紅葉で彩られる一乗寺の名刹を巡る

取材スタッフのおすすめポイント
取材スタッフ 今回は、東山三十六峰に抱かれ、紅葉で色付く一乗寺を散策します。自然と町、歴史ある寺社仏閣が調和しており、場所ごとのさまざまな秋景色を楽しむことができますよ。
取材スタッフのおすすめポイント
 
赤山禅院からスタートです! 徒歩約6分(約300m)(詩仙堂) 徒歩約18分(約1100m)(圓光寺) 徒歩約20分(約1300m)(曼殊院門跡) 赤山禅院
紅葉に包まれる参道
赤山禅院
赤山禅院は、京都の表鬼門を守るために創建され、1100年以上の歴史を持つ古刹です。こちらは、古くから紅葉寺として京都の人々に親しまれています。山門をくぐってからの参道は、赤や黄色に色付いた木々が頭上を覆い、まるで紅葉のトンネルのよう。境内で咲き誇る寒桜の花との共演も見事です。また、都七福神の福禄寿を祀る福禄寿殿前にある寛老池では、紅葉が水面に映り込む様子も見ごたえがあります。本殿までの紅葉のアプローチをじっくりと堪能してみてください。

所在地:京都市左京区修学院開根坊町18
アクセス:叡山電鉄「修学院」駅より徒歩約17分
電話番号:075-701-5181
URL:http://www.sekizanzenin.com/
拝観日:月曜日〜日曜日 9:00-16:30
休日:年中無休
拝観料:無料
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
赤山禅院
境内には、出世のご利益があるといわれる弁財天を祀るお堂もあります

赤山禅院
拝殿の屋根の上には鬼門を見張る猿の像が。毎夜出歩いたため、逃げないように金網で覆うようになったのだとか
___________________________________
next...
曼殊院門跡まで徒歩約20分(約1300m)
曼殊院門跡への途中にある鷲森神社の境内は、木々が生い茂りまるで森のよう。小川や由緒ある石橋などもあるので、立ち寄ってみても。
___________________________________
枯山水庭園に広がる色の共演
曼殊院門跡
最澄が比叡山に営んだ僧坊を始まりとする曼殊院門跡。皇室一門が住職を務めたことから天台宗の五箇室門跡のひとつに数えられており、小さな桂離宮ともいわれます。こちらにある小堀遠州好みの枯山水の庭園は、樹齢約400年の松や霧島ツツジ、そして水の流れを表現した白砂が、禅の世界と王朝の雅を見事に融合させていると評判です。この庭園が表情を一変させるのが秋。色付いた木々の赤や黄色、霧島ツツジや杉苔の緑、敷き詰められた砂の白など、さまざまな色彩が印象的です。

所在地:京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
アクセス:叡山電鉄「修学院」駅より徒歩約20分
電話番号:075-781-5010
URL:http://www.manshuinmonzeki.jp/
拝観日:月曜日〜日曜日 9:00-17:00
休日:年中無休
拝観料:600円
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
曼殊院門跡
提供元:曼殊院門跡
門跡寺院を表す5本の白線が入った塀沿いにある勅使門辺りも紅葉で彩られます

曼殊院門跡
小書院にある黄昏の間の違い棚は曼殊院棚と呼ばれ、10種の寄せ木で構成されています
___________________________________
next...
  圓光寺まで徒歩約18分(約1100m)   曼殊院の隣には、弁財天と菅原道真公を祀る弁天島があります。島を囲む池には亀や鯉の姿が見られ、餌やりも可能です。
___________________________________
紅葉の美を引き立てる水琴窟の音色
圓光寺
京都市街を見下ろす好眺望の地にある圓光寺は、徳川家康が教学発展のために伏見に建立したのが始まりです。悟りに至る段階を表した十牛図を題材をとする十牛の庭は、秋の見事な紅葉で有名。書院からも鑑賞はできますが、洛北最古といわれる栖龍池を囲むように造られているので、散策も可能です。落ち葉が杉苔の地面を朱色に覆う敷紅葉は格別の美しさ。庭に置かれる大きな手水鉢は水琴窟となっており、水の玉が流れるような透明な音が景色に彩りを添えてくれます。

所在地:京都市左京区一乗寺小谷町13
アクセス:叡山電鉄「一乗寺」駅より徒歩約15分
電話番号:075-781-8025
URL:http://www.enkouji.jp/
拝観日:月曜日〜日曜日 9:00-17:00
休日:年中無休
拝観料:500円
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
圓光寺
提供元:圓光寺
京都一の音色とも呼ばれる水琴窟。竹筒に耳をあてると、さらによく聞こえます

圓光寺
徳川家康から贈られた日本で最古の木活字版を展示。写真は慶長4年(1599)のもの
___________________________________
next...
  詩仙堂まで徒歩約6分(約300m)  
宮本武蔵決闘の地で有名な一乗寺下リ松の坂を登ると、小有洞という閑静な山門が見えてきます。次の目的地の詩仙堂はこの奥にあります。
___________________________________
山肌を活かした庭園の秋を堪能
詩仙堂
隆起のある地に建てたことから凹凸寮(おうとつか)という名だったのが、狩野幽徳の三十六詩仙の肖像を掲げていることから詩仙堂と呼ばれるように。小川が流れる山の斜面を活かした庭園は、白砂や、サツキの緑、そして紅葉のコントラストが見事です。また、庭園には創建者の石川丈山が考案したというししおどしの音色が響き、朱に色付く景観をさらに引き立ててくれます。他にも秋の萩、初冬のサザンカなども有名で、拝観者の目を喜ばせてくれます。

所在地:京都市左京区一乗寺門口町27
アクセス:叡山電鉄「一乗寺」駅から徒歩約15分
電話番号:075-781-2954
URL:http://www.kyoto-shisendo.com/
拝観日:月曜日〜日曜日 9:00-17:00
休日:5月23日
拝観料:500円
MAP   周辺のホテル首都圏発静岡発中部発
詩仙堂
提供元:詩仙堂
詩仙の間では、三十六詩仙の絵画とともに紅葉を眺めることもできます

詩仙堂
提供元:詩仙堂
玄関をくぐると現れる茅葺き屋根の嘯月楼も秋化粧で美しく彩られています
___________________________________
お疲れ様でした。
  感想  
一乗寺は山が近く田園風景も広がる自然豊かなエリなアので、紅葉に染まる秋は散策するのにうってつけ。閑静な住宅街にはカフェなども点在するので、一服しながらめぐってみては。
___________________________________

周辺マップ


京都の観光情報をチェック!

※掲載した内容は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。

個人情報の保護について

 

京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

出発日

日数

エリア

ホテル、旅館から京都ツアーを探す

首都圏発

静岡発

中部発

ホテル、旅館