ガラス工芸でオリジナルグッズを作ろう!|京都を遊ぶ|京都旅行ならJR東海ツアーズ
京都 おみやげ便り
京都MAP
京都を遊ぶ
#
遊

ガラス工芸でオリジナルグッズを作ろう!(2009.07更新)

 
清水坂ガラス館

きよみずざかがらすかん
清水坂ガラス館
清水焼の窯元が立ち並ぶ五条坂にある、ガラス細工のお店。店内にはペンダントやブローチなど、イタリアのヴェネチアンガラスを使ったカラフルなガラス製品が並びます。商品はすべて2階にある工房でつくられるオリジナル。その多くに、ヴェネチアンガラスの中でも人気の高いミリフィオリというガラスビーズが使われます。工房では予約制でガラス細工の体験もでき、小さなアクセサリー類からリビングにおけるほど大きな時計まで、さまざまなアイテム作りにチャレンジできます。

所在地:京都市東山区五条坂白糸町569-9
アクセス:市バス206系統「五条坂」より徒歩約3分
電話番号:075-532-0661
営業日:月曜日〜日曜日 9:00 -19:00
休業日:年中無休
料金:時計(中)4000〜4300円、指輪、ヘアピン1300円〜、フォトフレーム2700〜3000円など全17メニュー
所要時間:30〜60分(メニューによって異なる)
MAP

体験するアイテムを選ぶ
体験するアイテムを選ぶ

まずは店内の商品を見て、つくりたいもののイメージを膨らませます。つくりたいものが決まったら2階の工房へ移り、体験スタート。今回は時計づくりにチャレンジします。

体験のレクチャーを受ける
体験のレクチャーを受ける

工房に移動したら、はじめにガラスの種類や性質、相性のいい色、ミリフィオリ(花などの模様が入ったガラスビーズ)の上手な使い方など、作り方のポイントを店員さんからレクチャーしてもらいます。
体験のレクチャーを受ける

工房の壁にはデザインや色合わせの参考になりそうなサンプルがたくさんあります。 いろいろと手に取りながら、デザインのイメージを固めましょう。

ベースになるガラスの色を決める
ベースになるガラスの色を決める

24種類のガラスの中から、ベースになる色を決めます。このあとのせて行くガラスがカラフルなので、初心者には色を合わせやすい白ベースがおすすめです。

デザインを決め、ガラスをベースに配置していく
デザインを決め、ガラスをベースに配置していく

使えるガラスの種類はとても豊富。大きな板状のものから粉状のもの、ミリフィオリの柄に至っては数百種類以上とあらゆるデザインに対応できるガラスが用意されています。ベースとなる色に合わせ、あらかじめ使う色の系統を決めておくとこのあとがスムーズなのだとか。
デザインを決め、ガラスをベースに配置していく

デザインのイメージに沿って、ガラスを配置していきます。デザインによって難度は変わり、簡単なものなら5歳ほどのお子さんからチャレンジが可能なのだそう。今回は京都らしい風景を表現することにしました。

接着剤で置いたガラスを固定する
接着剤で置いたガラスを固定する

ガラスを配置し終えたら、ガラス用の接着剤で固定していきます。液状の接着剤をビーズのすぐ脇に1〜2滴程度落とすようにするのがポイント。粉状のガラスを置いた部分には、全体に行き渡るように、均等に数滴ずつ落としていきましょう。

完成
完成

接着剤でガラスをすべて固定し終えたら体験は終了です。 焼き上げはお店の人に任せ、1週間後の完成を楽しみに待ちましょう。 郵送なら体験から1週間ほどで自宅に届きます。お店で直接受け取るなら5日後には完成品を受け取れます。
 

付属具を選ぶ
付属具を選ぶ

最後に、時計張りやネックレスチェーンなど選んだアイテムに必要な付属具を数種類の中から選びます。今回は黒のアンティーク調の時計針を選びました。

焼き上がり
焼き上がり

約1週間後に、焼きあがった完成品が届きます。思った以上のできばえに大満足です。
 

体験を終えて・・・

体験を終えて

小さなガラスパーツをピンセットでそ〜っと配置するのは、くしゃみ厳禁の細かやな作業でしたが、慣れてくると次第に心が落ち着き、作業に没頭していました!いろいろなガラスを使って自由に旅の思い出を表現できて大満足です。



  過去のおすすめコンテンツ
動画見られます 世界に一つ My扇子を作ろう

京都への旅 ラインナップ

※掲載した内容は全て取材時点のものです。
※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。
個人情報の保護について
ページのトップへ