効くかも?京都の開運守り | おみやげ便り|京都への旅|京都 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ

京都おみやげ便り 京都に訪れる楽しみのひとつに、お土産。 センスを問われる職場や学校へのお土産、大切なあの人に、旅行の記念に自分へのお土産・・・ そんなあなたにこだわりの最新お土産情報をどうぞ。

1月 のテーマ  「効くかも?京都の開運守り」

※掲載した内容は全て取材時点のものです。※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。※個人情報の保護について
晴明神社の向上守

MAP
〜営業力も学力も右肩上がり〜

晴明神社 (せいめいじんじゃ)
「向上守」

平安時代に活躍した陰陽師・安倍晴明公が祀られる神社。境内には、陰陽道で宇宙万物の象徴である木・火・土・金・水を表した祈祷呪符のひとつ、桔梗印という星型のマークがいたるところに見られます。 この桔梗印の入ったポップな向上守は、土の粘りを黄色、火の勢いを赤で表しており営業力や学力アップに効能あり。桔梗印に向かって描かれた矢印のように営業力も学力もぐんぐん伸びるはずです。

所在地:京都市上京区堀川通一条上ル806
アクセス:地下鉄烏丸線「今出川」駅より徒歩約10分
電話:075-441-6460(社務所)
URL:http://www.seimeijinja.jp/
営業日:月曜日〜日曜日9:00-18:00
休業日:年中無休
初穂料:500円

平安神宮の開運厄除け桃守

MAP
〜ピンクのまあるい守り神〜
平安神宮 (へいあんじんぐう)
「開運厄除け桃守」
平安神宮は、平安遷都1100年を記念して明治28年(1895)に創建されました。「開運厄よけ桃守」のモチーフは、ふっくらとした桃。「桃」の旁(つくり)である「兆(きざし)」から、桃は気運を高めて災いを防ぐと言われています。この他、「長寿橘守」や「しあわせの桜守」など、携帯のストラップにも使えるかわいいお守りが。常に身につけて、オシャレをしながら悪いモノを追い払いましょう。
所在地:京都市左京区岡崎西天王町
アクセス:市バス5系統「京都会館・美術館前」下車すぐ
電話:075-761-0221
URL:http://www.heianjingu.or.jp/
営業日:月曜日〜日曜日 8:30-17:30(季節により異なる)
休業日:10月22日 午後
初穂料:800円
 
〜貝をかたどった女性の味方〜
野宮神社(ののみやじんじゃ)
「幸福娘」
平安時代初期、斎宮に選ばれた皇女が伊勢神宮へ向かう前に酒と肉を断ち、身を清めるため籠もったのが野宮神社です。女性の参拝客が多い境内には縁結びや安産にご利益のあるお守りが多く売られています。「幸福娘」は鮮やかな着物に包まれ笑顔の女の子。開運の「開」とかけて「貝」の形をしています。しじみサイズの小さくて愛らしいお守りですが、その効能は抜群だそうです。
所在地:京都市右京区嵯峨野野宮町1
アクセス:嵐電「嵐山」駅より徒歩約5分
電話:075-871-1972
URL:http://www.nonomiya.com/
営業日:月曜日〜日曜日 9:00-17:00
休業日:年中無休
初穂料:500円
野宮神社の幸福娘

MAP
〜光る胸元から運気上昇!〜 
伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)
「開運鍵守」
「おいなりさん」の呼び名で親しまれる伏見稲荷大社の境内では、稲荷大神のお使いであるキツネの像が鍵を口にくわえているのを見ることができます。これは稲穂をしまっておく米蔵の鍵を表しており、五穀豊穣を願って作られたものなんだとか。この鍵がモチーフになった開運鍵守は、魔除けにも効果がありそうな渦巻形。ネックレスとして使え、キラリと光る胸元から運気上昇も期待できます。

所在地:京都市伏見区深草藪之内町68
アクセス:京阪「伏見稲荷」駅より徒歩約5分、JR奈良線「稲荷」駅より徒歩すぐ
電話:075-641-7331
URL:http://inari.jp/
営業日:参拝終日
休業日:年中無休
授与料:1000円

伏見稲荷大社の開運鍵守

MAP

       
他の月のテーマを見る
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年
1月 2月 3月 4月 5月6月7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月