コンチキチン 祭りが夏を連れてくる!|京都を見る|京都旅行ならJR東海ツアーズ
京都 おみやげ便り
京都MAP
京都への旅ラインナップ
京都を見る
#

コンチキチン 祭りが夏を連れてくる!(2007.06更新)




京都文化博物館 京都文化博物館

京都文化博物館は、平安遷都1200年の記念事業として、1988年に創立されました。常設の歴史展示室では、京都の文化や歴史、人々の暮らしを模型やパネルを使いわかりやすく解説しています。1階にはミュージアムショップのほか、江戸時代末期の京の町屋の表構えを復元した「ろうじ店舗」が並んでいます。京の情緒にひたりながら食事やショッピングを楽しんではいかがでしょう。6/19-7/29は祇園祭に合わせて、常設展特別陳列コーナーにて、祇園祭菊水鉾巡行模型が展示されます。再興された菊水鉾を細部まで忠実に再現、にぎやかな祇園囃子や車輪のきしみまで聞こえてきそうな巡行の情景を見ることができます。

所在地:京都市中京区三条高倉
アクセス:地下鉄「烏丸御池」駅から三条通りを東へ徒歩約3分
電話番号:075-222-0888
URL:http://www.bunpaku.or.jp/
営業日:火曜日〜日曜日 10:00-19:30(常設展。入場19:00まで)
休業日:月曜日 (月曜日が祝日の場合はその翌日が休館)
料金:常設展一般500円

MAP
山鉾巡行の見所 辻回し地点

日本三大祭のひとつ「祇園祭」は、毎年7月1日の吉符入りから31日までの1ヵ月にわたって繰り広げられる八坂神社の祭礼です。17日の山鉾巡行は祭のクライマックス。ゴブラン織りのタペストリーなど絢爛豪華な装飾をつけた32基の山鉾が列をなして京の街を巡ります。山鉾は午前9時に四条烏丸を出発し、午前中に四条通〜河原町通〜御池通のコースを巡ります。四条河原町、河原町御池、新町御池の交差点では、辻回しと呼ばれるダイナミックな方向転換が見られ、その迫力に圧倒されます。地元からはもちろん、全国各地から何十万人もの観光客が押し寄せ、京都はかなりの人でにぎわいます。ホテルの予約も含めて、早めの場所取りをお薦めします。


所在地:四条河原町、河原町御池、新町御池
アクセス:

 四条河原町:阪急京都線「河原町」駅からすぐ
 河原町御池:地下鉄東西線「京都市役所前」駅からすぐ
 新町御池:地下鉄東西線・烏丸線「烏丸御池」駅から徒歩約3分
電話番号:075-752-0227(京都市観光協会)
開催日:7/17
開催日:山鉾巡行 9:00-14:00

山鉾巡行の見所 辻回し地点
八坂神社 八坂神社

京都の人々には「祇園さん」の名で親しまれている八坂神社。平安初期に京都に流行した疫病を祓うため創建されたといわれ、厄除けや商売繁昌、開運招福にご利益があるとされています。7月の祇園祭のうちで最も賑わいを見せるのが、14〜16日の夕刻から始まる宵山です。17日の巡行を控え、山鉾町では山鉾を飾り祇園囃子を奏でます。16日には八坂神社の能舞台で無形文化財に指定されている石見神楽の奉納が行われます。須佐之男命(すさのおのみこと)の大蛇退治など神話を基にした演目を太鼓や笛、お囃子にのせて演じます。

所在地:京都市東山区祇園町北側625番地
アクセス:京阪本線「四条」駅から徒歩約5分
電話番号:075-561-6155
URL:http://www.yasaka-jinja.or.jp/
開催日:石見神楽・宵山7/16、神幸祭7/24、
花傘巡行7/24

MAP
祇園祭りの献上お菓子を頂く亀廣永

もともとは祇園祭の菊水鉾のお茶席に出されていた献上菓子の「したたり」(1050円)。お茶席だけではもったいないとの強い要望があり、通年で買えるようになったとか。沖縄波照間産の黒砂糖を使った琥珀色の寒天を口に入れた瞬間、上品な甘味が口の中に広がります。舌の上でホロホロと崩れるように溶けるなめらかな食感は何ともいえずやみつきになりそう。 名水「菊水の井」の清涼なしずくをイメージしてつけられたその名の通り、したたるような美味しさをぜひ味わってみてください。

所在地:京都市中京区高倉通蛸薬師上ル和久屋町359
アクセス:阪急京都線「四条烏丸」駅から徒歩約3分
電話番号:075-221-5965
営業日:月曜日〜土曜日 9:00-18:00
休業日:日曜日・祝日

MAP
祇園祭りの献上お菓子を頂く亀廣永
北野天満宮 北野天満宮

学問の神として崇められる菅原道真公を祀る北野天満宮は「天神さま」と呼ばれ親しまれています。春の梅花祭から毎月様々な行事で楽しめますが、7月は菅公の詠んだ「ひこ星の行(ゆき)あひをまつかささぎの渡せる橋をわれにかさなむ」という詩をもとに、七夕の神事、御手洗祭(みたらしさい)が毎年7月7日に行われます。神前に菅公の愛用品と伝わる「松風の硯」や水差し、短冊代わりの梶の葉、夏野菜、みたらし団子などをお供えします。これには祭神に七夕の詩をお詠みいただいて、無病息災を祈願する意味があります。幼稚園児らが参列する七夕祭は、子どもたちのかわいらしいお遊戯が微笑ましく、家族連れで楽しい時間を過ごすことができます。

所在地:京都市上京区馬喰町
アクセス:京福電車「白梅町」駅から徒歩約5分
電話番号:075-461-0005
URL:http://kitanotenmangu.or.jp/
営業日:月曜日〜日曜日 9:00-17:00
休業日:年中無休

MAP
京都への旅 ラインナップ

※掲載した内容は全て取材時点のものです。
※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。※個人情報の保護について
ページのトップへ