厳選 そうだ 京都、行こう。 2016年 12月 2017年 1月 2月 3月

そうだ 京都、行こう。

ツアーを探す

  • 群鶏図押絵貼屏風 伊藤若冲筆

    群鶏図押絵貼屏風 伊藤若冲筆

  • 大徳寺 聚光院蔵 狩野松栄筆「瀟湘八景図」

    大徳寺 聚光院蔵 狩野松栄筆「瀟湘八景図」

  • 壬生寺 本堂内部 イメージ

    壬生寺 本堂内部 イメージ

  • 島原 角屋「臥龍松の庭」 イメージ

    島原 角屋「臥龍松の庭」 イメージ

〜もうすぐ見納め! 世界に誇る至高の日本美術〜 大徳寺 聚光院 国宝の障壁画

狩野松栄(かのうしょうえい)・永徳(えいとく)父子が描いた障壁画46面。普段は京都国立博物館に保存されていますが、平成28年(2016)3月から1年間限定で来たる平成29年(2017)3月26日(日)まで特別公開されています。壮大かつ精巧な美の世界を、この機会に堪能しませんか。

JR東海2016「そうだ 京都は、今だ。」キャンペーン 大徳寺 聚光院 狩野永徳「花鳥図」 (2016年5月撮影)

JR東海2016「そうだ 京都は、今だ。」キャンペーン 大徳寺 聚光院 狩野永徳「花鳥図」
(2016年5月撮影)

※狩野永徳筆『花鳥図』は、全閉の状態ではなく、一部の襖が開いた状態での拝観となります。

フランスでも展示された
日本を代表する襖絵

 室町時代の名僧・一休宗純ゆかりの寺・大徳寺。境内にある聚光院は、千利休の墓があるなど茶道との関わりも深い塔頭(たっちゅう)です。貴重な文化財の宝庫でもあり、本堂に相当する方丈は重要文化財に、その内部の障壁画46面は国宝に指定されています。
 これらの障壁画は昭和54年(1979)にパリのルーブル美術館からレオナルド・ダ・ヴィンチの名画「モナ・リザ」が日本に貸し出された際、返礼としてフランスに渡り展示されました。まさに日本絵画史の中でもトップクラスの名作といえるでしょう。文化財保護のため長らく京都国立博物館に寄託されていましたが、平成28年(2016)3月に聚光院へ里帰りを果たしました。これは聚光院創建450年を記念して行われる事業で、普段は境内に入ることもできない聚光院が特別公開され、襖絵とともに訪れる人々を魅了しています。

大徳寺 聖光院 国宝の障壁画をもっと知る
竹虎遊猿図[狩野松栄筆]

竹虎遊猿図[狩野松栄筆]

瀟湘八景図[狩野松栄筆]

瀟湘八景図[狩野松栄筆]

「大徳寺 聚光院」特別公開 アクセス
狩野派の知られざる名絵師・松栄の世界

 この障壁画は狩野松栄・永徳父子の作品で、最も有名なのは方丈の中心を飾る永徳の「花鳥図」です。永徳が後に織田信長や豊臣秀吉にも重用された日本画史上屈指の天才として知られている一方、松栄は狩野派の当主として地道に画業にいそしんだ職人といえるでしょう。
 知名度こそ永徳に及ばないものの、松栄も時代を代表する絵師でした。聚光院障壁画を通じて、松栄ならではの世界を探っていきましょう。
 松栄が描いたのは「瀟湘八景図(しょうしょうはっけいず)」「竹虎遊猿図(ちっこゆうえんず)」「蓮池藻魚図(れんちそうぎょず)」の計22面。これらの作品に共通する特徴は、落ち着きのある上品な表現です。
 なかでも、最も落ち着いた雰囲気が漂っているのが「瀟湘八景図」です。瀟湘八景とは中国の景勝地で、松栄はこの風景を丁寧で穏やかな筆致(ひっち)で描きました。画面を存分に活用して空気や水の広がりを表現していて、平面に描かれた襖絵ながら空間的な奥行きを感じさせます。
 その広大な自然の中に、人物の他、村落や寺院などの人工物が点在しています。それらはひとつひとつが緻密な計算のもとに配されているのでしょう。雨や雪も描かれていますが、自然の厳しさを感じさせるわけではなく、優しい自然に人の営みが包まれているような印象を受けます。その優しさが松栄の真骨頂なのではないでしょうか。

偉大な息子を支え、狩野派を背負った父

 松栄の作品は既存の山水画の枠を出るものではなく、永徳のような斬新さや雄大さは見られないかもしれません。しかし、天才・永徳の華々しい活躍の陰には、父である松栄の堅実な活動がありました。狩野派というブランドを松栄が守り続けていたからこそ、永徳は存分に自らの個性を「花鳥図」などの作品に込めることができたのです。
 全46面が完成したとき、松栄は何を思ったのでしょう。永徳の素晴らしい才覚の証明である「花鳥図」を目の当たりにして、我が子への誇りだけでなく、絵師としての羨望も心をよぎったかもしれません。しかし、松栄もまた時代を彩った絵師であり、狩野派の後世の栄華の礎となった人物であったのです。

日帰りプラン
出発日 2016.12/12〜2017.3/17出発 基本代金
日帰りプラン

詳細

宿泊プラン
新・都ホテル[本館・サウスウィング]

おとなおひとり様

25,500〜31,700

※料金は東京・品川発着往復新幹線普通車指定席利用の1泊旅行の代金です。

お申し込みはこちら
(2・3名様一室)
1泊プラン(禁煙本館ツイン) 1泊プラン(禁煙サウスウィングツイン) 1泊プラン(禁煙プレミアムツイン)
その他ツアーのお申し込みはこちら
1泊プラン

詳細

2泊プラン

詳細

本館外観 客室の一例(禁煙本館ツイン)

〜秘められた京の美をたずねて〜 非公開文化財をめぐる「京の冬の旅」

普段は見ることができない仏像や庭園、襖絵、建築などの文化財が、期間限定で特別公開されるキャンペーン「京の冬の旅」。平成29年(2017)は江戸幕府が政権を朝廷に返上した“大政奉還”から150年目の節目の年です。今回はそれを記念し、幕末にゆかりのある寺院を中心に通常非公開の文化財を公開します。 歴史と多彩な文化が残る古都・京都で、秘められた美をたずねる旅に出かけてみませんか。

C知恩院 大方丈・小方丈・方丈庭園
(ちおんいんおおほうじょうこほうじょうほうじょうていえん)

洛東の巨刹と称される浄土宗の総本山。幕末には、薩摩藩の島津久光などの宿所であったと伝わります。特別公開の大方丈は、武者隠しのある「上段の間」などに狩野一派の筆と伝わる金碧障壁画があり、豪壮華麗な佇まいを見せます。また、対照的に水墨画で飾られる小方丈も見どころです。

大方丈 鶴の間
JRグループ京都デスティネーションキャンペーン
第51回 「京の冬の旅」 非公開文化財特別公開
非公開文化財特別公開リスト
非公開文化財をめぐる「京の冬の旅」をもっと知る
御影堂
@金戒光明寺 (こんかいこうみょうじ)

会津藩・松平容保(かたもり)が京都守護職として滞在していた場所で、新選組発祥の地としても知られる寺。大方丈では、松平容保の遺墨や会津藩ゆかりの寺宝が展示されます。また、御影堂に安置されている運慶作と伝わる文殊菩薩像や伊藤若冲筆「宝珠に槌図」、回遊式庭園なども公開されます。

台所 網代の間
I島原 角屋 (しまばらすみや)

揚屋建築の遺構として、国の重要文化財に指定される角屋。揚屋とは現在の料亭のことで、幕末には新選組隊士も通っていたと伝わり、隊士がつけたと伝わる刀傷が残ります。天井を網代組みにした「網代の間」や「台所」などの1階部分のほか、鮮やかな襖絵に飾られた「臥龍松の庭」を望む「松の間」などが公開されます。

G妙法院(みょうほういん)

文久3年(1863)、「八月十八日の政変」で敗れた三条実美(さねとみ)ら尊王攘夷派の公卿7人が、長州へ逃れた「七卿(しちきょう)落ち」ゆかりの地。その舞台となった宸殿で「七卿落図」が特別展示されます。また、狩野派の障壁画が見事な大書院(重文)や庫裏(国宝)も見どころです。

七卿落図
日帰りプラン
出発日 2017.1/7〜3/17出発 基本代金
日帰りプラン

詳細

宿泊プラン
新・都ホテル[本館・サウスウィング]

おとなおひとり様

24,000〜30,300

※料金は東京・品川発着往復新幹線普通車指定席利用の1泊旅行の代金です。

お申し込みはこちら
(2・3名様一室)
1泊プラン(禁煙本館ツイン) 1泊プラン(禁煙サウスウィングツイン) 1泊プラン(禁煙プレミアムツイン)
その他ツアーのお申し込みはこちら
1泊プラン

詳細

2泊プラン

詳細

本館外観 客室の一例(禁煙本館ツイン)
今ふたたび出会う 若冲の白と黒 終了しました
\通常非公開の若冲作品を見るチャンス/ 萬福寺・宝蔵寺 特別拝観 終了しました

詳しくはこちらのE-Book(電子パンフレット)をご覧ください

E-Book(電子パンフレット)を見る

ラインナップ

▲このページのTOPへ

JR東海ツアーズでは、京都旅行をはじめ新幹線を利用したお得なツアーを多数お取り扱いしています。当サイトでは、おすすめ情報や売れ筋ランキングなどの各種最新情報をご紹介。新幹線を利用したお得なツアーの検索、お申し込みもお受けしております。


京都 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ
電子パンフレット(E-Book)はこちら 電子パンフレット(E-Book)はこちら 電子パンフレット(E-Book)はこちら