新富士支店

  • 冬旅申込み受付中学生旅行や受験生のお宿をお探ししますお気軽にお問い合わせください

新富士支店 スタッフのツアー体験記

京都おすすめホテル

2017.09.11
hp岩1
hp岩2
※当記事は公開開始時点での情報であり、現在の内容と異なる場合があります。
あらかじめ最新の情報をご確認のうえご利用ください。

ドイツ・旧東を求めて  ロマンチック街道だけじゃない!!~   

2017.06.27
昔、ドイツは西ドイツと東ドイツに分かれていました。覚えていらっしゃいますか?
ドイツは第二次世界大戦後、東西に分断されてしまいました。
首都であるベルリンを当時のソ連が東側を、それ以外をイギリス、フランス、アメリカが
占領することになりました。
東西で経済格差が出るようになり、多くの人が不満を抱くようになりました。
その為東側の人間が西側に移住を求めるようになり、人口の流出を阻止するために壁が作られました。
1961年8月13日の事です。
ですが、その壁も1989年11月9日に壊されました。
 
その状況をテレビで見て、衝撃を受けました。
いつかその場に立ってみたいと思い、今回はドイツの東側を訪れることにしました。
 
ベルリン(西ドイツ・東ドイツ)からポツダム(東ドイツ)へ
 
現在のベルリンの壁です。
 
無題11
 
無題12
 
現在は、アートギャラリー「イーストサイドギャラリー」として観光スポットとなっております。
 
無題13
 
壁を越えた西側の川、シュプレー川。この川を越えたら西ドイツ。
今はとても綺麗な観光スポットとなっておりますが、
その当時、この川を渡る事無く、自由を得ること無く、多くの命が奪われた場所でした。
 
 
ブランデンブルク門
無題14
 
この門は東ベルリン側にありました。
この門を見た瞬間、とある企業のテレビCMを思い出しました。かなり古いですね。
ベルリンの壁崩壊で真っ先に門前の壁が壊されました。統一後はドイツのシンボルとなっております。
 
ベルガモン博物館
古代ギリシャや古代ローマ、ヘレニズム、イスラムの文化に触れることが出来る博物館です。
無題15
 
無題16
 
無題17
 
 
ここは見応えあり!! ベルリンに訪れた際は、是非行っていただきたい場所です。
 
 
ベルリンを離れ、ポツダムへ
まずは、サンスーシ宮殿の公園へ。
 
無題18
時間が無く宮殿内は見学出来ませんでした。残念です。
 
無題19
宮殿の建物及び庭園は1990年、「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」の1つとして、
世界遺産(文化遺産)に登録されました。
 
 
ツェツィーリエンホーフ宮殿
無題20
 
最後のドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が跡継ぎの皇太子とその后の為に建てた館です。
1945年7月17日から8月2日かけて、アメリカ・イギリス・ソ連の首脳が集まって
ポツダム協定が策定され、ポツダム宣言が表明されました。
 
無題21
ポツダム会談が実際、この部屋で行なわれました。
 
歴史上、重要な場所に立ち、とても不思議な気持ちになりました。
 
 
 
その2へつづく・・・
※当記事は公開開始時点での情報であり、現在の内容と異なる場合があります。
あらかじめ最新の情報をご確認のうえご利用ください。

ドイツ・旧東を求めて  ~ロマンチック街道だけじゃない!!~   

2017.06.27
クヴェトリンブルク(旧東ドイツ)からゴスラー(旧西ドイツ)へ
 
アウトバーンを移動中、車窓からは風力発電の施設が多く見る事が出来ます。
 
 
無題
 
 
ベルリンから約4時間。着いた街はクヴェトリンブルク。
旧市街は1994年に世界遺産に登録されました。
 
無題2
 
この街は旧東ドイツに属していたこともあり、近代的な発展はしておらず、中世のヨーロッパを
味わう事が出来きます。
 
無題3
 
 
綺麗な木組みの家々を見る事が出来ます。
 
街の高台には聖セルヴァティウス教会があります。
 
無題4
なんともモダンな十字架が中央にあります。
 
 
無題5
 
 
ここも世界遺産に登録されております。
 
 
この日のお昼は、この時期旬なホワイトアスパラを食べました。
無題6
じゃがいも・生ハム・ホワイトアスパラ そしてホオズキが付いて13ユーロ。
ホオズキを初めて食べました。甘酸っぱくて美味しかったです。
 
 
昼食後クヴェトリンブルクを出発し、次の訪問地ゴスラーへ。
 
ここゴスラーの街も世界遺産に登録されています。
ゴスラーは国境付近にある街でした。(西側です)
無題7
 
ドイツの伝統的な木組みの民家が建ち並んでおります。
 
無題8
 
無題9
 
家が反っている。。。。
 
無題10
 
広場では、北欧から来たという若者たちが演奏をしておりました。
 
心地よい音色に後ろ髪を引かれつつ次の街、ベルニゲローデへ。
 
その3へつづく。。。。
※当記事は公開開始時点での情報であり、現在の内容と異なる場合があります。
あらかじめ最新の情報をご確認のうえご利用ください。

ドイツ・旧東を求めて  ~ロマンチック街道だけじゃない!!~ ③  

2017.06.27
 
ベルニゲローデ(旧東ドイツ)・アイゼナハ(旧東ドイツ)・ワイマール(旧東ドイツ)
 
ベルニゲローデの街にも木組みの家が建ち並んでおります。
このマルクト広場に建つ庁舎はこの街のランドマークとなっております。
ど1
 
ちなみに、この写真を撮った時間は夜の7時過ぎです。(5月20日) 明るいですね。
 
そして、このベルニゲローデではハルツ狭軌鉄道のSLを乗車。
 
ど2
 
ど3
かっこいいですね。
切符は懐かしい硬券です。
 
ど4
 
SL体験乗車も終わり、次の街、アイゼナハへ。
 
アイゼナハはバッハが生まれた街として知られ、ゲーテが大変気に入った街としても
知られております。
 
ど5
 
 
この街では市内南西部の高台にそびえ立つヴァルトブルク城を見学しました。
このお城は1999年12月、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
 
ど6
 
このお城の駐車場から、坂道を登ります。
健脚ではない方は、有料のバスがあるのでそちらをご利用下さい。
ど7
 
 
こちらは中庭です。
 
ど8
 
残念ですが、城内の写真撮影は禁止です。
中はとても素晴らしい展示物やモザイク画などを見る事が出来ます。
16世紀にはマルティン・ルターがこのお城に身を隠し、聖書をドイツ語に翻訳した場所として
有名です。
お城に辿り着くまで大変ですが、一見の価値ありです。
 
その後、ワイマールへ。
ワイマールはとても素敵な街です。
とても綺麗で、路の分岐点に標識があり、とても分かりやすく観光客に親切な街でした。
 
ど9
 
 
マルクト広場。
午前中はいろんなお店が出ていました。
ど10
 
今回訪れた曜日は月曜日。
なんと、ゲーテの住居やシラーの住居・博物館など有名な施設は殆どが月曜休みで、見る事が
出来ませんでした。
どこか見学出来る所はないかとガイドブックを見ていたら、「侯爵家の墓」は休みではないと
分かり、そこへ向かいました。
 
ど11
 
大きな公園のようになっております。
奥に進むと建物がありその中地下には、ゲーテとシラーの棺が並んで置かれておりました。
 
ど12
 
 
左側がゲーテ、隣がシラーの棺です。
ど13
 
 
1階はこんな感じです。
 
ど14
 
 
ワイマールは改めて近い将来に来たときに、今回見られなかった場所に訪れることにし、
最後の訪問地、ドレスデンへ。
 
その4につづく
※当記事は公開開始時点での情報であり、現在の内容と異なる場合があります。
あらかじめ最新の情報をご確認のうえご利用ください。

ドイツ・旧東を求めて  ~ロマンチック街道だけじゃない!!~ 

2017.06.27
ドレスデン(旧東ドイツ)
 
ここドレスデンは第二次世界大戦終盤の1945年2月13日から15日にかけて、
連合軍による無差別爆撃を受け、街の85%が破壊され、数多くの一般市民が
死亡しました。
壊滅状態のドレスデンでしたが、東西統一後、歴史的建築物の再建計画が推進され、
現在の姿に変わりました。
どいつ
 
エレベ川を挟んだ新市街から旧市街をパシャリ。
 
橋を渡り、旧市街へ。
旧市街の観光は徒歩で出来ます。
 
大聖堂。
教会の建物は第二次世界大戦の爆撃を乗り切ったのですが、
完全に焼損し爆撃の翌日に崩壊してしまいました。
現在この教会は再建されたものです。
どいつ2
 
 
君主の行列。
この壁画は戦災を免れました。
マイセン磁器のタイルを使用して制作されたものです。
どいつ3
 
フラウエン教会
1945年のドレスデン空襲で廃墟と化した教会ですが、再建を願う人々の寄付により、
2005年に再建されました。
どいつ4
 
教会の中です。
どいつ5
 
内部は美しい装飾を見る事ができ、見応えがありました。
必見です!!
 
ツヴィンガー宮殿の中から撮った中庭です。
どいつ6
宮殿の内部は博物館や美術館になっております。
特に、名画が揃っているマルテマイスター絵画館は見応えありです。
ラファエロやレンブラント、ルーベンス等が展示されておりました。
 
 
歩き疲れたので、エレベ川の遊覧を楽しみました。
どいつ7
 
お天気が良かったので、快適なクルーズを体験する事が出来ました。
どいつ8
 
川側から見るドレスデンの街も素敵です
 
最後に、ここはギネスブックに登録されている「世界一美しい乳製品のお店」です。
どいつ9
残念ながら、店内の撮影は禁止なので写真はありませんが、
一歩店内に入ると、壁から天井、棚、ケース台に至るまで、綺麗な色彩のタイルで
埋め尽くされております。
カフェもありますので、時間がある方は是非お茶でもどうぞ
 
 
今回、ドイツの東側を訪れて思ったのですが、今まで見てきた南側、北側と違い、
「戦争」を強く感じました。
ベルリンのガイドさんが言っておりました。
未だに、旧東ドイツで生活をしていた方達の中には、その当時の考え方を引きずっている人も
いるそうです。
もう何年も経っているはずなのに、まだ、苦しんでいる人達はいるのだと知り、
とても辛い気持ちになりました。
でも、現状を知ることができ、良い経験をしたと思います。
 
 
さて、来年はどこへ行こうか!!そろそろ計画を立てようと思います。
 
 
※当記事は公開開始時点での情報であり、現在の内容と異なる場合があります。
あらかじめ最新の情報をご確認のうえご利用ください。

基本情報

〒416-0939 静岡県富士市川成島640番地
 
≪営業時間≫
◆JR全線きっぷ売り場◆
月~土曜日 10:00~18:00
(休業日 日・祝日)
◆国内旅行・海外旅行相談◆
月~土曜日 10:00~18:00
(休業日 日・祝日)
【年末年始の営業について】
平成29年12月30日(土)から平成30年1月3日(水)の期間は、臨時休業いたします
平成30年1月4日(木)より通常営業
 
 
≪電話番号≫
0545-66-2525
【電話受付時間】
月~土曜日 10:00~17:00
(休業日 日・祝日)
●FAXでの旅行予約も受け付けております。
0545-66-2211
 
※ぷらっとこだまの電話予約は、
【ぷらっとこだまコールセンターで承ります】
0120 - 945 - 255
(IP電話:03-6865-5255
全日:10:00~18:00
※年中無休(年末年始を除く)
詳しくはこちら
 
FAX申し込み:こちらをご確認ください。
新富士支店地図
寒くなってきましたネ・・
私は毎年この時期になると、暖かくて広いお風呂に手足を伸ばしてゆっくり入りたい気分になります
皆さまはどうでしょうか
 
さて、今年も大人気商品が出ました
「冬こそ飛騨路」
まさに私の夢を満たしてくれる素晴らしい商品です
観光も出来るし、おいしい食事を食べ、手足を伸ばしてお風呂に入れる
そんな素敵な場所。飛騨へ行ってみませんか
私のおすすめは、往復グリーン車でひたすら贅沢に過ごすプランです。
詳しくは「お知らせ」をご覧ください
 
その他、国内旅行・海外旅行、お気軽にお問い合わせください!!