やさしい音色にうっとり、篠笛体験
 
取材スタッフのおすすめポイント
取材スタッフ 一見なじみがないと思われがちですが、じつはあちこちでその音色を聴いている篠笛。やさしく響くその音色を自分で奏でられたら素敵ですね。体験用に使った篠笛は持ち帰れるので、自宅に帰ってからも練習できるのがうれしい体験です。
取材スタッフのおすすめポイント
民の謡 京都三条店 民の謡 京都三条店  
たみのうた きょうとさんじょうてん
民の謡 京都三条店
京都でもめずらしい、篠笛の専門店。大阪・岸和田と京都・三条に店舗をかまえ、そのうち京都三条店では観光で京都を訪れた人も気軽に参加できる体験教室を行っています。体験は全部で4種類あり、笛の吹き方を学べるだけでなく、笛の吹き口を自分で彫る笛作りが体験できるコースも。古来、祭囃子や長唄などで親しまれてきた篠笛。初心者でも意外と簡単に音を出せるとのことなので、ぜひ一度チャレンジを。

所在地:京都市左京区新丸太町75-9
アクセス:地下鉄東西線「三条京阪」駅、または京阪「三条」駅より徒歩約2分
電話番号:075-708-2614
URL:http://www.taminouta.com/
営業日:月曜日、水曜日、金曜日〜日曜日 11:00-18:00
休業日:火曜日、木曜日(臨時休業あり)
料金:30分コース「聴く・吹く」3150円、60分コース「つくる」5250円(篠笛体験は要予約)
所要時間:約30分、約60分

MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発

笛を受けとる
笛を受けとる
今回体験するのは4種類ある体験コースのうち、1番手軽な30分のコース。先生の演奏を聴いたあと、実際に笛を吹いていきます。この体験は練習用篠笛付き。プラスティック製ですが、竹の笛に劣らない音色で、体験が終わったあとには持ち帰ることができます。
篠笛についての説明を受ける
篠笛についての説明を受ける
先生に挨拶をしたら、さっそく篠笛の説明が始まります。まずは篠笛の構造や、種類の違い、どんな時に演奏されてきたかなど、基本的な知識を教えてもらいます。
演奏を聴く
演奏を聴く
篠笛の説明をひと通り聞いたら、先生による篠笛の演奏を聴きます。単純な構造の篠笛ですが、ピンと糸が張ったようなするどい音から柔らかく広がる音まで、音階だけでは捉えきれない幅広い音が出ることにびっくり。郷愁を誘う懐かしい響きにしばし耳をかたむけます。
音を出してみる
音を出してみる
先生の演奏が終わったら、今度は自分で笛を吹いていきます。まずは笛の持ち方からレクチャーを受けます。篠笛はきちんと穴をふさがないと、しっかりとした音がでないので、そのコツを教えてもらいます。
音を出してみる
次に口のあて方。吹き口の真ん中に、唇の真ん中が当たるように笛を持っていきます。口の当て方ひとつとっても、いい音を出す大切なコツのひとつ。どこにどんな風に唇を当てればいいかなどは、吹いてみて音の出方で微調整をします。
音を出してみる
笛の持ち方も音に影響するので、構え方もしっかり先生にチェックしてもらいます。持ち方や構えを少し変えるだけで、音の出方が変わります。篠笛の音を出すだけでも、小さなコツがたくさんあることがわかります。
音を出してみる
ようやく安定して音が出せるようになったら、音階や連続音の出し方を教えてもらいます。
わらべうたを吹いてみる
わらべうたを吹いてみる
ひと通り吹き方を教えてもらったら、わらべうたにチャレンジ。今回は、京都の通り名に節を付けた「京の通り名」を演奏します。最初は先生にリードしてもらいながら演奏していきますが、何度も吹いているうちに、だんだん指が自然に動くようになって、1人で演奏できるようになっていきます。
わらべうたを吹いてみる
時間内で吹けるところまで練習し、体験は終了。篠笛と「京の通り名」の譜面は持ち帰れるので、家でも楽しめます。

体験を終えて・・・

体験を終えて
学生時代、吹奏楽をしていたので大丈夫かなと思いましたが、音の出し方がぜんぜん違って驚きました。コツを学んだあとは意外に簡単に音がでるようになってうれしかったし、うまく吹けたときには、音がすーっと抜けていくのがわかって楽しかったです。家でも練習して、演奏できる曲を増やしたいですね!

過去のおすすめコンテンツ

動画見られます

世界に一つ My扇子を作ろう

京都の観光情報をチェック!

※掲載した内容は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。

個人情報の保護について

 

京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

出発日

日数

エリア

ホテル、旅館から京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

ホテル、旅館