色とりどりの万華鏡作り
 
取材スタッフのおすすめポイント
取材スタッフ 体験も楽しいけれど、展示室にある万華鏡はまるでアートのような完成度。あれこれのぞいているうちにすぐに時間がすぎますよ!
取材スタッフのおすすめポイント
京都万華鏡ミュージアム姉小路館 京都万華鏡ミュージアム姉小路館  
きょうとまんげきょうミュージアムあねこうじかん
京都万華鏡ミュージアム姉小路館
小さな穴の先に色とりどりの世界が広がる万華鏡。その魅力を広めようと、NPO団体が7年前に開館したのがこのミュージアムです。館内には万華鏡の展示室とカフェを兼ねた体験スペースがあり、プロの作品から来館者の手作り作品までさまざまな万華鏡に触れられます。キットを購入して行う手作り体験は、手軽なドライタイプと万華鏡作家が考案した本格的なオイルタイプの2種類から選択が可能。詳しい説明書付きなので館内だけでなく自宅でも手作りを楽しめます。

所在地:京都市中京区姉小路通東洞院東入曇華院前町706-3
アクセス:地下鉄東西線「烏丸御池」駅より徒歩約3分
電話番号:075-254-7902
URL:http://k-kaleido.org/
営業日:火〜日曜日 10:00-18:00(最終入館17:30)
休業日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日閉館)、年末年始
料金:入館料300円、万華鏡作りドライタイプ350円、オイルタイプ1700円〜
所要時間:約30分

MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発

手作りキットを購入
手作りキットを購入
まずは売店で万華鏡の手作りキットを購入します。キットはドライタイプとオイルタイプの2種類があります。今回はよりクリアに映るオイルタイプを選びました。キットの中には万華鏡のケースとなる円筒や、オブジェクト(中に入れるビーズなど)を映しだす鏡など9点の素材が入っています。
三面ミラーを作る
三面ミラーを作る
3枚ある鏡を、青い保護シートが貼ってある面を上にして机に並べ、ゆっくりと保護シートをはがしていきます。
三面ミラーを作る
鏡1枚を手に取り、保護シートをはがした面に黒いテープ2本を平行になるように貼り付けます。このとき、テープの片端が鏡から1.5cmほど出て、鏡の上下がそれぞれ1cmくらいあくように貼るのがコツ。
三面ミラーを作る
テープの接着面が上にくるように机に置き、残り2枚の鏡をさらに貼り付けます。まず、1.5cmほど鏡の外側に出したテープの上に鏡を1枚、先に貼った鏡に対し垂直になるように置きます。そのまま、テープのある側にパタンと倒すようにして貼り付けます。
三面ミラーを作る
残った1枚の鏡を、先ほどとは反対側に貼り付けます。このときも、最初に貼った鏡に対し垂直に置いてから、倒すようにして貼ります。こうすることで、貼りつけた鏡と鏡の間に適度な隙間ができ、三角形に組んだ時に鏡同士が重ならず、きれいな形になるのだとか。
三面ミラーを作る
テープを貼っていない側の鏡についた透明の保護シートをそっとはがします。この面が万華鏡の模様を映す面になるので、汚さないように慎重に。保護シートをはがしたらテープのついてない方を内側にして三角柱になるように折りたたみ、テープの余った部分を巻きつけ固定します。
ミラーを円筒に固定する
ミラーを円筒に固定する
切れ込みが入ったスポンジテープを取り出し、切れ込みに沿って6つにちぎります。
ミラーを円筒に固定する
スポンジテープを三面ミラーの外側に貼りつけ、円筒の中でミラーがぐらつかないようにします。全6箇所にきちんとスポンジテープが固定されているかを確認したら、円筒のレンズが付いていない側からミラーをゆっくり回しながら入れていきます。
オブジェクトケースをつける
オブジェクトケースをつける
オブジェクトを入れるケースを円筒に取り付けます。まず、透明のテープで固定してから、円筒の色と同じ色のカラーテープを貼っていきます。このとき、テープを少し引っ張り、円筒をまわしながら貼るときれいに貼れるのだとか。
オブジェクトを入れる
オブジェクトを入れる
いよいよ、万華鏡の模様を決めるオブジェクトを入れる作業です。キットの中に入っているものだけでなく、ミュージアムが用意するオブジェクトの中から、好きなものを選んで入れていきます。選ぶビーズの色や形により、模様が変わるのであれこれ試してみましょう。
オブジェクトを入れる
オブジェクトを入れすぎると、万華鏡を回したときに動きが悪くなるので、ケースの3/4を目安に入れます。この段階ではまだオブジェクトの入れ替えができるので、一旦レンズケースを閉め、目穴からオブジェクトの動き方や見え方を確かめます。
打衣、表着を着る
入れるオブジェクトが決まったら、レンズケースを開けオイル(グリセリン液)を注ぎます。オイルはオブジェクトがひたひたにつかるくらいを目安に、入れすぎないようにします。注ぎ終わったら、ケースのふたをしっかりと閉めます。
オブジェクトケースのふたを固定する
オブジェクトケースのふたを固定する
透明のテープでふたをしっかりと固定したら完成です。
オブジェクトケースのふたを固定する
目穴からのぞきこむと、色とりどりの世界が広がっています。同じ模様が出ることは二度とないと言われる万華鏡のファンタジックな世界を楽しみましょう。

体験を終えて・・・

体験を終えて
これまで万華鏡をのぞいたことはありましたが、作るのは初めて。あの複雑できれいな模様がどうやってできているのかずっと不思議でしたが、その謎がようやく解けました。鏡の合わせ方や入れるオブジェクトの違いで、まったく別の世界が広がるのがおもしろかったです。

過去のおすすめコンテンツ

動画見られます

世界に一つ My扇子を作ろう

京都の観光情報をチェック!

※掲載した内容は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。

個人情報の保護について

 

京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

出発日

日数

エリア

ホテル、旅館から京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

ホテル、旅館