京都・桜爛漫|京都を見る|京都旅行ならJR東海ツアーズ
京都 おみやげ便り
京都MAP
京都を見る
#

京都・桜爛漫(2009.03更新)


京都・桜爛漫

醍醐寺
 
世界遺産にも指定されている、醍醐山全体を寺域とする大きなお寺。慶長3年(1598)、豊臣秀吉が1300名の家臣を従え大宴会をした「醍醐の花見」で有名です。秀吉はこの5ヶ月後に亡くなり、彼にとって最後の花見となりました。戦国覇者が幼い息子・秀頼のために用意したというエピソードにふさわしい盛大な宴で、これにより庶民の間に花見の文化が広まったのだとか。4月12日の豊太閣花見行列では、桃山時代の衣装をまとった200人の行列が境内の三宝院〜仁王門〜金堂と行列し、金堂に設置された特別舞台では雅楽、今様、狂言などの伝統文化を楽しむ様子が再現されます。千本の桜が迎える盛大なお花見をどうぞ。

所在地:京都市伏見区醍醐東大路町22
アクセス:地下鉄東西線「醍醐」駅から徒歩約10分
電話番号:075-571-0002
URL:http://www.daigoji.or.jp/
営業日:月曜日〜日曜日
三宝院庭園・殿舎・伽藍(金堂・五重塔など)9:00-17:00(12月第1日曜翌日〜2月末日9:00-16:00)
醍醐寺霊宝館(春季:3月24日〜5月6日 秋期:10月第1土曜日〜12月第1日曜日)9:00-17:00

休業日:年中無休
料金:三宝院庭園・殿舎、伽藍(金堂・五重塔など)、醍醐寺霊宝館 各600円
2枚つづり共通券1000円、3枚つづり共通券1500円
MAP
しだれ桜
枝ぶりに圧倒される霊宝館のしだれ桜 (提供:醍醐寺)
_______________________________________________
平野神社
 
794年の平安遷都の際に、平城京後宮から移されたとされる古社。古くから桜の名所として知られ、早咲きから遅咲きまで400本、45種もの桜が咲き誇ります。その美しさは、八坂神社のしだれ桜とならび「東は祇園、西は平野」と謳われるほど。毎年、京都最初の開花は平野神社で始まり、約1ヶ月間楽しむことができます。4月10日の「桜花祭」では、奈良〜江戸時代それぞれの衣装をまとった人々が、桜色一色の境内を行列します。また、3月下旬から4月中旬まで夜桜のライトアップが行われます。江戸時代の庶民から親しまれた桜のもとでの宴の文化は、現代も見事に健在です。

所在地:京都市北区平野宮本町1
アクセス:市バス205系統「衣笠校前」から徒歩約1分
電話番号:075-461-4450
URL:http://www.geocities.jp/daa01397/
営業日:月曜日〜日曜日 5:00-17:00
休業日:年中無休
料金:無料
MAP
平野妹背桜や御衣黄桜などの珍種が咲きます。
境内には平野妹背桜や御衣黄桜などの珍種が咲きます (提供元:平野神社)
_______________________________________________
仁和寺
 
仁和寺は、平安中期から宇多天皇から30代にわたり天皇の子孫が入寺した格式高い門跡寺院。「御室桜」と呼ばれる桜で有名です。御室桜は岩盤が固いために深く根を張れず、樹高は3メートルほどしかありません。足元の高さから花をつける姿は愛くるしく、花(鼻)が低いことから「お多福様」とも呼ばれ「わたしゃお多福、御室の桜、はなが低くても人が好く」とも謳われたとか。京都で一番遅く見頃を迎えるのが、この御室桜です。去り行く春の見送りにぴったりの、優しい花ではないでしょうか。

所在地:京都市右京区御室大内33
アクセス:市バス26系統「御室仁和寺」より徒歩すぐ
電話番号:075-461-1155
URL: http://www.ninnaji.or.jp/
営業日:月曜日〜日曜日 9:00-16:30
休業日:年中無休
料金:御殿 500円
桜まつり 500円
霊宝館 500円 MAP
1644年に創建された五重塔。
1644年に創建された五重塔。各層の屋根の大きさがあまり変わらないのが特徴 (提供元:仁和寺)
_______________________________________________
お疲れ様でした!京都には他にも見所もりだくさん!おすすめコンテンツはこちら
平安の都ミステリーツアーはこちら! 愛される老舗洋食屋をチェック! 	
石臼で抹茶作り体験レポート配信中!


京都への旅 ラインナップ

※掲載した内容は全て取材時点のものです。
※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。※個人情報の保護について
ページのトップへ