飛騨ガイドマップ

飛騨高山観光おすすめスポットなら飛騨ガイドマップ

古川祭

古川祭

飛騨の町に春の訪れを告げる「古川祭
毎年4月19日、20日に飛騨市古川町で開催される気多若宮神社の例祭。
「神興行列」、「起し大鼓」と絢爛豪華な9台の「屋台行列」から構成されています。 その起源は定かではありませんが、文献に登場するのが、屋台が1776年(安永5年)、起し太鼓が1831年(天保2年)となっており、天下の奇祭でもあり、日本三大裸祭りに数えられる勇壮さは現在まで受け継がれています。
photo photo
古川祭とは?
起し太鼓4月20日の開始を告げるために、19日の深夜から大鼓を打ち鳴らし、氏子地内を「朝大鼓・目覚まし大鼓」としてめぐったことが始まりで、この大鼓行事そのものが独立した行事となったことが特徴的です。
大鼓を乗せた櫓を「起し太鼓主事」と呼ばれる当番組が担ぎ、その太鼓の両側に男がまたがり、その両側より交互に太鼓を鳴らす。この太鼓をめがけて各台組の付け太鼓と呼ばれる小さな太鼓が突入するのも見所のひとつです。
元来この地域の人々は「古川ヤンチャ」といわれる激しい気性が有名であり、これによって起し太鼓も非常に荒々しいものとなっていて、幾度となく「付け太鼓禁止令」が出されたが、1901年(明治34年)に解禁になり、現在も激しいぶつかり合いは、今も昔もかわらないままに見ることができます。
9台の屋台が織りなす、華麗なる空間「屋台行列」
荒々しい「起し太鼓」が古川祭りの「動」の面とするならば、華麗な屋台行列は「静」の面を表します。
9つの屋台組に別れ、それぞれに趣向を凝らした飾り付けと出し物を行いながら古川の町を練り歩きます。
特に、白虎台の「子供歌舞伎」の愛らしさと、青龍台、麒麟台の「からくり人形」の精巧さは必見です。
屋台行列 屋台行列
現存する屋台9台は、岐阜県重要文化財に指定されている。
開催概要
開催地

飛騨市古川町

開催日
毎年4月19日、20日
お問い合わせ
飛騨古川まつり会館
0577-73-3511(代)
公式HP
http://www.okosidaiko.com(外部サイトへリンク)
photophotophotophotophotophoto
飛騨市古川町周辺のホテルから探すツアー
特集"遊ぶ"一覧

古川祭

古川祭 飛騨の町に春の訪れを告げる「古川祭」平安時代より続く飛騨の町の鎮守、気多若宮神社の春の例祭として知られています。ふんどし姿の男たちによる勇壮なぶつかり合いは、喧嘩祭りとしても知られ、かっては「付け太鼓禁止令」が出る程の荒々しさ溢れる祭りでした。天下の奇祭、日本三大裸祭りに数えられる勇壮さは現在まで受け継がれています。
掲載日:2014/04/01

掲載日:2014/04/01



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。


ラインナップ

▲このページのTOPへ

JR東海ツアーズでは、京都旅行をはじめ新幹線を利用したお得なツアーを多数お取り扱いしています。当サイトでは、おすすめ情報や売れ筋ランキングなどの各種最新情報をご紹介。新幹線を利用したお得なツアーの検索、お申し込みもお受けしております。


京都 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ