JR TOURS 私たちにしか創れない旅を探そう。 採用トップページ RECRUITING INFORMATION
会社概要 教育研修制度 よくあるご質問 新卒募集要項
社長メッセージ 事業紹介 仕事紹介 先輩社員の声 応募方法
先輩社員の声
仕入とは“仕掛ける”こと。仕掛ける発想が重要だ。
足を使って情報を稼ぐ
ホテルの客室在庫の確保や料金交渉などを行う仕入企画課において、私は東京地区の宿泊施設を担当しています。担当施設は約150と数の多い東京地区の担当ですから、会社の業績に直結する重要な仕事を担っているという自覚をもって業務に取り組んでいます。
部署の名称に「企画」とついていることからもうかがえるように、私たちの仕事は単に右から左へ客室を販売することではありません。大切なのは"企てる"こと、つまり付加価値のあるプランが生み出せるような仕掛けを提案しながら客室を仕入れることです。現在の部署に異動になって間もなく、未契約の施設も含めて情報収集に走り回ったら、夕暮れの海辺を電車で走る企画に行き当たりました。このプランを組み込んで商品化したところ、多くのお客様からお申し込みをいただくことができました。このように常に何か仕掛けられないかという視線で情報収集を行うことで、当社ならではの差別化に結びつくのです。
今当社は、受け身の販売ではなく"仕掛けの商売"へと組織風土の転換に取り組んでいます。"仕掛ける"発想は今後ますます重要になっていくことでしょう。
仕入の先にお客様の笑顔が見える
入社1年目、新横浜支店でのことです。およそ2ヵ月に一度、わざわざ私を指名してくださるリピーターのお客様がいらっしゃいました。新人の私は知識もなく、十分なご提案はできなかったと思うのですが、そのお客様は旅先からお土産を買ってきてくださったり、感想を聞かせてくださったりと、とてもよくしてくださいました。当時、上司からは「マイカスタマーをつくろう」と言われていたので、私にこうしたお客様がついたことは、とても嬉しかったです。
現在はお客様と直接お話しする機会はなくなりましたが、仕入業務の向こうにはそんなステキなお客様がたくさんいらっしゃることを思い浮かべながら、日々の業務に取り組んでいます。
もちろん仕入の業務においても、人とのコミュニケーションが重要であることに変わりはありません。時間の許す限り施設担当者のもとへ足を運び、情報収集に努めています。そこから生まれる人とのつながりは、やはりこの仕事の一番の魅力です。
私のキャリア

入社動機

  旅行が好きで、人のお世話をするのも好き。どうしても旅行会社に入りたくて、大学卒業後に専門学校に入学し、知識を学びました。数多い旅行会社から当社を選んだのは、コンセプトが「東海道新幹線を利用した旅」と明確だったからです。

2006年4月〜

新横浜支店 営業課
旅行相談やJR券即売業務を担当し、店頭業務の経験を積みました。お客様から「伊藤さんに相談してよかった」というお言葉をいただいたときの感激は、いまだに忘れることができません。

2007年6月〜

新横浜支店 団体旅行課
団体旅行のセールス、ツアー企画提案、手配業務、添乗業務、清算まで幅広く担当しました。なかなか目標を達成することができずに苦労したこともありましたが、自ら仕掛けていくことの大切さを学ぶことができました。

2009年4月〜

品川支店 営業課
  店頭業務の中で未経験であった電話販売や手配業務を担当しました。販売促進チームの一員として支店独自のキャンペーンを仕掛け、人気キャラクターを支店へ呼んだりもしました。また仕事以外においても、「品川支店マラソン部」を立ち上げ、現在でも年に数回はメンバーで各地のマラソン大会に出場しています。

2011年12月〜

国内旅行部 仕入企画課(現職)
  配属当時は「50+(フィフティ・プラス)」エスコート商品の仕入・手配業務や契約事務、横浜地区の宿泊施設担当をしていました。経験と共に仕事の幅も広がってきたと実感しています。

将来の夢

仕入れた材料を商品化する造成の仕事を担当したいと思います。特にリニア中央新幹線を利用した旅行商品には、ぜひ携わりたいです。
私のお気に入りの旅 COLUMN
妻と満喫した屋久島!
旅行好きなので時間があれば国内・海外と出かけています。中でも思い出深いのは、妻と行った屋久島旅行。徒歩で往復10時間かけて見た縄文杉はあまりに神秘的で感動しました。子どもが大きくなったら、家族で再訪したいと思います。
新卒採用 先輩社員の声
千葉支店 営業課
新大阪支店 営業課
法人営業静岡支店 営業課
東京支店 営業課
法人営業名古屋支店 営業課
国内旅行部 仕入企画課
桑名支店
京都支店 営業課
タワーズ支店 支店長
経営企画部
国内旅行部 旅行企画二課
静岡支店 営業課
pagetop
JR東海ツアーズ 会社トップへ COPYRIGHT(C) JR TOKAI TOURS INC. ALL RIGHTS RESERVED.