涼を求め幽玄の世界へ 五山送り火|京都を見る|京都旅行ならJR東海ツアーズ
京都 おみやげ便り
京都MAP
京都を見る
#

涼を求め幽玄の世界へ 五山送り火(2009.07更新)


涼を求め幽玄の世界へ 五山送り火

清水寺「千日詣り 夜の特別拝観」
毎日多くの参拝客でにぎわう清水寺。毎年 8月9日〜16日に行われる千日詣りは、1日のお参りで千日お参りしたのと同じだけの功徳が積めるとされ、普段よりさらに多くの人が訪れます。そのうち、14日〜16日には夜の特別拝観も行われ、送り火が行われる16日には境内の高台から「左大文字」「舟形」「鳥居」を見ることができます。三重塔と大文字の共演を楽しめる、知る人ぞ知る意外な観賞スポットです。

所在地:京都市東山区清水1
アクセス:市バス206、100系統「五条坂」より徒歩約10分
電話番号:075-551-1234
URL:http://www.kiyomizudera.or.jp/
開催日:千日詣り 本堂内々陣特別拝観/8月9日〜16日 9:00-16:00(受付終了)、夜の特別拝観/8月14日〜16日 19:00-21:30(受付終了)
拝観料:通常 300円、夜の特別拝観時 400円
MAP
清水寺「千日詣り 夜の特別拝観」
送り火から距離があるので、はっきり見たければ双眼鏡持参がおすすめです
(写真提供元:小川美智信)
_______________________________________________
広沢池「灯籠流し」
古来、大宮人(おほみやと)が観月に通ったとされる広沢池。送り火当日には19時より精霊流しが行われ、20時20分ごろに曼荼羅山に灯される鳥居形とともに、灯篭が池を漂う様子を楽しむことができます。池面に溶け込むような灯篭の灯りと、闇夜に浮かぶ炎の鳥居が重なる景色は幽玄かつ荘厳。これらが同時に見られる絶景スポットは池の東側となります。

所在地:京都市右京区嵯峨広沢町
アクセス:市バス26系統「山越」より徒歩約7分
電話番号:075-861-0413(遍照寺)
開催日:8月16日 19:00ごろから灯篭点灯
参加料:無料 ※灯篭は一基1000円(池西側の児神社にて受付)
MAP
広沢池「灯籠流し」
池周辺は明かりが少ないので、足元に気をつけて
_______________________________________________
六波羅蜜寺「萬燈会厳修」
空也上人ゆかりの地として知られる六波羅蜜寺。毎年8月8日〜10日、16日に行われる萬燈会は、精霊を迎え、送るための行事です。8日から3日間は精霊を迎えるための迎え火として、16日には送り火として御本尊の前に「大」の字をかたどった灯明が灯されます。「大」の字と精霊を送るという目的が五山送り火と共通するため、こちらの萬燈会が送り火の原型ではないかという説もあります。

所在地:京都市東山区五条通大和大路上ル東
アクセス:京阪「清水五条」駅より徒歩約7分
電話番号:075-561-6980
URL:http://www.rokuhara.or.jp/
開催日:精霊迎え/8月8日〜10日 点灯法要20:00〜、精霊送り/16日 灯明点灯18:00〜
参加料:無料
MAP
六波羅蜜寺「萬燈会厳修」
大文字の送り火の起源は今も解明されておらず、由来には諸説あります
_______________________________________________
炎の熱さ感じる迫力の「妙」「法」
五山のうち松ヶ崎西山に点灯される「妙」、同東山に点灯される「法」が宝が池公園の周辺で間近に見られます。特に、宝が池公園運動施設球技場の近くからは妙の火床の様子まで肉眼で見ることができ、遠くから眺めるのとはまた違う、迫力満点の送り火を楽しむことができます。

所在地:京都市左京区松ケ崎西池ノ内町
アクセス:地下鉄烏丸線「松ヶ崎」駅より徒歩約10分
MAP送り火当日は有料施設内の立ち入りはできません
炎の熱さ感じる迫力の「妙」「法」
松ヶ崎駅から徒歩約10分で「妙」のすぐ下までたどりつけます
_______________________________________________
お疲れ様でした!京都には他にも見所もりだくさん!おすすめコンテンツはこちら
自然を満喫!トロッコ列車で行く嵐山 ひんやり冷たいかき氷の名店をチェック 17品目から選べるガラス工芸体験にチャレンジ


京都への旅 ラインナップ

※掲載した内容は全て取材時点のものです。
※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。※個人情報の保護について
ページのトップへ