嵐山トロッコ列車に乗ろう!|京都を歩く|京都旅行ならJR東海ツアーズ
京都を歩く
歩

嵐山トロッコ列車に乗ろう!(2009.07更新)


嵐山トロッコ列車に乗ろう!

嵯峨野トロッコ列車からスタートです! →嵯峨野トロッコ列車 →→約15分(約2.7km)保津川下り →→約3分(約150m)時雨殿 →→約7分(約900m)竹林の道


嵯峨野トロッコ列車
嵯峨〜亀岡まで7.3Kmの道のりを約25分間かけてトロッコ列車での空中散歩へ。赤と黄色のレトロなトロッコ列車は、何とも旅情あふれる姿。車掌さんの案内が流れる中、保津峡谷を縫うように走ります。5号車の「ザ・リッチ号」のみ窓のない車両となっており、大自然の風を体全体で感じることができます。見どころでは一時停止するので、旅の思い出を写真に残してみてはいかがでしょうか。雄大な渓谷美を楽しんでいると、時折保津川下り中の船が見えることも。青々とした山々は、四季を通してその姿を変えていきます。

所在地:京都市右京区嵯峨天龍寺車道町
アクセス:JR山陰本線「嵯峨嵐山」駅より徒歩すぐ
電話番号:075-861-7444(自動音声案内)
URL:http://www.sagano-kanko.co.jp/
営業日:月曜日〜火曜日、木曜日〜日曜日(3月1日〜12月29日)
トロッコ嵯峨/始発9:50 ・ 最終発16:50、トロッコ亀岡/始発10:18 ・ 最終発17:18
休業日:水曜日(祝日、7月第4水曜日〜8月、10月第3水曜日〜12月第2水曜日は営業)
料金:600円
MAP
嵯峨野トロッコ列車
左上:1991年に旧JR山陰線を利用し運行を開始しました
右上:ウッディーな通常車両は座席予約が可能です
下:観光シーズンには100隻もの船が並ぶ保津峡上流

 
※音声はありません。
___________________________________
next...
保津川下りまで路線バスで約15分 (2.7Km)
保津川の乗船所にはすでに船が待機。乗り場の横にはちょっとした売店スペースもあります。
___________________________________
保津川下り
京都の郊外・亀岡から嵐山まで、全長約16kmを下る保津川下り。かつては物資輸送のために利用されていた保津川も今ではすっかり京都の観光スポットのひとつ。船頭に2人、船尾に1人と通常3人の船頭が指揮を取ります。四季折々の風景はもちろん、船頭がくり返し竿を突くため穴が空いた岩や、車がない時代、船を下流から引きあげる際についた綱の跡が残る岩も注目ポイント。ぎりぎり通れるほどの幅しかない岩の間を通り、2mの落差を一気に下る小鮎の滝はスリル満点です。

所在地:亀岡市保津町下中島1
アクセス:トロッコ「亀岡」駅より路線バスで約15分
電話番号:0771-22-5846
URL:http://www.hozugawakudari.jp/
営業日:定期船3月10日〜11月30日 月曜日〜日曜日 9:00から14:00まで1時間置きに運行、15:30最終出船(土・日曜、祝日は不定期運行)
休業日:9月9日(2009年)、12月7日〜3月9日(12月29日〜1月4日は除く)は冬期お座敷暖房船
料金:3900円
MAP
保津川下り
左上:一度は廃線となった旧山陰本線を利用して走るトロッコの下を横断
右上:川下りの途中で動物のように見える石を何度か発見!こちらはオットセイみたい
下:流れがおだやかになる頃、おでんやいか焼きなどを売る販売船が横付けされます

 
※音声はありません。
___________________________________
next...
  次の見所:時雨殿の道まで約3分(150m)  
嵐山といえば渡月橋。嵐山を借景に渡月橋が横たわる姿は景勝地としての貫禄たっぷり。
___________________________________
時雨殿

誰もが学校で一度は習う百人一首。この時雨殿では最新ゲーム技術を駆使した新しい遊び方ができます。入口で「時雨殿なび」を受け取って室内へ進むと、床の液晶画面には雅やかな70枚の札が映しだされています。「時雨殿なび」を手にして液晶画面の上にのるとかるた取りができます。その他にも、百人一首を使った面白いゲームがあり、特別な知識がなくても触って、動いてと、思わず夢中になって遊んでしまいます。


所在地:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
アクセス:市バス11系統「嵐山」より徒歩約5分
電話番号:075-882-1111
URL:http://www.shigureden.or.jp/
開館日:火曜日〜日曜日 10:00-17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜日(祝日の場合翌日)・年末年始
料金:800円
MAP
時雨殿
上:廊下から嵐山の自然を背景にした石庭が楽しめます
左下:展示室入り口で、「時雨殿なび」を受け取ります
右下:清少納言などの歴史上の歌人とかるた取り勝負ができます
___________________________________
next...
  竹林の道まで徒歩約17分(約900m)  
森田恭通氏がデザインを手がけた京福嵐山駅は、竹林をモチーフにしたスタイリッシュな雰囲気。
___________________________________
竹林の道
ドラマやCMの撮影スポットでおなじみの竹林の道。大河内山荘から天龍寺北門、野宮神社までをつなぐ道で、道の両脇から天に向かってまっすぐ伸びる竹が清々しい印象です。空を覆うほど豊かに茂る葉の間からこぼれるように陽が差し込み、辺り一帯が幻想的な雰囲気に包まれます。木陰のため夏でも涼しく、サラサラと揺れる竹の葉音がさらに涼感を呼びます。絶好の撮影スポットでもあるため、ぜひカメラ持参で訪れましょう。人力車で入ることも可能です。

所在地:京都市右京区(天龍寺裏)
アクセス:京福「嵐山」駅より徒歩約5分




MAP
竹林の道
竹林の道と並ぶ嵐山のシンボル・渡月橋から徒歩約10分ほどでたどりつきます

過去の竹林の道特集はこちらから!
___________________________________
お疲れさまでした!
感想
ちょっと市街地から離れるだけで、この雄大な自然。まるで日本の原風景のよう。どこか懐かしい気持ちになり、思わず童心にかえって楽しみました。


晩夏の幽玄五山送り火はこちら! ひんやり冷たいかき氷の名店をチェック 17品目から選べるガラス工芸体験にチャレンジ!

嵐山周辺マップ


京都への旅 ラインナップ

※掲載した内容は全て取材時点のものです。
※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。※個人情報の保護について
ページのトップへ