伏見を巡って運気アップ!

取材スタッフのおすすめポイント
取材スタッフ 今回ご紹介する伏見は、来年の干支である巳にちなんだお寺や、運気上昇にご利益のある寺社が数多くあります。来る2013年がよい年であるよう、祈願しながら冬の京都を満喫してみてください。
取材スタッフのおすすめポイント
 
二尊院からスタートです! 伏見稲荷大社 徒歩約5分(約500m) 金札宮 徒歩約9分(約750m) 西岸寺 徒歩約5分(約500m) 長建寺
二深緑の中に朱が眩しい稲荷神社の総本宮
伏見稲荷大社
和銅4(711)年に創建された伏見稲荷大社は、全国に約3万社ある稲荷神社の総本宮。古くより五穀豊穣や国家鎮護のご加護があるとされ、朝廷からも信仰されてきました。現在では、商売繁盛や家内安全などを願う一般の参拝者が全国のみならず海外からも訪れ、常に境内が賑わってます。東山36峰の一つである稲荷山の大部分に渡る広大な境内には、拝殿や権殿、多くの摂社・末社が鎮座。参道に並ぶ約1万基もの鳥居や朱の柱と飾り金具が煌びやかな重文の本殿などと相まって荘厳な雰囲気をつくり出しています。

在地:京都市伏見区深草藪之内町68
アクセス:JR「稲荷」駅より徒歩すぐ、京阪「伏見稲荷」駅より徒歩約5分
電話番号:075-641-7331
URL:http://inari.jp/
拝観日:境内自由
休業日:年中無休
参拝料:境内無料
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
伏見稲荷大社
願いが叶ったお礼に鳥居を奉納する習慣は、江戸時代から続いています

伏見稲荷大社
社殿建築としては、大型に属する稲荷造の本殿
___________________________________
next...
金札宮まで電車乗車時間7分(約3300m)、徒歩約5分(約500m)
住宅街にひっそりと佇む金札宮は、石造りの鳥居が特徴です。
___________________________________
開運・幸運を呼ぶ伏見最古の神社
金札宮
天平時代に神のお告げを受けて造営されたと伝わる金札宮は、伏見で最も古い神社の一つです。伝・観阿弥作の能の謡曲「金札」はこちらの縁起を題材にしたもので、祭神・天太玉命(あめのふとだまのみこと)の伝説を表現しています。また、末社に恵比寿神を祀っており、1月初旬に行われる惠比須・寶惠駕籠(ほえかご)も有名。平成22年に55年ぶりに復活したこの儀式は、芸妓に扮した女性が5挺の駕籠に乗り、大手筋商店街などを巡行して人々に福を授けるというもの。毎年、その福にあやかろうと見物客で賑わいます。

所在地:京都市伏見区鷹匠町8
アクセス:京阪・近鉄「丹波橋」駅より徒歩約5分
電話番号:075-611-9035
URL:http://www.kinsatsugu.jp/
拝観日:境内自由
休業日:年中無休
参拝料:境内無料、お守り800円他
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
金札宮
樹齢1000年を越えるクロガネモチは、京都市指定天然記念物

金札宮
金運上昇にご利益があるといわれるお守り
___________________________________
next...
  西岸寺まで徒歩約9分(約750m)   豊臣秀吉時代に城下町として栄えた伏見には、今も当時の町名が残っています。
___________________________________
油をかけ商売繁盛を祈願した地蔵尊
西岸寺
西岸寺は、天正18(1590)年に創建された浄土宗の寺院です。境内に祀られている石造りの地蔵は、「油掛地蔵」と呼ばれ親しまれています。この名称は、その昔、油商人が油を地蔵にかけ商売繁盛を祈願したところ、そのご利益を受け商売が大いに栄えたという伝承が由縁となっています。この伝承を物語るかのように地蔵の表面は油で覆われ、その厚みは2センチにも及ぶといわれます。また、文化人も多く立ち寄った寺としても知られ、境内には松尾芭蕉が詠んだ句を刻んだ石碑が残ります。

所在地:京都市伏見区下油掛町898
アクセス:京阪「中書島」駅より徒歩約10分
電話番号:075-601-2955
拝観日:月曜日〜日曜日9:00-16:00、地蔵堂 金曜日13:00-15:00
休業日:年中無休
参拝料:境内自由、地蔵堂200円、お守り500円、お札200円
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
西岸寺
松尾芭蕉が当時の伏見の名物であった桃をモチーフに詠んだ句を記した石碑

西岸寺
家内安全、商売繁盛のお札やお守りを授与しています
___________________________________
next...
  長建寺まで徒歩約5分(約500m)  
宇治川支流の十石舟船着場近くには、坂本龍馬と妻・お龍の像が立っています
___________________________________
龍宮門が異郷を思わせる弁天の寺
長建寺
長建寺は元禄12(1699)年に創建され、深紅の土塀と中国風の龍宮門が目をひきます。創建当時の伏見奉行・建部氏が姓の一文字と長寿を願って命名したのが始まりだといいます。本尊には伝空海作・八臂弁財天(はっぴべんざいてん)を安置し、京都で唯一、弁財天を本尊とする寺としても有名。脇侍には、蛇神の化身である宇賀神像が安置されており、事前に問合せれば拝観することもできます。2013年は巳年ということもあるので、ぜひ参拝してその功徳にあやかりましょう。

所在地:京都市伏見区東柳町511
アクセス:京阪「中書島」駅より徒歩約3分
電話番号:075-611-1039
拝観日:月曜日〜日曜日9:00-16:00
休業日:年中無休
参拝料:境内無料
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
長建寺
提供元:長建寺
金運・開運にご利益があるといわれる八臂弁天

長建寺
人気のおみくじは、短歌を書いた珍しいものです
___________________________________
next...
  感想  
伏見は商人町であったため、今回ご紹介した寺社の他にも商売繁盛や金運にご利益のある寺社が点在しています。寒い季節となりましたが、寄り道をしながら伏見の町を散策してみてください。。
___________________________________

伏見周辺マップ


京都の観光情報をチェック!

※掲載した内容は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。

個人情報の保護について

 

京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

出発日

日数

エリア

ホテル、旅館から京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

ホテル、旅館