京都で五感を磨く旅|京都を歩く|京都旅行ならJR東海ツアーズ
京都を歩く
歩

京都で五感を磨く旅(2008.11更新)


京都で五感を磨く旅

詩仙堂からスタートです!

詩仙堂 園光寺 こせちゃ 穂野出 正尚堂
詩仙堂
元は江戸初期の文人である石川丈山(いしかわ じょうざん)が造営し、90歳に没するまで過ごした庵。高低差のある庭園を持つため、でこぼこした土地に建てられた住居という意味の「凹凸窠(おうとつか)」とも呼ばれます。庭園には丈山が考案したとされる僧都(そうず)と呼ばれるししおどしも残っており、閑寂な空間の中にコーン、コーンという音が響き渡ります。丈山も愛したという僧都の音を聞きながら、12月に見頃となる千両や万両の赤い実が美しい庭園を散策してみてはいかがでしょうか。

所在地:京都市左京区一乗寺門口町27
アクセス:市バス5系統「一乗寺下り松町」より徒歩約5分
電話番号:075-781-2954
営業日:月曜日〜日曜日9:00-17:00(受付は16:45まで)
休業日:毎年5/23
料金:500円
MAP
詩仙堂

上:丈山が考案したししおどしの原形
左下:詩仙堂の入り口、小有洞(しょうゆうどう)の門
右下:庭の緑に映える万両の実


___________________________________
next...
圓光寺まで 約5分(約400m)  
詩仙堂から北へ歩いていくと圓光寺の門が見えてきます。入口はさらに山手にあるので、門の北側の坂道を登っていきましょう。
 
___________________________________
圓光寺
1601年、徳川家康が国内の教学発展を図るために伏見に創建し、後に現在の地に移された寺院。書物を刊行するために使用された日本最古の木製活字5万個が現存していることで有名です。円山応挙(まるやま おうきょ)作の「竹林図屏風」や運慶作の千手観音像など数多くの美術品が残っています。境内山頂には徳川家康の墓があり、また京都市街や京都五山のひとつ、法の山も見渡すことができるので時間のある方はぜひ登ってみましょう。

所在地:京都市左京区一乗寺小谷町13
アクセス:市バス5系統「一乗寺下り松町」より徒歩約7分
電話番号:075-781-8025
営業日:月曜日〜日曜日9:00-16:30(受付は〜16:00)
休業日:12/27〜12/30
料金:400円
MAP
圓光寺
上:木製活字は重要文化財に指定されています
左下:高さ2mを超える円山応挙作の「竹林図屏風」
右下:圓光寺を建立した徳川家康の墓
___________________________________
曼殊院門跡
___________________________________
next...
  こせちゃまで 約5分(約400m)  
こせちゃは曼珠院通から細い路地を曲がるとあるため見落とさないように注意。電柱の看板を頼りに歩きましょう。
___________________________________
こせちゃ
天然酵母、国産小麦のみを使用したパン屋さん。朝早くから焼きたてパンの香ばしい香りが住宅街いっぱいに広がっています。親子連れがよくやってくるという店内にはブリキのおもちゃが並びお家の中にいるような安心感。ごはん酵母やホシノ天然酵母を使ったパンはもっちりとした食感で小ぶりながらも食べごたえがあります。旅路の途中、こせちゃでパンのいい香りと安心感に包まれてみませんか?

所在地:京都市左京区一乗寺釈迦堂町33-2
アクセス:市バス5系統「一乗寺下り松町」より徒歩約8分
電話番号:075-791-5291
URL:http://www.cosecha-kyoto.com/
営業日:月曜日、木曜日〜日曜日9:00-19:00
休業日:火・水曜日 8月  年末年始
MAP
こせちゃ
上:ブリキのおもちゃがパンの隣に並んでいます
左下:パンにはそれぞれ原材料が分かりやすく書いた札が付いています
右下:一見普通のお家かと思うほど住宅街に溶け込んだお店
___________________________________
next...
  雲母漬老舗 穂野出まで 約1分(約80m)  
雲母漬 穂野出には入口がふたつあります。正面左手から入ると、大きく沿った切妻(きりつま)屋根を見ることができます。
___________________________________
雲母漬老舗 穂野出
比叡山へ続く雲母坂沿いに建つ漬物屋。その昔、比叡山を越える者は皆ここで一服してから登ったといいます。そのときのお茶受けに出していたのが民伝茄子を白味噌で漬けた雲母漬で、ご飯のおともにぴったりな甘辛さがクセになります。「自分で足を運んで買うのが本当のお土産」という信念から、この雲母漬はここでしか販売せず、必ずお客さんに試食をしてもらってから買ってもらうという独特のスタイルを貫いています。まずは試食しながら店主との会話を楽しんでみては?

所在地:京都市左京区一乗寺谷田町43
アクセス:市バス5系統「一乗寺下り松町」より徒歩約5分
電話番号:075-781-5023
営業日:月曜日〜日曜日9:00-5:00
休業日:年中無休
料金:雲母漬200g 525円
MAP
雲母漬老舗 穂野出
上:栽培に手間のかかる民伝茄子を現在でも使っている
左下:笑顔でお客をもてなす田辺夫妻
右下:カニのように横歩きする商売を、と大きな岩にはカニの置物が
___________________________________
next...
  正尚堂まで 約20分(約1.6km)  
一乗寺駅近くには美術関係の本を多く扱うセレクト本屋や安くておいしい定食屋、リメイク家具屋などいろんなお店が並び、終日たくさんの学生で賑わいます。
___________________________________
正尚堂

アンティーク着物や古布、かんざし、道具類などを扱うお店。店内には気軽に使える着物や帯から、古くは江戸期にさかのぼるものまであり、現代では味わえない糸味や見事なまでの刺繍の美しさに世界中からバイヤーが買い付けにくるほど。他にも、戦前使われていた小物類やキセルなど、普段触れられないものばかりが揃います。実際に羽織ったり触れたりして、昔のものの良さを感じてみてはいかがでしょうか。


所在地:京都市左京区田中北春菜町24
アクセス:叡山電鉄「茶山」駅より徒歩すぐ
電話番号:075-724-0137
営業日:月曜日〜日曜日11:00〜
休業日:毎月15日、21日、25日
料金:着物5000円〜、古布玉帯留3800円〜

MAP
正尚堂
上:男性が和装の時に使っていた小物類
左下:ふわりと軽く暖かい幕末期の綸子地打掛
右下:常連には日頃から和服を着こなす粋人も多いとか
___________________________________
お疲れさまでした!
感想
一乗寺のお寺やお店はどこもマイペースな印象。それぞれの個性を持って思い思いの場所を作り上げていました。自分らしさを忘れそうになったらここへ来ていろんな刺激を受けたいと思います!



一乗寺地周辺マップ


京都への旅 ラインナップ

※掲載した内容は全て取材時点のものです。
※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。※個人情報の保護について
ページのトップへ