季節を感じる、西陣町家で京都の暮らし体験|京都を遊ぶ|京都旅行ならJR東海ツアーズ
京都 おみやげ便り
京都MAP
京都を遊ぶ
#

季節を感じる、西陣町家で京都の暮らし体験(2008.07更新)

 
冨田屋

冨田屋
とんだや

1885年に建てられた、国登録有形文化財・京都市景観重要建造物である町家を見学しながら、しきたりを学ぶことができる「西陣 くらしの美術館 冨田屋」。ここでは、着物やお茶席などを体験しながら、昔ながらの風習や暮らしぶりを学び、生活をより豊かにする京町家の生きる智恵を体で感じることができます。ではさっそく、冨田屋で貴重な経験をすることにしましょう。

今回お世話になったのは、冨田屋13代目の田中峰子さん。「昔ながらの風習や暮らしかたを体験してもらうことで、心身共に豊かになって、どこか人に優しくなれると思います。現代の人は時間に追われて忙しいとは思いますが、そんな時はここへきて、ゆっくりとした時間を過ごしていただきたいですね。」とおっしゃっていました。

所在地:京都市上京区大宮通一条上ル
アクセス:市バス・一条戻り橋下車 徒歩3分
電話番号:075-432-6701
URL:http://www.tondaya.co.jp/
営業日:火曜日〜日曜日 10:00-17:00
休業日:月曜日・年末・年始
料金:基本プラン「文化財の町家見学」+「京都のしきたりを学ぶ」(約45分) 2100円
オプションプラン お着物体験 4200円
お茶席体験(約15分)2100円
点心(約60分)3150円〜
※くつ下又は足袋を持参して下さい。


MAP

着付け

まずは着物の着付けからスタートです。自分の好きな色の着物、帯を選んで着物姿に変身します。ここで着せてもらえるのは、超高級な正絹の着物。「いい着物を着るとそれだけで緊張感が出ますからね」とおっしゃる女将さんに、手馴れた様子で着付けていただきました。着てみると、ものすごく軽くて着心地がいい反面、絶対に汚してはいけないなぁという緊張感に包まれました。

しきたりについて伺う

着付けが終わったら、女将さんに京都のしきたりについてのお話を伺います。「どんと焼き」や「七草がゆ」、「節分」など、昔の人が行ってきた行事にはすべて、人々が仲良く暮らしていくための智恵があると分かりやすく説明してくださいました。

町家を案内していただく

お話が終わると、女将さんに町家を案内していただきます。緑鮮やかな坪庭や神様の水を汲む金の井戸を眺めながら、奥へ奥へと進んでいきます。通りに面した間口からは想像できないほど奥が広く、これがうなぎの寝床なんだと実感しました。

赤松の廊下


継ぎ目もふしもない10メートルの赤松の廊下は、なかなかお目にかかれることはありません。
この廊下は、先代の主人が自ら山に入って選び抜いたものだそう。歴史を感じさせます。

趣のあるつくばい

坪庭には趣のあるつくばいも置いてあります。石は黒ずみ、うっすらと苔むしており年季の入った佇まいです。

庭を眺める

この町家は、どの部屋からも坪庭を眺めることができるように作られています。昔の人は庭を身近に感じながら生活していたことが分かります。庭をゆっくり眺めているとリラックスできて、心にゆとりが出てきました。

茶道体験

心が落ち着いたところで、茶室「楽寿」にて、茶道体験をしました。茶席での座り方から、お菓子やお茶のいただき方まで、一つ一つ丁寧に教わります。慣れない動きばかりで戸惑いましたが、教えて下さる女将さんの動きをよく見ながら所作を学んでいきました。

100年も前の螺鈿細工の机

茶会の後に出されるお弁当「点心」をいただきました。今まで正しいと思っていた箸やお碗の持ち方が間違っていた事を知り、食べるまでにかなり苦戦しました。しかもこの螺鈿細工の机は100年も前のもの。机の上に直接物を置いたり、食べ物をこぼすのはご法度、とのこと。終始緊張しながらいただきました。

あじろや簾、よしずの障子がしつらえてある能舞台

あじろや簾、よしずの障子がしつらえてあるこの部屋は能舞台で、床を勢いよく踏めば「ポンッ」と音がするようになっています。目の前には能舞台に欠かせない立派な松の木も植えてあります。本でしか見たことのないような庭と夏のしつらえの中食べるお弁当は格別です。

明治時代の器に入ったお弁当

明治時代の器に入ったお弁当は、質素だけれども素材の味を引き出す丁寧な味。「スーパーへ行けば、すぐにいろんな料理を買うことができますが、やっぱり愛情のこもった料理が一番美味しいということを感じていただきたいですね」と女将さんはおっしゃっていました。

体験を終えて・・・

体験を終えてすべてが初めての経験で戸惑いましたが、昔の人の生きる智恵や暮らし方を体感してみると、エステや高級レストランとはまた違った、心身の充実感が得られました。是非、「忙しい」が口癖の方に体験してもらいたいです。




  過去のおすすめコンテンツ
動画見られます   世界に一つ My扇子を作ろう

京都への旅 ラインナップ

※掲載した内容は全て取材時点のものです。
※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。※個人情報の保護について
ページのトップへ