水と酒の街・伏見を歩く|京都を歩く|京都旅行ならJR東海ツアーズ
京都を歩く
歩

水と酒の街・伏見を歩く(2009.01更新)


水と酒の街・伏見を歩く

御香宮からスタートです!  →御香宮  →約5分(約400m)吟醸酒房油長 →約5分(約400m)鳥せい →約3分(約240m)月桂冠大倉記念館


御香宮神社
酒どころ伏見の氏神である御香宮はもともと「御諸(みもろ)神社」と呼ばれていました。しかし862年に境内から香り高い水が湧き出たことから、清和天皇により御香宮と名付けられました。この湧き水は「石井の御香水」と呼ばれ、クセのないやわらかな口当たりが特徴の軟水。伏見七名水のひとつで、この水なしで伏見の酒は成り立たないというほど重要な水なのだとか。連日多くの方が病気平癒を願ってこの水を汲みにやってきます。

所在地:京都市伏見区御香宮門前町174
アクセス:近鉄京都線「桃山御陵前」駅、京阪「伏見桃山」駅より徒歩約5分
電話番号:075-611-0559
URL:http://www.kyoto.zaq.ne.jp/gokounomiya/
営業日:終日参拝自由(石庭参観9:00-16:00)
休業日:不定休
料金:石庭拝観料200円
MAP
御香宮神社
上:極彩色の破風(はふう)が施された拝殿
左下:社務所前に植えられた天然記念物のソテツ
右下:徳川家康の命により建立された本殿

___________________________________
next...
吟醸酒房油長まで 約5分(約400m)  
近鉄「桃山御陵」駅改札前には近鉄桃山商店街があります。串カツ屋やラーメン屋など、庶民的なお店が連なりなつかしい雰囲気。
 
___________________________________
マイナーな酒まで揃うお酒のメッカ 吟醸酒房油長
伏見に20あるすべての蔵元のお酒を扱う酒屋。香り高い伏見のお酒が80種以上揃い、そのすべての銘柄を飲み比べることができます。京都のブランド米「祝」を使った「井筒屋 伊兵衛」は上品な香り。「北川本家 たれくち」は冬期限定の生原酒で、できたての華やかな香りが特徴です。お猪口一杯150〜420円と、高級酒やあまり市場に出回わらないマイナーなお酒なども気軽に試すこともできるので、好きな銘柄を探してみてはいかがでしょうか。

所在地:京都市伏見区東大手町780
アクセス:京阪「伏見桃山」駅より徒歩約3分、近鉄京都線「桃山御陵前」駅より徒歩約5分
電話番号:075-601-0147
営業日:月曜日、水曜日〜日曜日10:00-22:00
休業日:火曜日(祝日は営業)
料金:招徳酒造 生酛200円
北川本家 たれくち300円
井筒屋 伊兵衛420円
MAP
吟醸酒房油長
上:お口直し用の豆腐やふきみそなど酒菜も用意されています
左下:吟醸酒や大吟醸酒をはじめ、古酒や生酒まで揃います
右下:大手筋商店街の中ほどにあります
___________________________________
next...
  次の見所:鳥せいまで 約5分(約400m)
 
鳥せい近くには日本酒の入った大きなタンクがありました。伏見銘酒共同組合のものだそうで、日本酒の芳醇な香りが辺り一面に漂っています。
___________________________________
鳥せい
蔵元・山本本家直営の居酒屋。蔵元直送の約20種の酒とそれに合う鳥料理が味わえます。日本酒でタレを作るという鶏串盛り合わせ(6串)や、鶏のうす造りが人気だとか。清酒「神聖」の元・酒蔵を改築した店内には大きな生原酒のタンクが置いてあり、絞りたてを堪能できるという蔵元ならではの楽しみがあります。アルコール度数高めの蔵出し生原酒やわずかに炭酸が残る「たれ口」(冬季限定)の美味しさに飲みすぎた時は、伏見の七名水のひとつ「白菊水」で酔いを冷ましましょう。

所在地:京都市伏見区上油掛町186
アクセス:京阪本線「伏見桃山」駅から徒歩約5分
近鉄京都線「桃山御陵前」駅より徒歩約6分
電話番号:075-622-5533
URL:http://www.torisei.com/
営業日:火曜日〜日曜日11:30-23:00
休業日:月曜日(12月と祝日は営業) 
料金:鶏串盛り合わせ(6串)820円
うす造り730円
とりめし定食730円
蔵出し生原酒400円
MAP
鳥せい
上:酒蔵が立ち並ぶ一角に鳥せいはあります
左下:店内では仕込み水に使われる白菊水を自由に飲むことができます
右下:酒蔵を改築した店内は開放的な吹き抜けです
___________________________________
next...
  
次の見所:月桂冠大倉記念館まで 約2分(約160m)  
月桂冠大倉記念館の裏には濠川が流れており、ここから十石船に乗ることができます。川べりは遊歩道になっているのでぜひ土手を降りて散歩してみましょう。
___________________________________
月桂冠大倉記念館
伏見の酒造りと歴史を知ることができる記念館。酒造りに使われる酒造用具や、新酒造りで忙しい蔵人さんの姿を見ることができます。「どんなにいい機械設備が導入されても、いいお酒は杜氏や蔵人の勘と経験がないと造れません。この麹は栗のような甘い香り。今年もいい麹ができましたよ」と杜氏さん。大きな煙突がついた酒蔵の中は意外にも機械化が進んでいますが人の目が大事なのは今も同じようです。お酒ができる過程を知ってより美味しくお酒を嗜んでみてください。

所在地:京都市伏見区南浜町247
アクセス:京阪「中書島」駅より徒歩約5分
電話番号:075-623-2056
URL:http://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/museum/
営業日:月曜日〜日曜日9:30-16:30
休業日:盆、年末年始
料金:300円
MAP
月桂冠大倉記念館
上:この付近は電柱など景観を遮るものが近くにはなく、京都百景のひとつになっています
左下:酒造りで使われてきた道具が展示されています
右下:蔵人の出身地によって甑(こしき)の縄の模様は変わるそう。こちらは越前杜氏のもの
___________________________________
お疲れさまでした!
感想
今まではただなんとなく日本酒を飲んでいましたが、実際に酒造りの現場を見ると、お酒はきれいな水に加え、杜氏や蔵人の熟練された技術や愛情なしには完成しないものなんだと実感しました。これからは日本酒をもっと愛そうと思います!


鈴虫寺で願望成就をチェック! 気軽に味わう祇園の夜をチェック! 	
古都の色彩美 くみひも作りレポート配信中!

伏見周辺マップ


京都への旅 ラインナップ

※掲載した内容は全て取材時点のものです。
※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。※個人情報の保護について
ページのトップへ