一心に筆を運べば時を忘れる!禅寺で写仏体験
 
取材スタッフのおすすめポイント
取材スタッフ 仏画を描き写す「写仏」を体験。仏さまの図像を墨一色だけで写す写仏を行や美までに高めたのは、日本だけだそうです。ひたすら線を継いでいく工程に、しばし時を忘れて集中してみませんか。
取材スタッフのおすすめポイント
毘沙門堂 勝林寺 毘沙門堂 勝林寺  
びしゃもんどう しょうりんじ
毘沙門堂 勝林寺
東福寺の塔頭寺院のひとつ。天文19(1550)年に勝林庵として創建。東福寺の鬼門(北方)に位置し、仏法と北方を守護することから「東福寺の毘沙門天」と呼ばれています。本堂は勢力のある壇家であった近衛家の大玄関を移築したもの。数々の仏像や絵画を有し、本尊の秘仏・毘沙門天立像をはじめ、毘沙門天曼荼羅や虎の大襖などが伝わります。手入れの行き届いた庭園も美しく、四季を通じて美しい花や木々に彩られます。

所在地:京都市東山区本町15-795
アクセス:JR奈良線東福寺駅から徒歩8分
電話番号:075-561-4311
URL:http://shourin-ji.org/
体験日:10:30〜、14:00〜(日により異なる為公式HPの予定を参照・予約制)
休日:年中無休
料金:初心者向け写仏体験1500円(お抹茶とお菓子付き)、中級者向け写仏体験2500円(お抹茶とお菓子付き)
所要時間:30分〜2時間
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発

塗香(ずこう)を手に塗る
塗香(ずこう)を手に塗る
写仏前に塗香(ずこう)という粉末状のお香を手に塗り、心身を清めます。ふんわり香るシナモンやバニラのような甘い香りにすっと心が落ち着きます。
写仏する仏様を選ぶ
写仏する仏様を選ぶ
8種類の仏様(大日如来・阿弥陀如来・千手観音・勢至菩薩・虚空蔵菩薩・文殊菩薩・普賢菩薩・不動明王)から写仏する仏様を選びます。用紙には守仏となる干支が記されていたため、今回は筆者の守仏・普賢菩薩(辰年)を選びました。
写仏後に名前と願い事を書く
写仏後に名前と願い事を書く
写仏のコツを和尚さんにお伺いしたところ「回しながら描く」こと。用紙をまっすぐにしたまま描くと、線がなめらかに出にくい箇所が出てくるのですが、なるほど回転させながら線をつないでいくと、上手に線が描けます。最後に点眼といって目を描き、自分の名前と願い事を書きます。
毘沙門天さまに奉納する
毘沙門天さまに奉納する
写仏した用紙を持って、毘沙門天さまの前へ。写仏用紙を毘沙門天さまの方に向けて置き、合掌して奉納します。
写仏紙をお守り袋に入れる
写仏紙をお守り袋に入れる
写仏した用紙をかわいらしいお守り袋(各300円)に入れて、お守りとして持ち帰ることもできます。お守り袋は白とピンク、ブルーの3色。サイズは大小の2種類があります。
抹茶とお菓子をいただく
抹茶とお菓子をいただく
体験後は抹茶とお菓子をいただきます。体験をした日は春のはじまりの一日。ぽかぽか陽気に朗らかな庭を眺めながら、静かに流れるひとときを過ごしました。

体験を終えて・・・

体験を終えて
無我夢中で何かひとつのことに集中するのって楽しい!写仏をしているうちに、普賢菩薩様はどんな仏様なのかを知りたくなり、和尚さんに教えてもらいました。寺やお庭も美しく、忙しい日々を忘れたひとときでした。

過去のおすすめコンテンツ

動画見られます

世界に一つ My扇子を作ろう

京都の観光情報をチェック!

※掲載した内容は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。

個人情報の保護について

 

京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

出発日

日数

エリア

ホテル、旅館から京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

ホテル、旅館