【フリープラン】2017年7月〜11月出発 厳選 そうだ 京都、行こう。お茶の宇治・お酒の伏見 満喫プラン

ツアーの特長

  • お茶のまち宇治 お酒のまち伏見
  • JR東海オリジナル得典

選べるプラン

  • 日帰りプラン
  • 1泊2日プラン

日本伝統の美味のふるさと お茶のまち宇治お酒のまち伏見

日本有数のお茶の産地として知られる宇治。有名な蔵元酒蔵がずらりと並ぶ銘酒の里・伏見。
ふたつの町並みを歩き、極上の味わいを満喫しませんか。
文/編集部 写真/アマナイメージズ・京都府茶協同組合・伏水酒蔵小路・京の酒米「祝」振興プロジェクト

オリジナルの栽培法で全国に名を轟かせた宇治茶

 宇治周辺でお茶の栽培が始まったのは、鎌倉時代のことと伝えられています。盆地で昼夜の温度差が大きく、降水量も多いこの地は、茶葉の生育にぴったりの環境でした。
その後、室町時代には喫茶の習慣が広がり、茶道具などにも趣向を凝らした「茶の湯」が文化人の間で流行しました。それに伴い、政治・経済の中心である京都に近接する宇治は、お茶の産地として重要な地位を占めるようになりました。
そして、その地位を確固たるものにしたのが、日本固有の「抹茶」の誕生です。茶園全体に葦や藁で覆いをかけて光を遮る新たな栽培法「覆い下栽培」によって生産された抹茶は、鮮やかな濃 い緑色でうまみが強く、画期的な味わいでした。
抹茶の登場は、ちょうど千利休をはじめとする茶人が活躍し、織田信長や豊臣秀吉らが茶の湯に傾倒していた時代のことでした。宇治の抹茶は彼らに愛され、日本を代表する高級茶としてめざましい発展を遂げることになります。江戸時代になると幕府に庇護され、毎年将軍家が飲む新茶を宇治から江戸まで運ばせる「御茶壺道中」が制度化されました。
その後も宇治の茶は革新を続けていきます。中国出身で萬福寺を創建した隠元は、煎じた茶に湯を注いで飲む淹茶法を伝えました。宇治では蒸した茶の新芽を焙炉の上でもみ乾燥させるという手もみ製茶技術(宇治製法)が開発され、これらの融合で日本茶の代名詞「煎茶」が生み出されました。この製法は全国の産地に広まり、現在も各地で用いられています。
さらに、江戸時代後期には覆い下栽培の茶葉を宇治製法で仕上げる「玉露」が開発されました。抹茶や煎茶を含め、現在愛飲されている日本茶の多くのルーツは宇治にあるのです。宇治はまさに「日本茶のふるさと」といえるでしょう。

宇治で生産されるお茶

進化を続ける製茶技術とお茶のさまざまな活用法

 幕末の開国から明治時代にかけて、宇治茶は輸出用のブランドとして重宝され、さらに開墾や技術の革新が進められました。
また、日本の一般家庭にも煎茶が普及していきました。
長らく手作業で行われていた製茶は機械化が進み、さらなる美味を求めて品種改良やブレンドが行われました。現在は宇治在来種のみならず、多種多様な茶葉が栽培されています。一方で、江戸時代に生み出された製法も伝承・保存活動によって受け継がれており、「宇治茶手もみ製茶技術」として京都府指定無形文化財にもなっています。
また、宇治茶を専門とするカフェも登場し、お茶だけでなく抹茶を使用したパフェやゼリーなど、さまざまなアレンジで宇治茶の味わいを伝えています。古都・京都を代表する特産品として、世界各国の人々にも愛されているのです。

茶摘みイメージ 覆い下栽培イメージ

ゆかりの観光スポットをご紹介

宇治茶の発展の一助となった寺院のほか、
お茶の製造工程を学びつつ伝統の味が楽しめる施設など、名所が目白押しです。

地図
大雄寳殿 イメージ
DATA萬福寺
◆住所/宇治市五ケ庄三番割34
◆電話番号/0774-32-3900
◆拝観時間/9:00〜17:00(最終受付16:30)
◆拝観料/500円
◆アクセス/京阪電車宇治線・JR奈良線「黄檗駅」下車、徒歩約5分
中国風の伽藍が面白い 萬福寺

中国出身の禅僧・隠元隆g(いんげんりゅうき)によって、寛文元年(1661)に創建されたお寺。隠元は煎茶をはじめとする当時の中国の文化を日本に伝えたといわれています。広大な伽藍を形成する風格ある建築物は17世紀初頭の中国の様式で作られていて、日本の古寺とは異なる独特の情趣を感じることができます。

イメージ
異国情緒が漂う普茶料理
隠元によって江戸時代初期に中国から伝えられた精進料理。3日前までに予約すれば萬福寺で本格普茶料理を味わえます。
イメージ
DATA福寿園宇治茶工房
◆住所/宇治市宇治山田10
◆電話番号/0774-20-1100
◆営業時間/10:00〜17:00
◆定休日/月曜(祝日の場合は翌日)
◆アクセス/京阪電車宇治線「宇治駅」下車、徒歩約8分
宇治茶の文化を今に伝える 福寿園宇治茶工房

宇治川のほとり、川向こうに平等院を望む風光明媚な地にある工房。お茶づくりや絵付け、抹茶・煎茶のマナー講座などさまざまな体験が可能で、手軽に楽しめるメニューもあります。また、併設の福寿茶寮では喫茶だけでなくお茶を使った料理や甘味を堪能できます。そのほか、宇治茶について学べる資料館も見学できます。

抹茶づくりイメージ
魅力的な体験が満載!
宇治茶の製法や文化を体感できるメニューが多数。基本は予約制ですが、「石臼で抹茶づくり」は定員に余裕があれば予約なしでも体験可能です。

良質の豊富な水に恵まれ、深い味わいを生んだ伏見の酒

 京都の南の玄関口にあたる伏見。この地はミネラル分をほどよく含んだ伏流水が豊富で、口当たりがよくまろやかな風味のお酒が生産されてきました。酒造業の歴史は非常に長く、日本に稲作が伝わった弥生時代に始まったと考えられています。
室町時代の文書にも伏見で酒が生産されていたという記録が残されていますが、銘酒の地として知られるようになったのは文禄元年(1592)豊臣秀吉による伏見城建設の後です。
天下人・秀吉が伏見に城を構えたことから、諸大名の屋敷も建設され、広大な城下町が築かれました。また、城の外濠の築造などで水運の利便性も向上しました。
江戸時代に入り豊臣家が滅亡すると伏見の政治的重要性は失われましたが、秀吉の時代に整備された町並みや水路は活用され、酒造業はさらに発展しました。この頃創業された蔵元のひとつに、現在の月桂冠の前身にあたる笠置屋があります。
その後、江戸の文化都市としての急速な発展、全国的な海運の発達とそれに伴う灘(現在の神戸市)など新進の銘酒の台頭によって、江戸への交通手段に恵まれていない伏見は江戸時代中期から一時的に衰退します。また、戊辰戦争では戦災に見舞われ、伏見は甚大な被害を受けました。
しかし、伏見の酒は明治時代に見事な復興を遂げます。鉄道の開通による東京へのアクセス向上や軍隊の伏見駐屯に加え、蔵元の努力もあって販路の拡大に成功しました。これに乗じて新たに創業したり伏見に移転したりする蔵元も多く、伏見は酒造の町としての賑わいを取り戻しました。
こうした経緯があり、伏見は灘と並ぶ日本酒の二大産地のひとつに挙げられています。なお、灘の酒が辛口で「男酒」と呼ばれているのに対し、まろやかな伏見の酒は「女酒」と呼ばれ、全国に名を轟かせています。

酒米作り イメージ

伏見の酒の現状や取り組みについて紹介します

 現在、伏見の酒は全国の清酒生産量の約1割を占めています。昔ながらの手作業と高度な技術、機械による工程を併用して酒造が行われており、一定の基準をクリアした「吟醸酒」「純米酒」といった特定名称酒など、多様なお酒を楽しむことができます。
また、原料となる米にも工夫がなされています。昭和8年(1933)に開発された「祝」は吟醸酒向きの良質品種で、一時姿を消しましたが、紆余曲折を経て平成4年(1992)から再び製品化され、淡麗な味と独特の芳香で好評を博しています。
現在の伏見は住宅化が進み、往年の繁栄をしのばせる建物は減少しました。しかし、京阪電車の中書島駅の北、伏見桃山駅の西のエリアには、酒蔵建築や白壁の土蔵が点在しています。風情ある町並みの散策だけでなく、屋形船から酒蔵が並ぶ景観を楽しむのも一興。また、平成28年(2016)3月には伏見酒造組合に属する17蔵元の日本酒を味わえる「伏水酒蔵小路」がグランドオープン。町全体が一丸となって、町並みの保存やお酒の普及に力を入れているのです。

伏水酒蔵小路 イメージ

ゆかりの観光スポットをご紹介

酒造りに適した名水が湧出する神社のほか、
お酒の製造工程を学びつつ伝統の味が楽しめる施設など、名所が目白押しです。

地図
拝殿 イメージ
DATA御香宮神社
◆住所/京都市伏見区御香宮門前町
◆電話番号/075-611-0559
◆拝観時間/参拝自由(石庭9:00〜16:00)
◆拝観料/無料(石庭200円)
◆アクセス/京阪電車本線「伏見桃山駅」下車、徒歩約5分
名水の湧き出る古社 御香宮神社

伏見七名水のひとつ「石井の御香水」が湧き出る神社。平安時代に香りのある水が湧出し、清和天皇より「御香宮」と名付けられたという伝説が残されています。壮大な表門はかつての伏見城の大手門、本殿は江戸時代初期の豪壮な建築で、ともに国の重要文化財。また、伏見奉行所から移されたという石庭も有名です。

イメージ
伏見の銘酒と御香宮神社
伏見には酒造りに適した湧水が多数。御香宮神社は伏見を代表する名水の地で、日本の名水100選にも認定されています。
酒蔵カウンター イメージ
DATA伏水酒蔵小路
◆住所/京都市伏見区平野町82番地2
◆電話番号/075-748-8831
◆営業時間/11:30〜23:00(ラストオーダー22:30)
◆休館日/火曜
◆アクセス/京阪電車本線「伏見桃山駅」下車、徒歩約7分
伏見の酒と多彩なグルメを伏水酒蔵小路

17の蔵元が集結する日本酒のテーマパーク。大きな酒樽が並ぶ外観が印象 的です。23mを超える長大な酒蔵カウンターでは、京都・伏見の日本酒約100種もの銘柄からお好みのものを選んで味わうことができます。お酒のお供は、本格和食からイタリアンまで8店舗の「うまいもん専門店」から出前を取って楽しみましょう。

イメージ

オプショナルプラン

17種類の利き酒(おつまみ3種付)2,000円(税込)
注)未成年は申込み不可。
■提供時間/11:30〜23:00(ラストオーダー22:30)
※詳しくは係員におたずねください。

▲このページのTOPへ

今だからおトク!宇治・伏見エリアをお得にめぐるJR東海オリジナル得典 「お茶の宇治・お酒の伏見 満喫プラン」をお申込みの方だけに、オリジナルの得典をご用意しました。

【ポイント1】京阪電車「宇治・伏見1dayチケット(特別版)」

京阪電車の本線、中之島線、交野線、宇治線および男山ケーブルが全線乗り放題となる「宇治・伏見1dayチケット(特別版)」。祇園・清水方面の各駅も乗り降り自由で、源氏物語や幕末の舞台で味わい深い1日をお過ごしいただけます。

イメージ
期 間
7月26日(水)出発〜11月17日(金)帰着
※ご旅行期間中1日間のみ有効
有効区間
右記区間内乗り降り自由
さらに

「宇治・伏見1dayチケット(特別版)」を宇治・伏見・八幡エリアの指定の施設に提示すると、割引や優待などお得なサービスが受けられます。

路線図

【ポイント2】福寿園宇治茶工房 お抹茶一服券

お茶作りからお茶の楽しみ方まで、そしてお茶を楽しむ茶器をもお造りいただける工房です。1階茶店にてお抹茶を提供いたします。
定休日:月曜日(祝日の場合翌火曜日)

宇治茶工房茶店 イメージ お抹茶 イメージ

【ポイント3】3箇所から選んで使えるセレクト券

3箇所よりいずれか1つをお選びいただけます。

(1)イメージ
❶高台寺雲居庵
「お抹茶サービス」
(2)イメージ
❷東福寺芬陀院
「お抹茶サービス」
(3)宇治吟醸酒氷イメージ (3)龍馬セット イメージ
❸茶寮油長
「宇治吟醸酒氷」(10/10まで)または「龍馬セット(抹茶とロールケーキ)」

※高台寺雲居庵では、別途拝観料600円が必要となります。
※東福寺芬陀院では、別途拝観料300円が必要となります。

※東福寺芬陀院は、8/10(木)〜14(月)、10/26(木)は除外日となります。また、急遽法要などにより、サービスが受けられない場合がございますので、事前にお問い合わせください。
※「宇治吟醸酒氷」はアルコールが含まれているため、未成年のお客様へは「龍馬セット」のご提供となります。

【ポイント4】京都タワー展望室入場

イメージ

古都を一望できる
京都タワーの展望室へ。

期間
7月26日(水)〜11月17日(金)
引き換え場所
JR東海ツアーズ京都支店(京都駅八条口1階)
〈平日:旅行相談窓口:10:30〜19:00(土・日・祝は18:00まで)〉
JR東海ツアーズ京都駅新幹線中央口支店(2階)
〈平日:9:30〜20:00 土・日・祝:9:30〜18:00〉
京都タワー1階 展望券売り場 〈9:00〜20:40〉
京都タワーホテル 8階フロント 〈20:40〜9:00〉
京阪電車 東福寺駅 〈始発〜終電まで〉
京阪電車 京橋駅 〈始発〜終電まで〉

※ご利用は旅行期間中1枚につき1回に限ります。未使用でも払い戻しはできません。

▲このページのTOPへ

選べるプラン

日帰りプラン ■最小お申込人数1名様(首都圏地区) ■最小お申込人数2名様(静岡地区・中部地区)

【出発日】2017.7/26(水)〜11/17(金)出発

※首都圏発で8/10・11・15・16、9/16・18、10/7・9、11/3・5に出発の場合は、片道あたり+5,000円(+2,500円)の加算代金が必要です。また月曜日に往路のぞみ1号をご利用の場合も加算代金が必要です。

東京・品川駅発 ⇔ 京都駅着
20,900円〜30,900
静岡駅発 ⇔ 京都駅着
14,400
名古屋駅発 ⇔ 京都駅着
8,900

※おとなおひとり様の代金です。

お申し込みはこちら お申し込みはこちらお申し込みはこちら
JR東海ツアーズ指定店舗の東海キヨスク等で使える!!
[首都圏地区 2,000円分][ 静岡地区・中部地区 500円分](税込)の利用券付!
※利用券はおひとり様滞在中1枚となります。
※利用券をお使いいただける店舗は、京都駅構内の指定店舗となります。別途お渡しするご案内書面でご確認ください。
※ご利用金額が2,000円または500円に満たなかった場合でもおつりは出ません。
※ご利用は1枚につき1回に限ります。
※対象商品は、はがき・切手・収入印紙・各種プリペードカード・各種たばこ・その他一部指定商品を除くキヨスクの売店の取り扱い商品となります。
※商品券など金券類のご購入および現金への引換はできません。
※店舗営業時間内のご利用に限ります。

▲このページのTOPへ

1泊2日プラン ■最小お申込人数1名様(首都圏地区) ■最小お申込人数2名様(静岡地区・中部地区)

【出発日】2017.7/26(水)〜11/16(木)出発 下記よりお好きなホテルを選んでお泊りいただけます。
【京都駅付近(八条口)】新・都ホテル[本館・サウスウィング] 禁煙ルームのみ

京都駅八条口すぐ、心やすらぐおもてなしのステージ。
おとなおひとり様 往復新幹線 普通車指定席

東京・品川駅発 ⇔ 京都駅着
26,400円〜39,700
静岡駅発 ⇔ 京都駅着
20,400円〜32,200
名古屋駅発 ⇔ 京都駅着
14,400円〜26,200

※おとなおひとり様の代金です。

外観(本館)客室の一例(禁煙本館ツイン)

【京都駅付近(八条東口)】ホテル京阪京都グランデ(旧:ホテル京阪京都)

JR京都駅から地下道にて1分、雨に濡れません。
おとなおひとり様 往復新幹線 普通車指定席

東京・品川駅発 ⇔ 京都駅着
25,800円〜38,300
静岡駅発 ⇔ 京都駅着
19,800円〜29,900
名古屋駅発 ⇔ 京都駅着
13,800円〜23,900

※おとなおひとり様の代金です。

外観客室の一例(禁煙・喫煙ツイン)

【河原町三条】京都ロイヤルホテル&スパ 禁煙ルームのみ

鴨川・木屋町・先斗町・祇園へも徒歩圏内、情緒豊かなホテル
おとなおひとり様 往復新幹線 普通車指定席

東京・品川駅発 ⇔ 京都駅着
24,900円〜44,100
静岡駅発 ⇔ 京都駅着
18,900円〜31,800
名古屋駅発 ⇔ 京都駅着
12,900円〜25,800

※おとなおひとり様の代金です。

外観客室の一例(ツイン)

▲このページのTOPへ

優美で華麗!季節を彩る京の風物詩

時代祭 イメージ 京都五山の送り火 イメージ

京都には長い歴史を物語る祭りやイベントが目白押し。夏から秋にかけても、「京都五山の送り火」や「時代祭」など、さまざまな行事が街を彩ります。情趣豊かな街並みや神社仏閣が特別な姿を見せる貴重な日を満喫しませんか。

文/編集部 写真/平等院・平安神宮・京都五山送り火連合会

詳しくはこちら

京都の風情を味わう現地発着プランをご用意しました! 【募集型企画旅行 取消料は「日帰り旅行」に準じます】【事前申込み必要】【(単)マークは単独でお申込みいただけます。】

(1)将軍塚青龍殿大舞台から鑑賞する京都五山の送り火(送迎付き)

京都の夏の風物詩のひとつである五山の送り火を、将軍塚青龍殿大舞台から鑑賞いただきます。

鳥居形 イメージ・将軍塚青龍殿 昼のイメージ※拝観は夜間となります。

◆旅行代金/4,800円(おとな・こども共)
◆実施日/8月16日(水) ※雨天決行
◆集合場所/京都駅八条口前(アバンティ前)
◆受付時間/17:30〜18:00
◆添乗員/同行なし(現地係員がご案内いたします)
◆行 程/京都駅八条口バス駐車場(18:00)
↓(貸切バス)
将軍塚青龍殿(18:30〜20:40
※点火20:00〜)
↓(貸切バス)
京都駅八条口バス駐車場(21:10頃)
◆お申込み締切日/8月6日(日)
◆貸切バス会社/帝産観光バス

※雨天・強風等の気象条件により点火時刻が前後することがございます。荒天の際は点火できない場合がございます。
※環境変化等により、眺望に変化のある場合がございます。
※大文字(東山)は横からの鑑賞となります。

(2)平等院夜間貸切ライトアップ特別拝観

一般拝観後、世界遺産 平等院の夜間ライトアップを、特別に拝観いただけます。

平等院鳳凰堂 ライトアップ イメージ

◆旅行代金/2,000円(おとな・こども共)
◆実施日/9月23日(土・祝)、10月21日(土)
◆受付時間/18:00〜19:30(表門)
◆拝観時間/18:00〜20:00
◆拝観可能箇所/平等院庭園・平等院ミュージアム鳳翔館
◆お申込み締切日/出発日の0日前
◆料金に含まれるもの/
夜間庭園拝観、平等院ミュージアム鳳翔館入館料

※鳳凰堂内は見学できません。
※一脚・三脚の使用はできません。

(3)「イヤホンガイドで生解説」時代祭観覧ツアー

京都三大祭のひとつである「時代祭」を、らくたび・京都学講師による解説付きでご案内いたします。イヤホンガイド、オリジナル生解説を聞きながら有料観覧席(京都御苑)でご覧いただけます。 講師/株式会社らくたび代表取締役 山村 純也

イメージ

◆旅行代金/4,600円(おとな・こども共)
◆設定日/10月22日(日)出発、23日(月)帰着のみ
◆集合時間/11:00
◆集合場所/京都御苑下立売御門付近 ※「そうだ 京都、行こう。」の赤い
旗を持った係員がいます。
◆観覧時間/12:00〜14:00頃
(行列が観覧席を過ぎ次第解散)
◆お申込み締切日/9月13日(水)
◆料金に含まれるもの/
有料観覧席料、イヤホンガイド料、講師料

※雨天の場合は、翌日23日(月)に順延となります。(払い戻し不可)23日(月)も雨天の場合は中止となります。(払い戻し可能)

詳しくはこちらのE-Book(電子パンフレット)をご覧ください

E-Book(電子パンフレット)を見る

ラインナップ

▲このページのTOPへ

JR東海ツアーズでは、京都旅行をはじめ新幹線を利用したお得なツアーを多数お取り扱いしています。当サイトでは、おすすめ情報や売れ筋ランキングなどの各種最新情報をご紹介。新幹線を利用したお得なツアーの検索、お申し込みもお受けしております。


癒しの旅をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ