社長メッセージ

東海道新幹線を中心に 美しい日本の旅を創造する

チャレンジスピリットで未来を拓く

成長を続ける新幹線キャリアエージェント

 日本の観光産業は、訪日旅行客の急増、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催などにより、観光立国政策の中で「成長産業の柱に」と位置付けられるほど期待を集めています。しかし、その担い手である旅行業界は競争が厳しく、得意分野や強みを持ち、お客様に選択される会社だけが生き残れる厳しい世界だと思います。これから、そのような旅行業界におけるJR東海ツアーズの未来についてお話しします。

 東海道新幹線沿線は、日本の人口・GDPの約6割が集中するエリアであり、観光名所の多い訪日観光のゴールデンルートでもあります。弊社は、JR東海のキャリアエージェント(*1)として、この巨大な旅行マーケットを舞台に、沿線地域の観光振興に長年取り組んできました。その結果、東海道新幹線を中心とするパッケージツアーの企画・販売実績でNo.1を続けていることが弊社の強みです。また、JR東海とJTBの共同出資会社なので、多様な連携がとれることも強みのひとつになっています。

 弊社のパッケージツアーブランド「ぷらっと」のご利用人数は、東海道新幹線品川駅開業時(2003年度)には43万人でした。その後、旅行企画の充実とWEB通販の急増などによって、2015年度は約5倍の200万人超となる見込みです。また、外国人旅行取扱額は、英語の旅行予約サイト(新幹線ツアーダイレクト)強化や訪日旅行取扱会社との提携により、ボリュームは小さいものの前年比で約2倍になるなど、得意分野で高成長を続けています。

 *1:運輸機関(キャリア)系の旅行会社のこと 例えば、ジャルパックは、日本航空のキャリアエージェント

変化の激しい未来に対応できる多様な事業展開

 弊社は、JR東海の「そうだ 京都、行こう。」などの観光キャンペーンとタイアップして、鉄道沿線の観光開発に一貫して取り組んできました。その結果、京都・奈良・伊勢・飛騨高山など日本の伝統文化を代表する地域はもちろん、東京・大阪・名古屋など大都市の魅力発信にも成功して、「ぷらっと」は年間200万人のお客様にご利用いただけるブランドに育ちました。このような観光開発・旅行企画には、国内旅行企画部門が活躍しました。

 店舗(支店)は、大半が東海道新幹線のエキナカにあり、自社の「ぷらっと」を中心に他社の国内・海外旅行ブランド、オーダーメイドの手配旅行など幅広く取り扱っているほか、バーチャルとリアルの融合サービス拠点として、WEB予約した旅行クーポンのお渡しを行っています。また、自社店舗のない商圏をカバーするため提携販売(他の旅行会社に「ぷらっと」を販売していただくこと)を推進しているほか、法人・イベント需要(国内・海外)に対応するため、法人営業支店が活躍しています。
 弊社は首都圏、関西圏に店舗が少ないことが創業以来の課題でしたが、インターネットを活用してこの問題を解決しようと、鉄道旅行分野では他社に先駆けて「ぷらっと」のWEB通販を始めました。これが原動力となって「ぷらっと」は急成長を遂げ、通信販売部門は「ぷらっと」販売の6割を占めるまでに成長しました。

 弊社は、東海道新幹線を中心とした旅行企画と店舗営業・提携販売・通信販売・法人営業の各事業部門が緊密に連携し、個々のお客様に最もふさわしい旅行サービスを総合的に提供できるようになっています。社内に多様な事業を抱えていることは、環境変化の激しい未来において柔軟な対応を可能にすると同時に、もし弊社に就職されたなら、ご自分に適した職種(*2)がきっと見つかり、成長できるチャンスがあると思います。

 *2:経営企画、システム開発、総務人事、財務、営業企画など管理系の仕事(本社)もあります(最初の配属先とはなりません) 詳しくは会社組織図をご覧ください。

チャレンジが切り拓くJR東海ツアーズの未来

 旅行業界は競争が厳しく、弊社の得意とする新幹線旅行マーケットも例外ではありません。加えて、訪日旅行急増に伴う「ぷらっと」用の宿泊仕入在庫の不足問題も当面続くと考えられ、抜本的解決策が必要になっています。そのため、弊社では、「ぷらっと」の企画・仕入・販売・分析までを一気通貫で行なえるWEB中心の大規模なシステム開発を計画しています。このシステムを活用した商品企画とお得意様施策の強化などによって、経営理念の「最高の商品と最高のサービス」の実現にチャレンジし、変化の激しい未来の旅行マーケットで優位に立ちたいと考えています。

 一方、弊社固有の課題として、創業時から活躍しているJR東海からの出向社員(支店長クラス)が間もなく大量に定年退職を迎えるため、支店長資格を持つプロパー社員の育成が急務となっています。また、「常にお客様の立場に立って、主体的に考え行動する」という経営理念を全社に定着・体質化させるという課題もあります。そのため、これまでの教育・研修に加え、コーチングを活用した「変わる取組み」による組織風土・企業文化改革にチャレンジしています(社内の公式認定コーチは現在101名です)。

 そして、これらの取り組みをもとに、2020年(開業30周年)を最終年度とした中期ビジョンを策定し、大きな目標達成に向けて全社員が一致協力することで、未来を切り拓いていこうとしているのです。
 その目標とは、「お客様に第一選択され、高収益で働きがいのある旅行会社」を実現し、「日本一の旅行会社」になることです。これは、全職場で選ばれた経営理念推進リーダー(中堅社員40人)の意見をもとに決めました。

ぜひJR東海ツアーズにチャレンジを!

 弊社は、リーマンショック、東日本大震災など、これまで幾多の苦難に直面しました。しかし、その都度ピンチはチャンスと考えて、旺盛なチャレンジスピリットで試練を乗り越え、大きな成長を遂げてきました。今後においても、大きな目標を達成して理想の会社を創るためには一層のチャレンジが欠かせません。

 社員がJR東海ツアーズのこれまでの成長を創り出し、また未来を創っていくのですから、意欲のある人材が最も大切と考えています。そのため、旅行が好きで接客業務に向いているというだけでなく、チャレンジ精神にあふれ、困難な状況においても自ら考え行動できる人材を求めます。

 「旅行」は、お客様に喜んでいただいた上に、自分も満足を得られる最高の仕事だと思います。「旅行」を生涯の仕事にしたいとお考えの方、ぜひJR東海ツアーズに挑戦してください。ご一緒に仕事ができる日を楽しみにしております。

(文中の会社名等敬称略、2016年2月記述)


TOP