飛騨ガイドマップ

飛騨高山観光おすすめスポットなら飛騨ガイドマップ

日下部民芸館


高山で長く続いた商家「日下部家」
歴史を感じさせる展示品は、ひとつひとつが大切に使われ、受け継がれてきたものばかり。

日下部民芸館天領時代、日下部家は幕府(代官所)の御用商人として栄えた商家で、屋号を「谷屋」といいました。
嘉永5年には、役所の御用金を用立てする掛屋〈かけや〉をつとめ、後には両替屋を営みました。

当時の邸宅は明治8年の大火で類焼、
その4年後の明治12年(1879)に完成したのが、現在の建物です。

木の国飛騨の人々は元来建築技術に優れており、「飛騨の匠」と称されております。
その「飛騨の匠」は現在に至るまで数多くのすばらしい建築物を生み出してきました。

当家の棟梁〈とうりょう〉は当時の名工、川尻治助、
彼は自己の技量をこの家に傾注し、江戸時代の建築様式そのままの見事な住宅を造り上げたのです。

主家〈おもや〉は、切妻造り段違い二階建て、一部吹き抜けの総桧〈ひのき〉造り。
梁〈はり〉と束柱〈つかばしら〉の木組みの力強い構成、屋根の勾配〈こうばい〉はゆるく、軒〈のき〉の出は深い。

また家の正面表構えの出格子〈こうし〉、入格子、窓切りの変化、ベンガラに煤〈すす〉をまぜて、焦〈こげ〉茶色に塗った木部の仕上げ等、江戸時代高山の町家造りの特色を留めております。
他に土蔵二棟があります。

みどころ
古磁器をはじめとする各種民芸品の展示はもとより、日下部家9代の花嫁が嫁いでくる際に使用された「花嫁籠」や、
そしてその花嫁さんが着用した、深い紺色が美しい「花嫁衣裳」、
また、江戸の当時300両もの費用をかけて作られ、日下部民芸館一番の見どころともいわれる大変きらびやかな「仏壇」など、
様々に歴史を感じさせる品々を観ることができます。
また、「日下部民芸館」の建物自体も、大変趣のある重厚な造りであり、
入館してすぐ、3階までの吹き抜けに見える7間半(約13m)の1本の赤松で貫き通されたスケールの大きな梁や、
台所に設えられた囲炉裏など、当時の生活を伺える見どころがたくさんあります。
基本情報
施設名

日下部民芸館

アクセス
岐阜県高山市大新町1-52
TEL:0577-32-0072
JR高山駅より徒歩約15分
入館料
大人 500円
高校生 500円
小・中学生 300円
 *幼児は無料です。
開館時間
3月〜11月 9:00〜 16:30
12月〜2月 9:00〜 16:00
休館日
3月〜11月 無休
12月〜2月 毎週火曜日
 *年末年始は開館しております。
   12月29日〜1月3日は9:00〜15:00の営業時間です。
公式HP
http://www.kusakabe-mingeikan.com/index.html(外部サイトへリンク)

日下部民芸館 周辺のホテルから探すツアー
特集"遊ぶ"一覧

岐阜県博物館

岐阜県博物館

自然豊かな百年公園内にある「岐阜県博物館」は、岐阜県の人文や自然に関する資料や展示のほか、調査研究等を行う総合博物館です。岐阜にまつわる様々なことを、「岐阜県博物館」で知ってみませんか?
掲載日:2018/3/28

ストーンミュージアム 博石館

ストーンミュージアム 博石館

砂の中からきれいな宝石・貴石を探す「宝石探し」や、宝石の原石や化石を発掘したり、水底の砂から砂金や銀を探したりと、トレジャーハンター気分で楽しめる「鉱山体験」、宝石を使って指輪やブレスレット、万華鏡を作ったり、石に文字を掘ることができるサンドブラスト、小さな石にマーカーペンで模様を描くストーンペイントなどの様々な「手づくり体験」、10分の1の大きさで再現されたピラミッドの地下に広がる全長350mの「巨大迷路」など、様々なかたちで石に親しみ、楽しむことができます。
掲載日:2017/12/25

岐阜県現代陶芸美術館

岐阜県現代陶芸美術館

人々との結びつき、他施設との連携、そして地域や陶磁器産業の発展など、陶磁器を通して、様々な角度から新たな文化を築いていく美術館です。
掲載日:2017/9/27

岐阜市長良川鵜飼伝承館 長良川うかいミュージアム

岐阜市長良川鵜飼伝承館 長良川うかいミュージアム

岐阜市を代表する伝統文化である「長良川の鵜飼」の価値を分かりやすく紹介、写真や資料等の展示をはじめ、人による案内や解説を介した学習プログラムの実施などで、長良川の鵜飼の特性や魅力を、鵜飼の開催時期だけでなく、年間を通して多くの人々に伝えています。
掲載日:2017/6/27

飛騨高山テディベアエコビレッジ

飛騨高山テディベアエコビレッジ

「飛騨高山テディベアエコビレッジ」は、環境をテーマにした癒しいっぱいのテディベアミュージアムです。館内では、歴史ある貴重なベアや、国内外の人気アーティストの作品など、1000体もの愛らしいベア達が皆様をお迎えします。
掲載日:2017/3/28

光ミュージアム

光ミュージアム

光ミュージアムは、飛騨高山の丘陵地に平成11年春にオープンした美術館・博物館を合わせ持つ複合型ミュージアムです。
掲載日:2016/12/27

郡上八幡城

郡上八幡城

郡上八幡城は、日本一美しい山城と言われており、奥美濃の山上に天空の城のように、時には雲上に白亜の天守が聳え立つこともあり、天気の良い日に天守から眺める郡上八幡の町と奥美濃の山々の風景は、険しい天守への道を忘れさせる程に美しい景色です。
掲載日:2016/9/27

飛騨高山美術館

飛騨高山美術館

19世紀末、ヨーロッパで華麗に花開いたアール・ヌーヴォー様式。それは、ガラス工芸のみならず、家具や照明器具など日常生活のデザインにも取り入れられ多様な美の展開を見せました。飛騨高山美術館ではそれらの装飾芸術にスポットを当て、またその後に続くアール・デコや現代ガラスまで、約1000点に及ぶ作品を収蔵しています。
掲載日:2016/6/27

日下部民芸館

日下部民芸館

古磁器をはじめとする各種民芸品の展示はもとより、日下部家9代の花嫁が嫁いでくる際に使用された「花嫁籠」や、そしてその花嫁さんが着用した、深い紺色が美しい「花嫁衣裳」、また、江戸の当時300両もの費用をかけて作られ、日下部民芸館一番の見どころともいわれる大変きらびやかな「仏壇」など、様々に歴史を感じさせる品々を観ることができます。
掲載日:2016/3/25

飛騨高山まちの博物館

飛騨高山まちの博物館

「飛騨高山まちの博物館」では、城下町の形成と町家文化をテーマに高山の成り立ちや、継承されている文化などを展示しています。14の展示室には、高山祭や町家、城下町の成り立ちなど、また郷土ゆかりの文人や美術、飛騨にゆかりの深い円空などそれぞれのテーマで展示しています。
掲載日:2015/12/24

高山祭屋台会館

高山祭屋台会館

高山祭の実物屋台を常設展示している施設は、高山祭屋台会館だけです。当館で高山祭をぜひとも楽しんでください。
掲載日:2015/10/1

郡上八幡「郡上おどり」

郡上八幡「郡上おどり」

お囃子と下駄の音、それに川のせせらぎが重なって山あいにこだまする夏の夜の風情。圧巻は徹夜で踊る盂蘭盆会の夜明け近く、東の空が白々と明けゆく頃。その時は歌い手と踊り手の息がピッタリと合って夏の夜の短かさを惜しむように踊りがつづきます。
掲載日:2015/7/1

下呂温泉 合掌村

下呂温泉 合掌村

村内は「合掌の里」と「歳時記の森」の2つのゾーンで構成されており、それぞれに飛騨の生活文化と山野草をはじめ、さまざまな植栽などから日本の四季を感じることができます。
掲載日:2015/4/1

飛騨高山 まつりの森

飛騨高山 まつりの森

飛騨の伝統を受け継ぐ地元の匠をはじめ、日本の名工の協力のもと、新しい平成のまつり屋台を完成させました。伝統文化と新しい技術の融合で生まれた、豪華絢爛な平成のまつり屋台をお楽しみください。
掲載日:2015/1/1

どぶろく祭 ひだ白川郷

どぶろく祭 ひだ白川郷

5つの地区で、豊作を喜び、家内安全と山里の平和の祈りを込めて盛大に行われます。また、奉芸殿では、獅子舞や民謡などの郷土芸能が披露され、夜更けまで境内は賑わいます。
掲載日:2014/10/1

飛騨高山手筒花火

飛騨高山手筒花火

飛騨高山手筒花火打上げは、手筒花火を抱えて、火の粉をかぶりながら打ち上げられます。打ち上げる者、観る者の厄払いを願って行われる厳かな花火です。
掲載日:2014/7/1

古川祭り

古川祭り

飛騨の町に春の訪れを告げる「古川祭」平安時代より続く飛騨の町の鎮守、気多若宮神社の春の例祭として知られています。ふんどし姿の男たちによる勇壮なぶつかり合いは、喧嘩祭りとしても知られ、かっては「付け太鼓禁止令」が出る程の荒々しさ溢れる祭りでした。天下の奇祭、日本三大裸祭りに数えられる勇壮さは現在まで受け継がれています。
掲載日:2014/4/1
 

掲載日:2016/03/25



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。


ラインナップ

▲このページのTOPへ

JR東海ツアーズでは、京都旅行をはじめ新幹線を利用したお得なツアーを多数お取り扱いしています。当サイトでは、おすすめ情報や売れ筋ランキングなどの各種最新情報をご紹介。新幹線を利用したお得なツアーの検索、お申し込みもお受けしております。


京都 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ