大原の緑とせせらぎで納涼

取材スタッフのおすすめポイント
取材スタッフ 山里の風景が残る京都・大原は、川沿いの参道を散策しながら三千院や来迎院などの観光スポットを巡ることができます。木陰を歩き、川のせせらぎを聞きながら、大原の涼をたっぷりと感じましょう。
取材スタッフのおすすめポイント
 
三千院からスタートです! 三千院 徒歩約25分(約1000m)(音無の滝) 徒歩約10分(約500m)(来迎院) 徒歩約10分(約500m)(志ば久)
青苔が涼を呼ぶ庭園を散策
三千院
延暦(782〜806)年間に、最澄が比叡山延暦寺に開いた草庵を始まりとする天台五箇室門跡の一つ。境内には、有清園と聚碧園という二つの庭園が広がります。有清園は池や杉木立、瑞々しい杉苔で構成された涼感あふれる庭園で、散策しながら観賞するのがおすすめ。また、あちこちに配置されるわらべ地蔵の愛らしい姿に、思わず笑顔が浮かぶような安らぎを感じることができます。その一方、二段の池や築山などがある聚碧園では、客殿の縁側からまるで絵画のような風景を目にすることができます。

所在地:京都市左京区大原来迎院町540
アクセス:京都バス19系統「大原」より徒歩約10分
電話番号:075-744-2531
URL:http://www.sanzenin.or.jp/
営業日:月曜日〜日曜日 8:30-17:00※12月〜2月は-16:30
休業日:無休
拝観料:700円
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
三千院
江戸時代の茶人・金森宗和作と伝えられる聚碧園。その池には律川が流れ込みます

三千院
有清園の弁天池に清浄水が注がれる様子に、涼やかな心地になります
___________________________________
next...
音無の滝まで徒歩約25分(約1000m)
音無の滝に向かう道で、三千院の鮮やかな朱色の朱雀門が目に入ります。江戸時代に再建された藤原様式の四脚門で、もともとは極楽院の正門でしたが、現在は閉ざされています。
___________________________________
声明音楽修行の聖地
音無の滝
仏教音楽である声明(しょうみょう)の中心地として知られている大原。津川の上流にある音無の滝は、良忍をはじめ家寛、湛智など代々の声明法師が、滝に向かって声明の修行をした場所でもあります。良忍には、修行を重ねるうちに声明が滝の音と和し、声明の声しか聞こえなくなったという逸話が残され、音無の滝という名前の由来となったといいます。一枚岩を流れる滝の水音にじっくりと耳を澄まして、滝からあふれるマイナスイオンを感じてみては。

所在地:京都市左京区大原来迎院町
アクセス:京都バス19系統「大原」より徒歩約40分
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
音無の滝
音無の滝付近は広場として整備され、ベンチなども置いてあるため、ひと息つくことができます

音無の滝
良忍の伝説を説明する看板。周辺も緑に囲まれて、滝の音が気持ちよく響きます
___________________________________
next...
  来迎院まで徒歩約10分(約500m)   大原には呂川と津川のふたつの川があります。名前の由来は声明の音階を現す呂律(ろれつ)から。写真は音無の滝とつながる津川です。
___________________________________
声明が響く厳かな修行道場
来迎院
呂川に沿って山道を進むと、天台声明の根本道場として知られている来迎院へと辿り着きます。仁寿(851〜54)年間、円仁が声明を修行した中国の太原と大原の地形が大変よく似ていたため、修練道場として開山しました。天文2(1533)年に建てられた本堂は杉木立に囲まれており、多くの修行僧が隠棲したという当時の雰囲気を伝えるかのように静謐な空気が流れています。薬師如来をはじめとする三尊像、鎌倉時代作の良忍の坐像など、貴重な文化財もぜひ見物を

所在地:京都市左京区大原来迎院町537
アクセス:京都バス19系統「大原」より徒歩約20分
電話番号:075-744-2161
営業日:月曜日〜日曜日 9:00-17:00
休業日:無休
拝観料:400円
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
来迎院
左から阿弥陀如来、本尊の薬師如来、釈迦如来。平安時代の作で、柔らかい曲線が特徴

来迎院
天仁2(1109)年に来迎院を再興した良忍のお墓である三重石塔
___________________________________
next...
  志ば久まで徒歩約10分(約500m)  
せせらぎの音が心地いい呂川沿いの参道には、お土産屋さんやお漬物屋さんなどが軒を連ねます。
___________________________________
アイスきゅうりでクールダウン
志ば久
三千院や来迎院への参道で、大原名物の志ば漬などを販売する漬物店。長い上り坂を歩く観光客に笑顔で歩いてほしいと、店主が考案したのがアイスきゅうりです。昆布とともに漬け込んだ、京都産の有機栽培のきゅうりを一本まるごと食べ歩きできるようになっています。昆布の風味とよく冷えたきゅうりの食感は、疲れと暑さを忘れさせてくれ、大原散策の行きと帰りに一本ずつ買ったりする人も珍しくないとか。近所の子どもたちはアイスクリーム代わりに、大人たちはよく冷えたビールのおつまみ代わりに味わっているそうです。

所在地:京都市左京区大原勝林院町58
アクセス:京都バス19系統「大原」より徒歩約10分
電話番号:075-744-2226
URL:http://www.shibakyu.jp/
営業日:月曜日〜日曜日 8:30-17:30
休業日:無休
料金:アイスきゅうり180円
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
志ば久
自家栽培の紫蘇で漬け込んだ志ば漬など、お土産にぴったりの漬物が販売されます

志ば久
ベンチや店の中で座って、アイスきゅうりをかじる客の姿もちらほら
___________________________________
next...
  感想  
京都の街中よりも涼しいといわれる大原は、新緑が生み出す木陰とさらさらと流れる川のせせらぎが心地よいエリア。加えて、一帯を包む厳かな雰囲気が暑さを和らげているように感じられますよ。
___________________________________

周辺マップ


京都の観光情報をチェック!

※掲載した内容は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。

個人情報の保護について

 

京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

出発日

日数

エリア

ホテル、旅館から京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

ホテル、旅館