人気は餡や白玉など和菓子店のノウハウが生きる宇治ミルク金時ですが、暑さの厳しいこの時季におすすめなのは、すだちを使ったさわやかな氷。はちみつをまぜ合わせたまろやかな白蜜を全体にかけたあとすだちを絞るため、果汁の香りや風味を生き生きと感じることができます。

所在地:京都市西京区桂浅原町61
アクセス:市バス33系統「桂離宮前」より徒歩すぐ
電話番号:075-381-2650
URL:http://www.nakamuraken.co.jp/
営業日:月曜日〜火曜日、木曜日〜日曜日 9:30-17:45(LO) ※菓子販売7:30-18:00
休業日:水曜日(祝日の場合営業)
料金:すだち氷(8月頃〜9月頃)750円、宇治ミルク金時980円
MAP
中村軒
上:創業は1883年。店先のショーケースには季節の和菓子が所狭しと並びます
左下:盛夏には開店直後から客足が途絶えることはありませんが、午前中なら比較的スムーズ
右下:店内からは坪庭を眺めることができます。風鈴の音が風流
______________________________________________________
いっぷく処 古の花
北野天満宮のすぐ東にある参拝客の休憩処として25年前に開店した喫茶・和食店。夏の看板メニューは、フルーツを使ったかき氷です。旬の時に凍らせておいたフルーツを注文が入ってから白蜜とともにミキサーにかけるため、果実のフレッシュ感がたっぷり。おなじみのいちごミルク氷も、いちご本来の香りがふわりと漂います。とろりとしたシロップと練乳が、ひと夏に3〜4度も刃を交換することで生まれるふわふわのパウダー氷にからまり、まさにとろけるような味わいです。

所在地:京都市上京区北野天満宮南門横89
アクセス:市バス203系統「北野天満宮前」より徒歩約3分
電話番号:075-461-1519
URL:http://www.geocities.jp/ipukudokoro/
営業日:月曜日、水曜日〜日曜日 9:30-16:30LO
休業日:火曜日、月末の水曜日(祝日、25日の場合営業)
料金:いちごミルク氷・キウイ氷・バナナミルク氷 各550円、もも氷600円
MAP
いっぷく処 古の花
左:学問の神様を祀る神社の横ということもあり修学旅行生も多く訪れます
右上:酒蔵跡を改装した店舗は吹き抜けの高い天井が心地ちいい
右下:小ぶりのいちごを1杯につき10個以上も使うとか
______________________________________________________

お疲れ様でした!京都には他にも見所もりだくさん!おすすめコンテンツはこちら
晩夏の幽玄五山送り火はこちら! 自然を満喫!トロッコ列車で行く嵐山 17品目から選べるガラス工芸体験にチャレンジ!

京都への旅 ラインナップ

※掲載した内容は全て取材時点のものです。
※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。※個人情報の保護について
ページのトップへ