漆黒に映える輝く紋 染工場で家紋グッズ作り体験
 
取材スタッフのおすすめポイント
取材スタッフ 皆さんはご自分の家紋をご存知ですか?日本には何と25000を超える種類の家紋があるそうです。今回の体験では、そうした家の紋に限らず、戦国武将ゆかりの紋や誕生日の花個紋など、自分好みの紋のグッズ作りを気軽にチャレンジできますよ。
取材スタッフのおすすめポイント
京都家紋工房・柊屋新七 京都家紋工房・柊屋新七  
きょうとかもんこうぼう・ひいらぎやしんしち
京都家紋工房・柊屋新七
明治3(1872)年創業の京黒染め専門の職人工房。この場所は戦国期から江戸初期の武将で茶人、歌人としても知られた織田信雄(信長の次男)の邸宅跡にあたり、当時から名水として知られた信雄邸の井戸の日除けとして柳が植えられていたことから、現在の町名・柳水町になったと伝わります。 工房では、漆黒の風呂敷やブックカバーなどのアイテムに家紋を入れる体験が可能。人気の戦国武将ゆかりの紋をはじめ5000種以上の家紋のほか、予約時に希望を伝えれば他の家紋も準備可能とあって国内外から体験に来られるそうです。

所在地:京都市中京区三条西洞院下ル柳水町75(馬場染工業株式会社内)
アクセス:地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅より徒歩約8分
電話番号:075-221-4759
URL:http://www.black-silk.com/
営業日:月曜日〜金曜日 9:00-17:00(体験受付は9:30-11:00、14:00-16:00)
休業日:不定休(土曜午前の体験は応相談)
料金:平日体験代1時間500円+素材代500円〜(要予約)※今回の体験素材は巾着中サイズ1500円
所要時間:約60分
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発

素材選び
素材選び
まずはずらりと並ぶ素材からお好みの体験アイテムを選びます。すべて工房で黒染めされており、きりりとした印象です。
紋の柄選び
紋の柄選び
続いて紋の柄を選びます。家紋以外にも「365日の花個紋」といった自分の誕生日にゆかりのある紋などもあります。写真は月別カラーで染められた花個紋の一例。
色選び
色選び
紋に続いて染め糊の色を選びます。24色もの色見本からお好みのものを選びます。人気は金と銀を絶妙に組み合わせた「京銀」。どの色も光沢感のある印象で黒に映えます。
染め付け
染め付け
女性講師の丁寧な指導のもと素材に紋を染め付けていきます。型にそって色を均一にのせるため、刷毛を持つ手に緊張が走りますが、あっという間に美しい色の紋が現れます。
染め工房見学
染め工房見学
紋を乾かした後は染工場のガイド付き見学も。伝統的な京黒紋付染めを行うかたわら、シミや色落ちした洋服の染め直しも手がけています。
名水の試飲も
名水の試飲も
敷地内に湧き出す名水「柳の水」の試飲も可能です。茶人・千利休が「この水に勝るものなし」と称賛したというエピソードも。

体験を終えて・・・

体験を終えて
自分の誕生日の花個紋の巾着を、つややかな「京の雅」という色で作りました。京黒紋付染めという伝統的な文化を身近に体験でき感動しました。また家族や友人の誕生日の贈り物にも利用してみたいです。

過去のおすすめコンテンツ

動画見られます

世界に一つ My扇子を作ろう

京都の観光情報をチェック!

※掲載した内容は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。

個人情報の保護について

 

京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

出発日

日数

エリア

ホテル、旅館から京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

ホテル、旅館