歴史ある社寺で中秋の名月を愛でる
 
取材スタッフのおすすめポイント
取材スタッフ 今年の中秋の名月は9月19日。自宅で月を眺めるだけではなく、京都の歴史ある神社や寺院を訪れてみてはいかがでしょうか。古くから続く神事や行事が、満月をより印象深いものにしてくれるに違いありません。
取材スタッフのおすすめポイント
平安貴族気分で舟上から月を愛でる
旧嵯峨御所大覚寺門跡 観月の夕べ
1200年前に嵯峨天皇が舟を浮かべて中秋の名月を楽しんだことで知られるのが、旧嵯峨御所大覚寺門跡の大沢池です。夜空の月と池に映る月のふたつを観賞できることから、日本三大名月観賞地のひとつに数えられています。現在でも中秋の名月の時季には、大沢池に空想上の生物をデザインした龍頭鷁首舟(りゅうとうげきすせん)を浮かべ、平安時代の観月の景色を再現。期間中は祭壇にお団子や花などを供え、豊作と人々の幸せを祈る満月法会や観月コンサートなども開催されます。
【観月の夕べ】
日程:2013年9月19日〜21日
時間:17:00-20:30(最終受付)
参加料:通常拝観料のみ、茶席(五大堂)800円、舟席1000円

所在地:京都市右京区嵯峨大沢町4
アクセス:市バス28系統「大覚寺」より徒歩約1分
電話番号:075-871-0071
URL:http://www.daikakuji.or.jp/
拝観日:月曜日〜日曜日 9:00-16:30(最終受付)
休日:年中無休
拝観料:500円
MAP  周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
旧嵯峨御所大覚寺門跡 観月の夕べ
提供元:旧嵯峨御所大覚寺門跡
月をのぞむ祭壇で行われる満月法会は、期間中の毎日18:30から19:00の間に催されます

旧嵯峨御所大覚寺門跡 観月の夕べ
提供元:旧嵯峨御所大覚寺門跡
ライトアップされた池のほとりでは、和菓子や漬物の露店も
豊満な月に豊穣を願う平安からの神事
下鴨神社 名月管絃祭
世界遺産の下鴨神社では、平安時代から中秋の名月には豊作を願って雅楽などを奉納する御戸代会(みとしろえ)が行われてきました。この祭儀は昭和38年から管絃祭として一般公開されるようになり、舞台となる舞殿では神事に加えて舞楽や管絃などを見物することができます。ススキの穂が飾り付けられ、篝火が焚かれる舞殿での奉納行事を見れば、まるで平安時代へとタイムスリップしたかのような気分に。また、月見のお茶席も設けられるので、くつろぎながら月を見ることができます。

【名月管絃祭】
日程:2013年9月19日
時間:17:30頃-
参加料:無料、お茶席1000円

所在地:京都市左京区下鴨泉川町59
アクセス:京阪「出町柳」駅より徒歩約10分
電話番号:075-781-0010
URL:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/
拝観日:月曜日〜日曜日 6:30-17:00
休日:年中無休
拝観料:無料
MAP  周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
下鴨神社 名月管絃祭
提供元:下鴨神社
舞殿背後の糺の森の木陰から月がちらりと姿を見せます

下鴨神社 名月管絃祭
提供元:下鴨神社
琴などから成る雅楽の音色をバックに、古式ゆかしい行事が繰り広げられます
名月に奏でられる音楽に耳を澄まして
八坂神社 祇園社観月祭
花街・祇園で開かれる観月行事といえば、祇園祭などで知られる八坂神社で執り行われる祇園社観月祭です。京都女子大学によるクラシック音楽の演奏から始まり、舞殿で祭典が執り行われた後は、和歌を詠みあげる献詠披講が披露されます。また、弥栄雅楽会による管絃と舞楽、筝曲といった雅な行事が順々に奉納され、最後に威勢のいい祇園太鼓で締めくくられます。2時間ほど続く観月祭を見終わったら、満月の下ぶらぶらと夜の花街を散策してみてはいかがでしょうか。

【祇園社観月祭】
日程:2013年9月19日
時間:18:15-
参加料:無料

所在地:京都市東山区祇園町北側625
アクセス:京阪「祇園四条」駅より徒歩約5分
電話番号:075-561-6155
URL:http://www.yasaka-jinja.or.jp/
拝観日:境内自由
休日:年中無休
拝観料:無料
MAP  周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
八坂神社 祇園社観月祭
提供元:八坂神社
生田流の奏者による筝曲の奉納は20:00頃から

八坂神社 祇園社観月祭
提供元:八坂神社
祭事終了後には、舞殿を飾っていたススキをお土産として持ち帰ることもできます
月夜に楽しむ寺院での本格的な茶会
高台寺 秋の夜の観月茶会
豊臣秀吉の菩提を弔うために、その妻のねねが創建したことで知られる高台寺。こちらの観月会では、茶を愛した豊臣秀吉らしく本格的な茶会を実施。茶会体験では、まず茶席・湖月庵で薄茶と生菓子をいただき、茶道具や床の間の掛け軸などが説明されます。また、高台寺塔頭の圓徳院内にある料亭「羽柴」による点心も味わえます。もちろん、小堀遠州作の名勝庭園など、ライトアップされた境内を散策しながら観月も可能。初心者も受け入れているので、茶道に興味のある方におすすめです。

【秋の夜の観月茶会】
日程:2013年9月13日〜29日の金・土・日曜※法事の場合は休止
時間:17:00-18:00
参加料:6000円(拝観料・点心・喫茶込)

所在地:京都市東山区高台寺下河原町526
アクセス:市バス「東山安井」より徒歩約5分
電話番号:075-561-9966
URL:http://www.kodaiji.com
拝観日:月曜日〜日曜日 9:00-17:00
休日:年中無休
拝観料:600円
MAP  周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
高台寺 秋の夜の観月茶会
鏡のように木々が水面に映し出される臥龍池などをゆっくり見て回れます

高台寺 秋の夜の観月茶会
提供元:高台寺
ねねが豊臣秀吉をしのびながら月を眺めたという逸話を持つ観月台

京都の観光情報をチェック!

※掲載した内容は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。

個人情報の保護について

 

京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

出発日

日数

エリア

ホテル、旅館から京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

ホテル、旅館