高貴な「紫」に触れる|京都を歩く|京都旅行ならJR東海ツアーズ
京都 おみやげ便り
京都MAP
京都への旅ラインナップ
京都を歩く

高貴な「紫」に触れる(2007.05更新)

start
三室戸寺
# 三室戸寺


西国第十番札所である「三室戸寺」は、5千坪もの広い庭園に四季折々の花が咲き誇ることから、「花の寺」とも呼ばれています。6月1日(金)〜7月8日(日)は、約1万株ものあじさいが見事に花開く「あじさい園」が開園します。西洋あじさいや額あじさい、柏葉あじさいのほか、幻のあじさいといわれた七段花など、30種のあじさいが杉木立の間を見事に彩ります。6月16日〜7月1日の土・日にはライトアップも実施され、ほのかな光の中にあじさいが浮かび上がる幻想的な光景を楽しむことができます。また、境内の鐘楼脇に、源氏物語宇治十帖「浮舟」の古跡があります。
#

所在地:宇治市菟道滋賀谷21
アクセス:京阪宇治線「三室戸」駅から徒歩約15分
電話番号:0774-21-2067
URL:http://www.mimurotoji.com/
営業日:月曜日〜日曜日 8:30-16:30(4〜10月)/8:30-16:00(11〜3月) ※拝観最終受付は閉門時間の30分前
休業日:年末(12月29、30、31日)
料金:大人500円

MAP
#

徒歩15分
彼方神社
#
彼方神社


宇治十帖の第2帖「椎本(しいがもと)」の古跡とされる「彼方神社」。「彼方(おちかた)」の名の由来は、宇治の彼方にまつられた、川の水が流れ落ちる方という説がありますが、神社の由来、沿革ともにはっきりはしていません。彼方神社の祭神は水と風の神である「諏訪大明神」です。古くは海の神「宗像神」を祀ったと言われ、宇治川近くの神社にふさわしく、水と深い関わりを持っています。

#

所在地:宇治市宇治東内28
アクセス:京阪宇治線「宇治」駅から徒歩約1分
電話番号:075-872-2233
営業日:月曜日〜日曜日 拝観自由
休業日:年中無休

MAP
#

徒歩3分
源氏物語ミュージアム
#
源氏物語ミュージアム
写真協力:社団法人宇治市観光協会

紫式部が著した「源氏物語」全54帖のうち、最後の10帖は宇治を主な舞台としており、通称「宇治十帖」と呼び親しまれています。源氏物語のファンならずとも楽しめるのが、平成10年にオープンした「源氏物語ミュージアム」です。宇治市が進める源氏物語をテーマにしたまちづくり事業の一環としたこの施設では、名誉館長である瀬戸内寂聴さんの指導のもと、源氏物語の世界をわかりやすく再現しています。映画の上映や資料が充実した図書室、パソコンでの源氏物語クイズや性格診断テストの体験コーナーなどもあり、楽しみながら源氏物語の世界に触れられます。喫茶コーナーやグッズショップもあるので、立ち寄ってみては?
#

所在地:宇治市宇治東町45-26
アクセス:京阪宇治線「宇治」駅から徒歩約10分
電話番号:0774-39-9300

営業日:火曜日〜日曜日 9:00-17:00
休業日:月曜日
料金:大人500円
MAP

#

徒歩5分
宇治神社
#
宇治神社
写真協力:社団法人宇治市観光協会

宇治橋東詰の上流にある「宇治神社」とその周辺は、応神天皇の皇子で、源氏物語の宇治十帖に出てくる光源氏の異母弟・八の宮のモデルと言われる莵道稚郎子(うじのわきいらつこ)の邸宅跡と考えられています。鳥居をくぐりなだらかな石段を登ると、正面に拝殿、その背後に本殿があります。三間社流造りの本殿は、鎌倉時代初期の建築で国の重要文化財に指定されています。内殿には菟道稚郎子の木造等身大坐像が祀られており、宇治の産土神として、また学問の神として崇められています。

#

所在地:宇治市宇治山田60
アクセス:京阪宇治線「宇治」駅から徒歩約5分、JR奈良線「宇治」駅から徒歩約13分
電話番号:0774-21-3041
営業日:月曜日〜日曜日 拝観自由
休業日:年中無休

MAP
#

徒歩1分
恵心院
#
恵心院
写真協力:社団法人宇治市観光協会

「恵心院」は、弘仁13年(822)、弘法大師(空海)が唐の青龍寺を模して開いた、真言宗智山派の古刹です。当時は「龍泉寺」と呼ばれていましたが、寛弘2年(1005)、比叡山横川の恵心僧都(源信)によって再興された際、「朝日山恵心院」と改称されました。この恵心僧都は、源氏物語の宇治十帖のなかで浮舟を助けた「横川の僧都」のモデルといわれています。豊臣秀吉、徳川家康らの庇護を受け繁栄しましたが、今では本堂及び楼門を残すのみとなりました。小さいながらも手入れの行き届いた境内では、ご住職自ら手植えした四季折々の草木を楽しむことができ、この季節はアジサイなど初夏の草花が彩りを添えています。
#

所在地:宇治市宇治山田
アクセス:京阪宇治線「宇治」駅から徒歩約7分、JR奈良線「宇治」駅から徒歩約13分
電話番号:0774-21-3942
営業日:月曜日〜日曜日 6:00-17:00
休業日:年中無休

MAP
#

徒歩1分
朝霧橋
#
朝霧橋
写真協力:宇治市商工観光課

宇治川の中洲・橘島から川岸にかけられた「朝霧橋」は、雄大な景色の中に朱色の欄干がひときわ映える、存在感のある橋です。橋の上からの眺めもすばらしく、上流側、下流側それぞれ趣きの異なる絶景が楽しめます。橋のたもと(宇治神社側)には、浮舟と匂宮が小舟の上で愛を語り合う宇治十帖の有名な一場面をモチーフにしたモニュメントが建てられています。しばし源氏物語の世界へと思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

#

所在地:宇治神社そば
アクセス:京阪宇治線「宇治」駅から徒歩約6分、JR奈良線「宇治」駅から徒歩約13分

MAP
#

JR宇治駅まで徒歩約13分、駅からバスで約15分、「植物公園」下車すぐ
宇治市植物公園
#
宇治市植物公園
写真協力:社団法人宇治市観光協会
丘陵地の起伏を活かした広大な敷地の「宇治市植物公園」は、トータルで1450種以上の植物が植栽されています。春・夏・秋それぞれの季節をコンセプトにしたエリアがあり、温室には約650種類の熱帯・亜熱帯植物と、いつ訪れても楽しむことができます。また、公園中央の「花の広場」にある「花と水のタペストリー」は、季節ごとにテーマがあり必見です。幅62m、高さ18mのひな壇に3675基のプランターを並べて描き出した、見事な錦絵が来園者を色鮮やかに迎えてくれます。6月はあじさいなどがきれいで、6/2-6/24は蛍ナイター開園も実施しています。フラワーアレンジや寄せ植えの講習会などイベントも随時企画されているので、ぜひチェックしてみて下さい。
#

所在地:宇治市広野町八軒屋谷25−1
アクセス:京阪宇治線・JR奈良線「宇治」駅から京阪宇治交バス210・240・250系統、近鉄大久保行「植物公園」すぐ
電話番号:0774-39-9387
営業日:火曜日〜日曜日 9:00-17:00(入園は16:00まで)
休業日:月曜日
MAP
#

goal! お疲れ様でした!このモデルコースのマップはこちら。

京都への旅 ラインナップ

※掲載した内容は全て取材時点のものです。
※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。
※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。※個人情報の保護について
ページのトップへ