初夏の京都にホタルを見に行こう
 
取材スタッフのおすすめポイント
取材スタッフ 初夏の夕闇の中にふわふわと飛び交う蛍火。夏の到来を告げるやさしくはかない灯りを京都で楽しんでみてはいかがでしょうか。
取材スタッフのおすすめポイント
蛍火が照らす、風雅な門跡寺院
旧嵯峨御所大覚寺門跡 源氏蛍千匹放生会
明治時代まで代々皇統の方々が住職を勤められた歴史を持つ大覚寺。かつて嵯峨天皇が后と住まい、いまなお平安時代の風雅な佇まいを残すこの場所で、今年開催されるのが「源氏蛍千匹放生会」です。放生会とは、捕獲した生き物を野に放し殺生を戒める宗教儀式。当日は源氏物語にも登場する源氏蛍1000匹が放生され、蛍火を観賞できるほか、バイオリンやビオラなどで奏でられる音楽の奉納も。旧嵯峨御所という贅沢な空間で、初夏の宵を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【源氏蛍千匹放生会】
期間:2011年6月18日
時間:19:00-21:00
料金:800円(寺内拝観料を含む)

所在地:京都市右京区嵯峨大沢町4
アクセス:京都駅より市バス28系統または京都バス71・74・81系統「大覚寺」から徒歩すぐ
電話番号:075-871-0071
URL:http://www.daikakuji.or.jp/
拝観日:月曜日〜日曜日 9:00-17:00(16:30分受付終了)
休日:年中無休
料金:500円
MAP  周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
旧嵯峨御所大覚寺門跡 源氏蛍千匹放生会
嵐山の北、静かな嵯峨野の地にある寺院のため、静かにホタル観賞を楽しめます

旧嵯峨御所大覚寺門跡 源氏蛍千匹放生会
宸殿(しんでん)や回廊など門跡寺院特有の建築も合わせて楽しめます
世界遺産で見る600匹のホタル
下鴨神社 蛍火の茶会
日本で最も古い神社のひとつで世界遺産にも登録される下鴨神社。6月11日にはホタルを観賞しながらお茶を楽しむ「蛍火の茶会」が開かれます。これは明治時代に糺の森で開かれていた納涼茶会にちなみ、糺の森財団が91年からはじめた催しです。当日は境内にある橋殿と細殿に、ホタルの入ったかごの前に立礼と座礼の茶席が設けられます。また、境内の御手洗川沿いには約600匹のホタルが入った大かごが設置され、辺りが暗くなったころ、御手洗川に一斉にホタルが放たれます。

【蛍火の茶会】
期間:2011年6月11日
時間:納涼市:13:00〜、茶会:17:00〜、蛍の開放:19:50分ごろ(予定)
料金:無料(茶会参加は2000円※要予約)

所在地:京都市左京区下鴨泉川町59
アクセス:市バス4・205系統「下鴨神社前」下車すぐ
電話番号:075-781-0010
URL:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/
拝観日:月曜日〜日曜日 6:30-17:00
休日:年中無休
料金:無料
MAP  周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
下鴨神社 蛍火の茶会
提供元:山中茂
当日、糺の森の参道では京都の老舗が出店する納涼市も開催されます

下鴨神社 蛍火の茶会
境内にさらさらと流れる「ならの小川」。藤原家隆の歌にも登場する小川です
散策路沿いに舞う幻想的な蛍火
哲学の道
銀閣寺から南禅寺まで続く散策道。哲学者・西田幾多郎がこの道を散策しながら思索にふけった小径であることから「哲学の道」と呼ばれています。桜の名所として知られ、春には多くの人で賑わいますが、初夏にはホタル観賞が楽しめます。ホタルの数や出やすい場所は年によってまちまちですが、例年5月下旬〜6月上旬にかけてがピークといわれています。多いときにはホタルの乱舞が見られることもあるのだとか。比較的街中でホタルを楽しめる場所ですが、近隣には民家も多いので静かな観賞を心がけましょう。

所在地:京都市左京区浄土寺石橋町若王寺
アクセス:市バス100系統「銀閣寺前」より徒歩すぐ
MAP  周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
哲学の道
昼には緑と清流が美しい散策路。近くには銀閣寺や法然院などがあるので、昼間に観光しても

哲学の道
哲学の道は日本の道百選にも選ばれています
夜の植物園に舞うホタルの灯り
宇治市植物公園 ほたる観賞のナイター営業
およそ10haの敷地に約1450種類の植物が植えられる植物園。通常昼のみの開園ですが、毎年ホタルの時期にあわせ、園内の東側にあたる秋のゾーンで「蛍ナイター」が開催されます。井戸水を引いた約35mの水路にホタルが生息しており、やわらかに光を発して、飛び交うホタルを見ることができます。期間中は閉園時間を21時30分まで延長(月曜閉園)され、土日の17時以降には宇治市役所駐車場から無料シャトルバスが運行します。混雑時には安全のため入場制限を設けることもあるので早めの来園がおすすめです。

【ほたる観賞のナイター営業】
期間:2011年5月28日〜6月19日
時間:16:00-21:30(21:00最終受付)
料金:300円(16:00以降)

所在地:宇治市広野町八軒屋谷25-1
アクセス:近鉄京都線「大久保駅」下車、京阪宇治交バスは240系統「京阪宇治」行き、又は250系統「宇治・黄檗駅」行き「植物公園」停留所下車すぐ
電話番号:0774-39-9387
営業日:火曜日〜日曜日 9:00-17:00(入園は16:00まで)
休業日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12/28〜1/4
料金:500円
MAP  周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
宇治植物公園 ほたる観賞のナイター営業
提供元:宇治市植物公園
ホタルは園内に流れる小川の中で生育し、5月下旬〜6月に羽化。小川沿いに飛び交う姿が見られます

宇治植物公園 ほたる観賞のナイター営業
提供元:宇治市植物公園
鉢植えで描いた巨大な花のレリーフ「花と水のタペストリー」は宇治市植物公園の顔的存在

京都の観光情報をチェック!

※掲載した内容は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。

個人情報の保護について

 

京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

出発日

日数

エリア

ホテル、旅館から京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

ホテル、旅館