京呉服の街でゆるりと伝統的な木目込体験
 
取材スタッフのおすすめポイント
取材スタッフ 木目込み(きめこみ)とは、木で作った胴体に筋彫りをして、はぎれを木目込み(押し込み)、衣装を着ているように仕立てた人形がルーツとされる伝統の技。そんな愛らしい工芸にチャレンジできるスポットをご紹介します。
取材スタッフのおすすめポイント
くろちく 天正館 くろちく 天正館  
くろちく てんしょうかん
くろちく 天正館
祇園祭で賑わう京呉服の街に軒を連ねる「くろちく 天正館」。昔ながらの町家を再現した趣のある空間です。1階は和雑貨ブランド「くろちく」の本店で、木目込人形や網代などの高級商品から、和柄のてぬぐい、ハンカチの小物雑貨まで幅広く扱っています。店舗奥の落ち着いたスペースでは、珍しい木目込みを体験可能。また町家ブームの先駆けといわれる「百足屋」のおばんざい料理をいただく昼食付きプランもあります。

所在地:京都市中京区新町通錦小路上ル百足屋町380
アクセス:地下鉄烏丸線「四条」駅、阪急「烏丸」駅より徒歩約5分
電話番号:075-256-9696 ※予約受付は月曜日〜金曜日(祝日を除く)の10:00〜17:00
URL:http://www.kurochiku.co.jp/
体験開始時間:月曜日〜金曜日(祝日を除く)の10:00〜・13:00〜/昼食付き体験12:00〜 ※なるべく2週間前までの予約制、8名以上で実施。土日の体験については要問い合わせ
休日:年末年始 ※食事付き体験は水曜定休
料金:木目込み体験3500円(税込)、昼食付き木目込み体験6500円(税込)※百足屋本店(隣の店舗)の百足屋御膳(3240円)とのセット
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発

木目込み人形を見学する
木目込み人形を見学する
体験スペースには貴重な木目込人形も展示されています。その昔、上賀茂神社の神官が作ったものがはじまりとされる木目込み人形は、ぬくもりを感じる印象です。
制作アイテムなどを選ぶ
制作アイテムなどを選ぶ
体験では、縁起の良いつるし飾りの小さなモチーフ(鞠・花・フクロウから1つ)のストラップを作ります。華やかな古布の組み合わせを考え、作業時に下に敷く和柄ハンカチもお好みで選びます。
※ハンカチは体験後に持ち帰り可能
型紙に沿って古布を裁断する
型紙に沿って古布を裁断する
型紙と生地をマチ針でとめ、型紙にあわせて生地を裁断していきます。単色の生地だけでなく、木の面によって異なる生地を組み合わせるのも良いですね。
生地をあてがい外側を裁断する
生地をあてがい外側を裁断する
筋彫りされたボディの溝にヘラでボンドを差し入れ、一面ずつ生地をあてがいます。ヘラで溝に生地をしっかりと印付けし、印から数ミリ外側の生地をハサミで裁断していきます。
木の溝にそって生地を入れ込む
木の溝にそって生地を入れ込む
布端をヘラで溝にしっかりと入れ込んでいきます。生地がよれないように、ゆっくりと慎重に進めることがポイントだそう。一面ずつこの作業を繰り返していくと人形部分が完成します。
お好みのストラップを付ける
お好みのストラップを付ける
人形部分が完成したら、お好みのストラップを選んで、キリで穴を開けて付けます。常時約10種のストラップが揃うので、ボディとの色合わせも楽しいですね。

体験を終えて・・・

体験を終えて
時間がたつのも忘れて集中してしまいました。好きな柄を組み合わせて作ったストラップは世界に一つなので贈り物にも良いですね。また店頭では古布を使ったポーチや、体験でも使った和柄ハンカチなどが揃い、お土産選びも楽しめます。

過去のおすすめコンテンツ

動画見られます

世界に一つ My扇子を作ろう

京都の観光情報をチェック!

※掲載した内容は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。

個人情報の保護について

 

京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

出発日

日数

エリア

ホテル、旅館から京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

ホテル、旅館