飛騨ガイドマップ

飛騨高山観光おすすめスポットなら飛騨ガイドマップ

郡上八幡城


朝霧に浮かぶ幻想的な姿。四季折々に見られる自然との調和の美しさ。

郡上八幡城は戦国時代末期の永禄2年(1559)、遠藤盛数が砦を築き、稲葉貞通、遠藤慶隆の興亡を経て大普請され、寛文7年(1667)、6代城主遠藤常友の修復によって幕府から城郭として認められるに至りました。その後、井上氏・金森氏が相次いで入部。宝暦騒動で金森氏が改易された後、丹後国宮津藩より青山幸道が転封してきました。明治4年(1871)の廃藩置県とともに廃城となった城は、翌年から石垣を残してすべて取りこわされました。現在の城は、昭和8年(1933)、当時の大垣城を参考に再建され、木造4層5階建の天守閣等は郡上市重要文化財に、一帯の城跡は県史跡に指定されています。
再建から80年を超える木造天守はもちろん、春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪化粧など四季折々の表情を見せる郡上八幡城をお楽しみください。
郡上八幡城 郡上八幡城


郡上八幡城
基本情報
お城からの眺望

お城からの眺望

八幡山に建つ天守からは、
城下町や奥美濃の山々が見渡せます。




八幡城の石垣

石垣を含む郡上八幡城一帯の城跡は
岐阜県の史跡に指定されています。
八幡城の石垣


庭園の紅葉

庭園の紅葉

毎年11月には、もみじ祭りと紅葉ライトアップを開催します。
ライトに照らされたお城は、昼間の荘厳な雰囲気とは変わって、
幽玄な姿を見せてくれます。
基本情報
名称

郡上八幡城

所在地
〒501-4214 岐阜県郡上市八幡町柳町一の平659
アクセス
◆長良川鉄道をご利用の場合
長良川鉄道:郡上八幡駅下車、タクシーで約15分
長良川鉄道:郡上八幡駅下車、まめバス:城下町プラザ下車、徒歩約15分
◆岐阜バスをご利用の場合
岐阜バス高速八幡線:郡上八幡城下町プラザ下車、徒歩約15分
◆お車をご利用の場合
東海北陸自動車道:郡上八幡インターチェンジから約7分
 ・郡上八幡城駐車場(山頂) 約20台(無料)
 ・城山公園駐車場(中腹) 約13台(無料)
※城山公園から山頂の駐車場までは道幅が狭く、歩行者と共用となっておりますので事故等のないよう十分にご注意ください。
入館料
大人(高校生以上) 310円
小人(小・中学生) 150円
開館時間
季節により開館時間が異なります。
3〜5月、9〜10月 9:00〜17:00
6〜8月 8:00〜18:00
11〜2月 9:00〜16:30
    ※ご入城は閉館時間の15分前までにお願いいたします。
お問合せ
監理・運営 一般財団法人郡上八幡産業振興公社
0575-67-1819
公式HP
http://castle.gujohachiman.com/(外部サイトへリンク)

郡上八幡城 周辺のホテルから探すツアー
特集"遊ぶ"一覧

郡上八幡城

郡上八幡城 郡上八幡城は、日本一美しい山城と言われており、奥美濃の山上に天空の城のように、時には雲上に白亜の天守が聳え立つこともあり、天気の良い日に天守から眺める郡上八幡の町と奥美濃の山々の風景は、険しい天守への道を忘れさせる程に美しい景色です。
掲載日:2016/09/27

飛騨高山美術館

飛騨高山美術館 19世紀末、ヨーロッパで華麗に花開いたアール・ヌーヴォー様式。それは、ガラス工芸のみならず、家具や照明器具など日常生活のデザインにも取り入れられ多様な美の展開を見せました。飛騨高山美術館ではそれらの装飾芸術にスポットを当て、またその後に続くアール・デコや現代ガラスまで、約1000点に及ぶ作品を収蔵しています。
掲載日:2016/07/01

日下部民芸館

日下部民芸館 古磁器をはじめとする各種民芸品の展示はもとより、日下部家9代の花嫁が嫁いでくる際に使用された「花嫁籠」や、そしてその花嫁さんが着用した、深い紺色が美しい「花嫁衣裳」、また、江戸の当時300両もの費用をかけて作られ、日下部民芸館一番の見どころともいわれる大変きらびやかな「仏壇」など、様々に歴史を感じさせる品々を観ることができます。
掲載日:2016/04/01

飛騨高山まちの博物館

飛騨高山まちの博物館 「飛騨高山まちの博物館」では、城下町の形成と町家文化をテーマに高山の成り立ちや、継承されている文化などを展示しています。14の展示室には、高山祭や町家、城下町の成り立ちなど、また郷土ゆかりの文人や美術、飛騨にゆかりの深い円空などそれぞれのテーマで展示しています。
掲載日:2016/01/01

高山祭屋台会館

高山祭屋台会館 高山祭の実物屋台を常設展示している施設は、高山祭屋台会館だけです。当館で高山祭をぜひとも楽しんでください。
掲載日:2015/10/01

郡上八幡「郡上おどり」

郡上八幡「郡上おどり」 お囃子と下駄の音、それに川のせせらぎが重なって山あいにこだまする夏の夜の風情。圧巻は徹夜で踊る盂蘭盆会の夜明け近く、東の空が白々と明けゆく頃。その時は歌い手と踊り手の息がピッタリと合って夏の夜の短かさを惜しむように踊りがつづきます。
掲載日:2015/07/01

飛騨高山 まつりの森

下呂温泉 合掌村 村内は「合掌の里」と「歳時記の森」の2つのゾーンで構成されており、それぞれに飛騨の生活文化と山野草をはじめ、さまざまな植栽などから日本の四季を感じることができます。
掲載日:2015/04/01

飛騨高山 まつりの森

飛騨高山 まつりの森 飛騨の伝統を受け継ぐ地元の匠をはじめ、日本の名工の協力のもと、新しい平成のまつり屋台を完成させました。
伝統文化と新しい技術の融合で生まれた、豪華絢爛な平成のまつり屋台をお楽しみください。
掲載日:2015/01/01

どぶろく祭 ひだ白川郷

どぶろく祭 ひだ白川郷 5つの地区で、豊作を喜び、家内安全と山里の平和の祈りを込めて盛大に行われます。
また、奉芸殿では、獅子舞や民謡などの郷土芸能が披露され、夜更けまで境内は賑わいます。
掲載日:2014/10/01

飛騨高山手筒花火

飛騨高山手筒花火 飛騨高山手筒花火打上げは、手筒花火を抱えて、火の粉をかぶりながら打ち上げられます。
打ち上げる者、観る者の厄払いを願って行われる厳かな花火です。
掲載日:2014/07/01

古川祭

古川祭 飛騨の町に春の訪れを告げる「古川祭」平安時代より続く飛騨の町の鎮守、気多若宮神社の春の例祭として知られています。ふんどし姿の男たちによる勇壮なぶつかり合いは、喧嘩祭りとしても知られ、かっては「付け太鼓禁止令」が出る程の荒々しさ溢れる祭りでした。天下の奇祭、日本三大裸祭りに数えられる勇壮さは現在まで受け継がれています。
掲載日:2014/04/01

掲載日:2016/09/27



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。


ラインナップ

▲このページのTOPへ

JR東海ツアーズでは、京都旅行をはじめ新幹線を利用したお得なツアーを多数お取り扱いしています。当サイトでは、おすすめ情報や売れ筋ランキングなどの各種最新情報をご紹介。新幹線を利用したお得なツアーの検索、お申し込みもお受けしております。


京都 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ