東京ガイドマップ

東京観光おすすめスポットなら東京ガイドマップ

東京おもちゃ美術館

東京おもちゃ美術館
東京おもちゃ美術館
「世界のおもちゃと友達になろう」というスローガンのもと、
1984年の東京・中野に開館したおもちゃ美術館は、
“見る・作る・遊ぶ”という3つの機能をそなえた美術館として、
23年間広く愛されてきました。

そして、伝統ある四谷第四小学校の建物を受け継ぎ、
現在の「東京おもちゃ美術館」になった今もそのコンセプトは変わらず、
NPO法人が運営するミュージアムとして、
280名のボランティアスタッフ「おもちゃ学芸員」の支援のもと、
所蔵する数万点のおもちゃを皆様に紹介。
未来を担う子どもたちに健全な「おもちゃ遊び」の場を提供しています。


施設概要
名称 東京おもちゃ美術館
所在地 東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内
◆東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅2番出口
開館時間 10:00〜16:00 (入館は15:30までとなります)
入場料
こども(6ヶ月〜小学生)
500円
おとな(中学生以上)
800円
おとなこどもペア券
1,200円
休館日 毎週木曜日
 *特別休館日(2月・9月の年2回)/年末年始など。日程はHPにてご確認下さい。
お問い合わせ 03-5367-9601
URL http://goodtoy.org/ttm/ (外部サイトへリンク)
 
東京おもちゃ美術館
木のおもちゃ・手作り・貴重なもの・日本の伝統的なもの・世界のもの。
2階にある受付を抜けた先には、たくさんのおもちゃが待っています。
フロアごとに色々なテーマで集められ、手に取って、遊ぶのはもちろんのこと、観たり、学んだりすることもできます。
こどもも、おとなも。どんな年代の人も、さまざまに楽しむことができる、懐かしくも新しい空間です。
赤ちゃん木育広場 1F 赤ちゃん木育広場

ここは赤ちゃん(0〜2歳までのお子様)と
その保護者の方の専用のお部屋です。
暖かみのある杉の床材、木のおもちゃいっぱいの部屋で、
赤ちゃんも大人も、ゆっくり過ごしてリフレッシュできる空間。
木の形や肌触り、色、模様、匂いなどを体感して
その感覚を存分に味わってください。

赤ちゃん木育ひろばの象徴とも言える「ミニスギコダマ」は、
木を削って作られた、不思議な形の積み木のようなもの。
ひとつひとつ手作業で削りだされ、磨き上げられることで、
唯一無二のツルツルした肌触りが生まれます。
シンプルなデザインのミニスギコダマは、
子どもが自分の好きなものに見立てて、
自由に遊ぶことができます。
この広場では、おもちゃをはじめ、床や壁、ベンチにも
九州や多摩など10の地域の杉材が使われています。


2F ギャラリーショップApty
   グッド・トイてんじしつ/きかくてんじしつ
   おもちゃのもり


受付を抜けた先に、まず最初は「ギャラリーショップApty」
オリジナルをはじめとする、こども文化を提案するグッズが
揃っています。


その先には、「グッド・トイてんじしつ」があります。
毎年、たくさんのおもちゃが発売され、
その後すぐに消えていくものも少なくない中、
グッド・トイ選定制度は、市販されたおもちゃの中から
優良なものを選ぶ指針となるよう、1985年にスタートしました。
毎年約 35点ほどのおもちゃが選定されますが、
ここでは、過去に選定されたものをはじめ、
本年度選定されたグッド・トイが並んでいます。
センターテーブルでは、
実際におもちゃで遊ぶ事ができます。


「きかくてんじしつ」では、テーマに沿った展示を
年に2〜3回、行っています。
これまでにアジア展やロシア展、私のシュタイフ展など、
様々な展示を行ってきました。
手にとって遊べるおもちゃの多い美術館内において、
基本的には見て楽しむことを目的とした
もっとも「美術館らしい」部屋です。


「おもちゃのもり」には、
日本各地の職人さんが作った木のおもちゃが勢ぞろい。
“たくみのこや”や“播州そろばん”、“どーるはうす”や”木の砂場”、
また、2013年のリニューアルで追加された、
もりのどうぶつみきマグネット版、どんぐり池などのスペースなど、
思い切り遊べます。

床は総ひのき。壁は音楽室当時のままで、
鳥かごのイメージのセンターハウスは
杉の木を使った格子で作られており、
2階部分は照明を外から当てているので、
木漏れ日の中にいる様な感覚が味わえます。
ギャラリーショップApty
ギャラリーショップApty
きかくてんじしつ
きかくてんじしつ
おもちゃのもり
おもちゃのもり


おもちゃのまち あか
おもちゃのまち あか




ゲームのへや
ゲームのへや
3F おもちゃのまち
   ゲームのへや/おもちゃこうぼう


「おもちゃのまち」では、世界各国のおもちゃと
日本の伝統的なおもちゃに触れることができます。

「おもちゃのまち きいろ」では、“ごっこ遊び”のできる
ごっこハウス、ごっこショップ、ごっこファームの
「ごっこ3部作」、世界各国の楽器や、クーゲルバーン、
科学おもちゃを紹介するカウンターがあるなど、
国際色豊かな遊びのお部屋です。

「おもちゃのまち あか」は、
昔の子供がよく遊んでいた路地裏をイメージ。
日本の伝統的なおもちゃを観たり、遊ぶことができます。
コマを回したり、い草では投扇興・わらべうた、
お茶室(四谷庵)では小さなお茶会を行うなど、
多数のおもちゃ学芸員のイベントほか、
昔から伝わるさまざまな文化のイベントも開催しています。


「ゲームのへや」では、
世界各国のボードゲームや、テーブルサッカーを
楽しむことができます。
定期的に、オセロの名人や将棋の女流棋士、
テーブルサッカー日本代表などを
インストラクターとしたイベントを行います。
ボードゲームは、幼児から大人まで楽しめる
幅広いラインナップが揃っています。

棚には世界各国から集められたボードゲームが並びます。
初級、中級、上級と分類されていて、
年齢によって難易度を選択することも可能です。
ボードゲームやカードゲームのグッド・トイは、
グッド・トイてんじしつではなく、このお部屋で遊ぶ事ができます。


「おもちゃこうぼう」では、
紙コップや牛乳パックなど簡単に手に入る材料で作れる
おもちゃを、親子で、みんなで一緒に作ることができます。

おもちゃ美術館のおもちゃは、全て持ち帰ることは
でききませんが、ここの工房で作ったものは、
お持ち帰りできるのです。
入り口近くの棚に並ぶ、全国のおもちゃコンサルタントが
考えた作品は、実際に手に取って遊ぶことができます。

1ヶ月ごとに変更する「まいにちメニュー」に加え、
不定期開催の「おもちゃコンサルタントによるTOY工房(要材料費)」も
行なわれています。


東京おもちゃ美術館 周辺のホテルから探すツアー
ホテルウィングインターナショナルプレミアム東京四谷
ホテルウィングインターナショナルプレミアム東京四谷

【静岡発】 【中部発】 【関西発】
ホテルリステル新宿
ホテルリステル新宿

【静岡発】 【中部発】 【関西発】
特集"遊ぶ"一覧

掲載日:2015/09/01



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。

※本サイトに掲載の画像は全てイメージです。


ラインナップ

▲このページのTOPへ

JR東海ツアーズでは、京都旅行をはじめ新幹線を利用したお得なツアーを多数お取り扱いしています。当サイトでは、おすすめ情報や売れ筋ランキングなどの各種最新情報をご紹介。新幹線を利用したお得なツアーの検索、お申し込みもお受けしております。


京都 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ