飛騨ガイドマップ

飛騨高山観光おすすめスポットなら飛騨ガイドマップ

どぶろく祭 ひだ白川郷

天下の奇祭
山々が紅葉に染まり、実りの収穫が終わる九月末から十月中旬。白川郷の五つの地区では、豊作の秋を喜び、家内安全と山里の平和の祈りを込めて、天下の奇祭と言われる「どぶろく祭」が盛大に行われます。
神社で「試楽祭」や「獅子舞の奉納」が執り行われた後、五色旗を連ねた「御神幸」の行列が笛や太鼓の音を響かせながら、合掌集落の家並や民家を練り歩きます。
「御神幸」が終わる午後三時半頃から、この年に仕込まれた「どぶろく」が奉納され、参拝者や遠来の客の一人ひとりにふるまわれ、村人といっしょに盃がかわされます。
また、奉芸殿では、春駒や民踊などの郷土芸能が披露され、夜更けまで境内は賑わいます。
どぶろくの由来
平家落人の隠れ里と言われる白川郷は古くから外部との接触の少ない土地柄であったため、村人の心を癒すものは酒以外にはなく、栗や稗などの雑穀類で地酒をつくっていました。
この地に逃げ隠れた先人たちは、ここを永住の地と定め、山野の実を醸して神酒をつくり、神に捧げ、村人との交流を深め山あいを拓いてきたのです。
和銅年間(約1,300年前)頃から、「どぶろく」がすでに祭礼用として用いられていたと伝えられています。

勇壮な獅子舞

勇壮な獅子舞(県指定無形文化財)
白川郷に伝わる獅子舞は、獅子頭や演目がそれぞれの地区で異なるため、七地区の獅子舞保存会によって保存継承されています。
舞い手が四人入る八本足の大きな「むかで獅子」が特徴で、剣と長刀をもった二人の少年が獅子と闘い退治するという伝統を著した独特の獅子舞をはじめ、姫獅子と呼ばれる静かな舞、雄獅子と呼ばれる勇壮な舞など、十七種に及ぶ舞が演じられます。

白川八幡神社

白川八幡神社
創建は和銅年間(708-714)と伝えられています。 祭神は応神天皇。釈迦堂内に安置されている仏像は荻町城主の後裔山下氏勝が寄進したもの。
氏勝は、寛永四年(1627)八月、白川八幡神社境内に釈迦堂を建立し、十二年に社殿を再建、十四年八月に四体の仏像(釈迦・弥陀・月輪・日輪)を寄進し、翌年、氏勝の三男氏紹が「八幡宮」の社号額を寄進してから、白川郷随一の神社として今日に至っています。
鳥居のそばにある大杉は村指定天然記念物。招魂社の前の「どぶろく祭の館」では、祭りの様子や神社の宝物を拝観できるようになっています。

どぶろく祭りの館

どぶろく祭りの館
荻町の白川八幡神社の境内にある「どぶろく祭りの館」には、「どぶろく祭」の概要や変遷、神事を紹介する模型や貴重な資料・遺物が大切に保存・展示されています。

photo photo

photo
写真提供:岐阜県白川村役場
photo
写真提供:岐阜県白川村役場
基本情報
開催名称

飛騨白川郷「どぶろく祭」

アクセス
〒501-5627 岐阜県大野郡白川村荻町559 白川八幡神社
濃飛バス高山駅から金沢・白川郷線せせらぎ公園下車徒歩5分
岐阜バス名古屋駅(岐阜駅)から白川郷線せせらぎ公園下車徒歩5分
※駐車場のご案内は公式HPでお確かめください。
どぶろく祭の日程
■毎年10月14日、15日
祭典 午前8時頃 神社本殿で神事
村周り 午前9時頃から 集落内
獅子舞等奉納 午後2時半頃 神社境内
どぶろく振る舞い    午後3時半から4時半頃    神社境内
郷土芸能奉納 午後4時頃 神社奉芸殿
獅子舞(全)奉納 午後7時半頃 神社境内
郷土芸能奉納 午後9時頃 神社奉芸殿
※どぶろくをご賞味される方は、事前に参拝記念の盃をご用意ください。
 盃は神社境内の志納所で取り扱っています。
どぶろく祭りの館
白川八幡神社内
TEL05769-6-1655
■4月1日〜11月30日(冬季閉館)午前9時から午後5時まで
(10月13日〜16日は休館します。)
料金
<入館料(消費税込)>
個人 大人(高校生以上)     300円
  小人(小・中学生) 100円
  身体障害者の方 100円
団体(20人以上)   大人 250円
  小人 80円
お問い合わせ
TEL 05769-6-1311 白川村役場
公式HP
http://shirakawa-go.org/(外部サイトへリンク)
飛騨市古川町周辺のホテルから探すツアー
特集"遊ぶ"一覧

どぶろく祭 ひだ白川郷

どぶろく祭 ひだ白川郷 5つの地区で、豊作を喜び、家内安全と山里の平和の祈りを込めて盛大に行われます。
また、奉芸殿では、獅子舞や民謡などの郷土芸能が披露され、夜更けまで境内は賑わいます。
掲載日:2014/10/01

飛騨高山手筒花火

飛騨高山手筒花火 飛騨高山手筒花火打上げは、手筒花火を抱えて、火の粉をかぶりながら打ち上げられます。
打ち上げる者、観る者の厄払いを願って行われる厳かな花火です。
掲載日:2014/07/01

古川祭

古川祭 飛騨の町に春の訪れを告げる「古川祭」平安時代より続く飛騨の町の鎮守、気多若宮神社の春の例祭として知られています。ふんどし姿の男たちによる勇壮なぶつかり合いは、喧嘩祭りとしても知られ、かっては「付け太鼓禁止令」が出る程の荒々しさ溢れる祭りでした。天下の奇祭、日本三大裸祭りに数えられる勇壮さは現在まで受け継がれています。
掲載日:2014/04/01

掲載日:2014/10/01



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。


ラインナップ

▲このページのTOPへ

JR東海ツアーズでは、京都旅行をはじめ新幹線を利用したお得なツアーを多数お取り扱いしています。当サイトでは、おすすめ情報や売れ筋ランキングなどの各種最新情報をご紹介。新幹線を利用したお得なツアーの検索、お申し込みもお受けしております。


京都 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ