名古屋ガイドマップ

名古屋観光おすすめスポットなら名古屋ガイドマップ

徳川園

歴史と自然が調和した、純然たる日本の美しさ

名古屋城本丸の東約3kmの地にある徳川園は、徳川家筆頭である尾張藩第二代藩主光友が、
元禄8年(1695年)に自らの隠居所として大曽根屋敷を造営したことを起源としています。

当時の敷地は約13万坪(約44ha)の広さで、庭園内の泉水には16挺立ての舟を浮かべたと言われています。
光友の没後、この地は尾張藩家老職の成瀬、石河、渡邊三家に譲られましたが、明治22年(1889年)から尾張徳川家の邸宅となりました。

昭和6年(1931年)名古屋市は、第十九代当主義親から邸宅と庭園の寄付を受けた後、改修整備を行い、翌年「徳川園」として一般公開しましたが、第二次世界大戦の大空襲によってほとんどの建物や樹林などが焼失してしまいました。

戦後、現代的な都市公園として改修し、市民に利用されてきた徳川園は、
平成13年(2001年)から日本庭園として再整備を行い、平成16年(2004年)に開館しました。

徳川園は、矢田川の河岸段丘を生かした高低差のある地形、既存の照葉樹の森、
立体的に迫る大きな岩組みが特徴で、変化に富んだ景観を劇的に展開する構成としています。

黒門 この黒門をはじめとする名所が、
中心的存在となる龍仙湖を囲むように、園内の随所に存在します。

各名所はもちろんのこと、庭園内では高低差の大きな地形や、
自然のままの樹林を生かした景観、立体的な岩組みなど、
変化に富んだ景色を楽しむことができ、季節ごとに咲き誇る花々も、
その時どきによって様々な美しさを生み出します。
黒門(くろもん)
明治33年(1900年)に完成した尾張徳川家の邸宅の遺構で、
総けやき造りの三間薬医門です。
連続する脇長屋と塀を含めて、昭和20年(1945年)の大空襲による
焼失の被害を免れた数少ない遺産であり、
武家屋敷の面影を伝える貴重な建造物群です。


龍門の瀧(りゅうもんのたき)
龍門瀑ともいわれ、鯉が滝を登り切って竜となったという登竜門伝説に基づく滝の一形式です。
尾張家江戸下屋敷跡地にあった滝の石を使用し、徳川園に再現しました。
龍仙湖(りゅうせんこ)
海に見立てた水面の周りに見どころを配する池泉回遊式庭園の中心的存在で、地下水を水源としています。
黒松を背にして浮かぶ島々、巨石に懸かるもみじ、水際を渡る飛石、突き出す砂嘴、舟小屋のある渡し場などを巡りながら楽しむことができます。
西湖堤(せいこてい)
白楽天、蘇東坡など、古くから文化人の憧れの景勝地である中国杭州の西湖の湖面を直線的に分ける堤防を縮景したもので、異国情緒を日本庭園の中に取り入れています。東京都の小石川後楽園、広島県の縮景園など、現存する大名庭園にもみられる形式です。
瑞龍亭(ずいりゅうてい)
光友の諡號「瑞龍院」から名づけられた小さな茶室で、龍仙湖の彼方に西湖提を眺望することができます。
織田有楽斎を始祖とし、かつては尾張徳川家で重用された尾州有楽流に因み、有楽好みの様式を取り入れています。
虎の尾(とらのお)
深山幽谷の山水画を思わせるような渓谷美を表現しており、初夏には新緑、秋には紅葉が美しく彩ります。
椎の樹林から流れ出した水が、もみじの木々を縫って龍仙湖へと注ぐ形状は虎の尾のようで、「虎の尾を踏んではいけない」ことから「川に足を踏み入れてはいけない」ことを連想させます。
虎仙橋(こせんきょう)
虎の尾に架かる檜造りの木橋で、5m下に渓流を見下ろし、下流に龍仙湖を望みます。
大曽根の瀧(おおそねのたき)
虎の尾を上りきると到達する落差6mの三段の滝です。
上、中、下段の岩の組み方が異なるため、それぞれ水しぶきの表情には変化があります。滝の背後の山は徳川園の中で最も高く、龍仙湖水面との標高差は約11mあります。「大曽根」は古くからこの辺りの地名でした。
四睡庵(しすいあん)
梅や桃の木に囲まれた休み処で、隠れ里のような風景の中にぽつりと立っています。
四睡とは、禅の境地を示す画題の一つで、豊干、寒山、拾得の三人が虎と寄り合って眠っている情景をあらわします。
観仙楼(かんせんろう)
龍仙湖に面する二層の建物で、眺望が抜群です。レストラン、ホールとしてご利用できます。

基本情報
名称
徳川園
アクセス
〒461-0023 愛知県名古屋市東区徳川町1001
JR 中央本線 「大曽根」駅下車南出口より徒歩10分
名古屋市営地下鉄 名城線 「大曽根」駅下車3番出口より徒歩15分
名古屋市営地下鉄 桜通線 「車道」駅下車1番出口より徒歩15分
入園料
一般   300円
 *中学生以下は無料です
開園時間
9:00 〜 17:30 (入園は17:00までとなります)
休園日
月曜日 (休日にあたる場合は、直後の平日が休館となります)
12月29日〜1月1日
お問合せ
徳川園事務所
052-935-8988
公式HP
http://www.tokugawaen.city.nagoya.jp/(外部サイトへリンク)

徳川園 周辺のホテルから探すツアー
名鉄イン名古屋桜通
名鉄イン名古屋桜通

【首都圏発】 【静岡発】 【関西発】
名古屋駅前モンブランホテル
名古屋駅前モンブランホテル

【首都圏発】 【静岡発】 【関西発】
特集"遊ぶ"一覧

徳川園

徳川園徳川園は、矢田川の河岸段丘を生かした高低差のある地形、既存の照葉樹の森、立体的に迫る大きな岩組みが特徴で、変化に富んだ景観を劇的に展開する構成としています。
掲載日:2016/04/27

名古屋ボストン美術館

名古屋ボストン美術館 名古屋ボストン美術館は、ボストン美術館所蔵の優れたコレクションを恒常的にわが国に紹介する唯一の施設です。
掲載日:2016/02/01

名古屋市科学館

名古屋市科学館 様々な展示や体験を通じて、子供から大人まで科学に触れることができる総合科学館です。世界最大のプラネタリウム「Broether Earth」のほか、竜巻ラボ、放電ラボ、極寒ラボなどの大型展示をはじめ、約240種類の展示を楽しむことができます。
掲載日:2015/11/01

名古屋市東谷山フルーツパーク

名古屋市東谷山フルーツパーク 園内には、ナシやリンゴなど15種類の「果樹園」や、約90種類の熱帯・亜熱帯地方のめずらしい果樹を観察することができる「世界の熱帯果樹温室」、果物に関するさまざまな知識を紹介する「くだもの館」や、「売店」「レストラン」「つり池」などの施設があり、果物をテーマにしたユニークな農業公園として親しまれています。
掲載日:2015/08/01

ラグナシア

ラグーナテンボス ラグナシア 夢いっぱいの海のテーマパーク。多彩な冒険エンターテイメントを体験することができます。
掲載日:2015/05/01

キリンビール名古屋工場

キリンビール名古屋工場 キリンビール名古屋工場では「キリン一番搾り生ビール」のこだわりの製法やうまさの秘密を無料でたっぷり体感できます。ビールの魅力が存分に味わえる工場見学ツアーに、あなたもぜひ参加されてみてはいかがですか?
掲載日:2015/02/01

ノリタケの森

ノリタケの森 ノリタケの森は近代陶業発祥の地に陶磁器に関する複合施設として開設されました。この森は、名古屋市中心部の広大な敷地に、文化と出会う、暮らしを楽しむ、歴史の息吹を感じるという3つゾーンを配し、憩いの場としてリラクゼーションエリアを設けています。ノリタケの100年の歴史とオールドノリタケの魅力をご堪能ください。
掲載日:2014/11/01

リニア・鉄道館

リニア・鉄道館 東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでの展示を通じて「高速鉄道技術の進歩」を紹介や、鉄道が社会に与えた影響を、経済、文化および生活などの切り口で学習する場を提供しています。模型やシミュレータ等を活用し、子どもから大人まで楽しく学べる場があります。
掲載日:2014/08/01

大浮世絵展

大浮世絵展 本展は、「国際浮世絵学会」の創立50周年を記念して、浮世絵の名品を日本国内および世界各地から一堂に集めるものです。誰もが一度は目にしたことのある代表的な作品約340点(常時150点展示)により、浮世絵の全史をご覧いただきます。まさに浮世絵の"教科書"、"国際選抜"となる展覧会です。
掲載日:2014/05/01

名古屋城

名古屋城 徳川家康の命による天下普請として築城された名古屋城。大阪豊臣家への抑えとしてだけでなく、東海道の要として西国の有力大名を中心に建築が進められ、徳川義直公の入府により、尾張徳川家の城下町としての繁栄はじめてから400年が過ぎた今では、東京、大阪に次ぐ第3の経済都市としてだけでなく、文化・芸能の発信地として新たな魅力を放っています。
掲載日:2014/04/01

掲載日:2016/04/27



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。


ラインナップ

▲このページのTOPへ

JR東海ツアーズでは、京都旅行をはじめ新幹線を利用したお得なツアーを多数お取り扱いしています。当サイトでは、おすすめ情報や売れ筋ランキングなどの各種最新情報をご紹介。新幹線を利用したお得なツアーの検索、お申し込みもお受けしております。


京都 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ