スタッフのツアー体験記

王冠世界の中心で『感動』を叫んできましたハートピンク

イメージ

〜1日目〜
マウントオルガ観光とエアーズロックのサンセット観光
エアーズロックは高さ348メートル、周囲9.4キロ。 エッフェル塔よりも高く、周囲を歩くと優に約2時間半もかかる巨大な岩ですが、地上に出ているのは全体のほんの一部。地質学者によると、残りの大部分(最高6キロ分というから驚きです!)は地下に埋まっているとされています。
エアーズロックの西、総面積約35km2に渡って広がる、大小36個の岩から成る奇岩群がオルガ岩群(カタ・ジュタ)です。最も高い岩山は、エアーズロックを更に200メートルもしのぐ高さ!カタ・ジュタとはアボリジニの言葉で「たくさんの頭」という意味。実際、ドーム状の36個の岩が並ぶ景観は、見る角度ごとに違った表情を見せてくれて自然の神秘を肌で感じることが出来ます。
午後はワイン片手にエアーズロックのサンセットを鑑賞し、赤く染まる神秘的な景色に感動しました!

〜2日目〜
早朝にエアーズロックのサンライズ鑑賞し、いよいよエアーズロック登頂!!!・・・のはずでしたが、風が強く、危険な為、登れませんでした。(登れるのは約50%の確立らしいです。)
そのかわりにエアーズロック周辺のウォーキングをし、アボリジニの壁画などを鑑賞しました。

イメージ

〜3日目〜
世界遺産グレートバリアリーフ(モアリーフ)へ
ケアンズ港からジェット船でグレートバイアリーフへGO!
そこにはポンツーン(人工の浮き桟橋)があり、サンゴ礁のすぐ側に設置されたこれらのポンツーンを拠点にして、スノーケリングやスクーバダイビング、シーウォーカーやスクーバドゥ、半潜水艇クルーズ、ヘリコプター遊覧飛行などで美しいグレートバリアリーフを楽しめます。
私は、ダイビングを体験し、ウミガメとナポレオンフィッシュ(体長約2メートル)に遭遇しました。

〜4日目〜
キュランダ観光
乗り物といえば、「キュランダ高原列車」に「スカイレール」。キュランダ高原列車は100年前に作られた列車で、とてもレトロな雰囲気でした。スカイレールは、眼下に熱帯雨林を見下ろせたり、途中の駅での熱帯雨林の散策など、他では味わえないような体験をする事ができます。
ちなみに、キュランダ・シーニックレールウェイは「世界の車窓から」のオープニングでも10年間紹介されたそうです。また、途中で見えたバロン川にかかる橋では、「リポビタンD」のコマーシャル撮影もされたそうです。

今回の旅行は陸・海・山の大自然を満喫した旅でした!
一生に一度は是非エアーズロックに行かれてはいかがでしょうか!?