夏も涼やか 甘味処ガイド|京都を食べる|京都旅行ならJR東海ツアーズ
京都 おみやげ便り
京都MAP
京都への旅ラインナップ
京都を食べる

夏も涼やか 甘味処ガイド (2007.06更新)


#
# 月ヶ瀬 堺町店
#
月ケ瀬 昭和元年(1926)より創業している老舗の甘味処です。四条河原町の本店、高島屋店に次いで、平成18年11月には新感覚の堺町店がオープンしました。最高級の糸寒天や丹波大納言など素材にこだわった本格甘味は、著名人にもファンが多いとか。たっぷりと黒蜜をかけていただく抹茶クリームあんみつ(780円)は、一口ごとに小さな驚きが感じられます。特に、口に入れた瞬間にほろりとほどけるような寒天の滑らかさは感動もの。5/1〜9/30までの夏季限定メニュー、宇治金時(750円)も人気の味。さらっとした氷を口に含むと、甘さの中にも抹茶のかすかなほろ苦さが感じられますが、これは抹茶を氷砂糖の蜜で溶いているから。白玉が硬くならないようにと別添えにする気遣いも嬉しい限りです。
所在地:京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町675 アーバンライフフォルムズ烏丸御池1F
アクセス:地下鉄「烏丸御池」駅3-1番又は3-2番出口から徒歩約3分
電話番号:075-212-1959
URL:http://www.tsukigase.jp
営業日:月曜日〜日曜日 11:00-19:00
休業日:水曜日
(祝祭日の場合、翌日休)
MAP
#
#

#
#
#
葛の元祖 八十吉 京都店 嘉永4年より奈良の吉野山で吉野葛を製造している八十吉が、2006年7月いよいよ京都に新店舗をオープンしました。吉野本葛を使用した本仕立て葛きりの「吉野天人」(800円)は、注文を受けてから作り始めるため、出来たて、切りたての食感を楽しむことができます。その滑らかで口当たりの良い葛きりを黒砂糖だけで作った黒蜜にからめてツルツルといただきます。上品な風味ともっちりした食感は病み付きになりそう。葛もちや葛湯、葛菓子などはお土産にも最適です。

所在地:丸太町通新町東大炊町186-2
アクセス:地下鉄「丸太町」駅から徒歩約4分
電話番号:075-252-3187
営業日:月曜日〜土曜日 11:00-19:00
休業日:日曜日

MAP
#
#


#
# 鼓月 祇園店 茶房「華心」
鼓月 祇園店 茶房「華心」 祇園町南座の東隣にある京和菓子の鼓月の奥茶房としてできた「茶房華心」の店内は、白と黒を基調とし、「和」を現代風にアレンジした落ち着いた雰囲気でまとめられています。大正時代に建てられた蔵を改装した個室は、天井も高くゆったりとくつろぐことができます(予約制)。お薦めの商品の「京・善哉 御抹茶仕立て」(800円)は、6月の中旬から冷製の御抹茶を立てた冷製善哉に切り変わり、厳選された大納言小豆のほどよい甘みと、冷たく冷えたお抹茶のほろ苦さが絶妙のバランスです。他では味わえない老舗ならではの一品と言えるでしょう。
所在地:京都市東山区四条通川端東入南側
アクセス:京阪電車「四条」駅からすぐ
電話番号:075-533-6132
URL:http://www.kogetsu.com/
営業日:月曜日〜日曜日 10:00-20:00
(オーダーストップ19:30)
休業日:年中無休

MAP
#
#


#
# 三丘園 京綾小路店
三丘園 京綾小路店 創業260年の宇治茶の老舗「三丘園」が手がける「ちゃみせ」は、甘さ控えめの自然素材にこだわった、抹茶プリンや抹茶シュークリーム、ほうじ茶ゼリーなどのオリジナルスイーツが人気のお店です。抹茶、宇治茶とともに人気のスイーツをセットでいただくことができます。特に夏には喉越しのよいプリンやゼリーが大人気です。お店は築100年の京町屋で、光や風そして木の香りを感じながら、きれいな坪庭や格子のステンドグラスなど眺めながら、ゆったりとした時間を楽しむことができます。
所在地:下京区綾小路通新町西入ル矢田町123
アクセス:地下鉄「四条」駅、阪急「烏丸」駅、市バス「四条烏丸バスターミナル」から徒歩約5分
電話番号:075-351-3361
営業日:月曜日〜水曜日、金曜日〜日曜日 11:00-18:00
(オーダーストップ17:30)
休業日:木曜日

MAP
#
#


#
# 大極殿本舗 六角店 甘味処「栖園」
大極殿本舗 六角店 甘味処「栖園」 和菓子の老舗・大極殿本舗が、平成14年からはじめた喫茶コーナーの「栖園」です。築140年の京町屋を改装したお店の一角で、中庭を臨みながら甘味をいただくことができます。中でも人気のメニューは、「琥珀流しとミニわらび餅のセット(890円)」。3月の半ばから12月まで出ている琥珀流しは、大きめにくずした柔らかい寒天に月替わりの蜜をかけたもの。7月のペパーミントは、後味の良い甘さの中にミントの清涼感がほのかに広がります。見た目にも涼しげで、祇園祭の暑い時期にぴったりの逸品です。週末の15時頃が一番混雑するので、その時間帯を避けると比較的ゆっくり過ごせます。お土産には、5月〜9月限定の銘菓「桂川若あゆ」がお薦めです。
所在地:京都市中京区六角通高倉東入ル南側
アクセス:地下鉄「四条」駅から徒歩約5分
電話番号:075-221-3311
営業日:月曜日〜火曜日、木曜日〜日曜日 10:00-18:00
休業日:水曜日

MAP
#
#


京都への旅 ラインナップ

※掲載した内容は全て取材時点のものです。
※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。※個人情報の保護について
ページのトップへ