東京ガイドマップ

東京観光おすすめスポットなら東京ガイドマップ

モネ風景をみる眼

モネの眼を、あなたの眼で。
日本の二大モネ・コレクション、夢の共演。

「モネは眼にすぎない、しかし何と素晴らしき眼なのか」

セザンヌのこの言葉は、生涯、戸外の光の表現を追求し続けた画家・モネに最もふさわしい賛辞ではないでしょうか。
しかし、彼の眼は、自然の風景から受け取る感覚的で瞬間的な印象を捉えていただけではありません。
モネは後年、自らの記憶のなかで純化された、画家の内なるヴィジョンともいうべき、喚起力に満ちた風景を描いていきます。
また、彼の絵画には、従来の遠近法とは異なる空間の表現が展開されているのです。

印象派を代表する画家・モネについては、光と色彩、筆触分割、あるいは近代都市の主題といった観点から、何度も取り上げられてきました。
国内有数のモネ・コレクションを誇る国立西洋美術館とポーラ美術館の共同企画である本展覧会では、絵画空間の構成というこれまでとは違う観点から、他の作家の作品との比較を通して、風景に注がれたモネの「眼」の軌跡を辿ります。

展示会概要
名称

国立西洋美術館×ポーラ美術館
『モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新』

会場
国立西洋美術館(東京・上野公園)
〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7

◆JR「上野駅」下車、公園口から徒歩1分
◆京成電鉄「京成上野駅」下車、徒歩7分
◆東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」下車、徒歩8分
※駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮ください
日程
2013年12月7日(土)〜2014年3月9日(日)
開館時間
9:30〜17:30(金曜日は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日(ただし、2013年12月23日、2014年1月13日は開館、翌火曜日は休館)
2013年12月28日(土)〜2014年1月1日(水)
※開催日時は変更となる場合があります、詳細は公式HPをご覧ください
観覧料金(税込)
◆一般・・・・・1,400円
◆大学生・・・1,200円
◆高校生・・・・ 700円
※中学生以下は無料
※チケット販売・・・国立西洋美術館、公式オンラインチケット、イープラス、ローソンチケット【Lコード:34974】、
チケットぴあ【Pコード:765-871】、セブン−イレブンチケット【セブンコード:025-689】、JTB支店・JTB総合提携店、
JR上野駅公園口改札内「エキュート上野チケットショップ」、西武鉄道内店舗(一般券のみ)、上野公園案内所(公園口)など、各プレイガイド

※詳細は公式HPをご覧ください
主催
国立西洋美術館/公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館/TBS/読売新聞社
公式HP
http://www.tbs.co.jp/monet-ten/ (外部サイトへリンク)
お問い合わせ
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
作品紹介
 
本展覧会は、先にポーラ美術館、2013年12月7日(土)〜2014年3月9日(日)の本期間は国立西洋美術館で開催され、同じ内容を2館で展示するのではなく、各館の特徴をそれぞれに活かした独自の展示構成となっています。
国立西洋美術館では、モネとその作品をめぐる時代背景や、文化的人脈のより広い理解につなげることを目指した多角的な展示を試みており、初期から晩年までの両館のモネ作品全36点を中心に、マネからピカソまで、2つの美術館が誇る近代絵画の秀作や、モネと関係性の深い版画作品、彫刻、出版物などを参考作品、関連資料として併せて紹介しています。
全5セクション、総数約100点の展示作品を通して、モネが描き出す絵画空間の独創性を立体的に浮かび上がらせ、近代風景画に革新をもたらした画家・モネの「眼」の深化の秘密を解き明かします。

 
印象派を代表する風景画家・モネ。
その眼は風景をどのように捉え、カンヴァスの上にはどのような絵画空間が生まれていったのか。
そしてその長い画業のなかで、彼の眼はどのように深化したのか――。

 

並べて見たい、夢の共演!

モネ≪グランド・ジャット島≫ と セザンヌ≪ポントワーズの橋と堰≫

モネ≪グランド・ジャット島≫
セザンヌ≪ポントワーズの橋と堰≫

左:クロード・モネ ≪グランド・ジャット島≫ 1878年 油彩/カンヴァス ポーラ美術館
右:ポール・セザンヌ ≪ポントワーズの橋と堰≫ 1881年 油彩/カンヴァス 国立西洋美術館


 

モネ ≪ジヴェルニーの積みわら≫ と ≪積みわら≫

モネ ≪ジヴェルニーの積みわら≫
モネ ≪積みわら≫

左:クロード・モネ ≪ジヴェルニーの積みわら≫ 1884年 油彩/カンヴァス ポーラ美術館
右:クロード・モネ ≪積みわら≫ 1890〜1891年 木炭/紙 国立西洋美術館


 

モネ ≪バラ色のボート≫ と ≪舟遊び≫

モネ ≪バラ色のボート≫
モネ ≪舟遊び≫

左:クロード・モネ ≪バラ色のボート≫ 1890年 油彩/カンヴァス ポーラ美術館
右:クロード・モネ ≪舟遊び≫ 1887年 油彩/カンヴァス 国立西洋美術館 松方コレクション


モネ展 風景をみる眼 周辺のホテルから探すツアー
カンデオホテルズ上野公園
カンデオホテルズ上野公園

【静岡発】 【中部発】 【関西発】
三井ガーデンホテル上野
三井ガーデンホテル上野

【静岡発】 【中部発】 【関西発】
特集"観る"一覧

ダイハツ オーヴォ

モネ風景をみる眼

国内有数のモネ・コレクションを誇る国立西洋美術館とポーラ美術館の共同企画である本展覧会では、絵画空間の構成というこれまでとは違う観点から、他の作家の作品との比較を通して、風景に注がれたモネの「眼」の軌跡を辿ります。
掲載日:2014/02/01

ダイハツ オーヴォ

ダイハツ オーヴォ

数々の名作を日本にお届けしてきたシルク・ ドゥ・ソレイユ。その次なる作品「オーヴォ」の日本公演が、今年(2014年)、東京・お台場でついに開幕します!
掲載日:2014/01/01

ナンジャタウン

ナンジャタウン

東京・池袋にある屋内型テーマパーク『ナンジャタウン』が、今年(2013年)7月にリニューアルオープンしました!
掲載日:2013/12/01

ミュージカル「ウィキッド」

ミュージカル「ウィキッド」

二人の少女の友情と成長の物語『ウィキッド』。さあ、魔法の国の扉を開いてオズの世界へ旅立ちましょう!
掲載日:2013/11/01

リトルマーメイド

リトルマーメイド

劇団四季とディズニーが贈る新次元ミュージカル、それが最新作『リトルマーメイド』。 劇団四季が創立60周年という節目の年に、総力を挙げてお届けする超大作エンターテインメントです。
掲載日:2013/08/01

花火大会特集2013

花火大会特集2013

夏といえば、やっぱり花火大会!次々と花火大会が競って開催される、東京三大花火大会2013をご紹介します!
掲載日:2013/07/01

KITTE

KITTE

JR東京駅・丸の内南口から徒歩1分。日本郵便が初めて手がける商業施設「KITTE(キッテ)」が、3月21日オープン!復元された東京駅丸の内駅舎、リニューアルした大丸東京店に続き、東京・丸の内にまた新しい名所が誕生です。
掲載日:2013/06/01

浅草

浅草

東京に来たら、一度は訪れてみたい街・浅草下町情緒あふれる浅草の、二大風物詩をご紹介します。今年は三社祭で、ほおずき市で、浅草の夏の訪れを満喫してみてはいかがでしょうか。
掲載日:2013/05/01

東京お花見の名所

東京お花見の名所

皆さん、今年のお花見はどこで楽しまれますか? 都内でお花見を楽しんで、新年度のスタートを切りませんか? 東京都内の桜の名所をご紹介します。
掲載日:2013/03/01

歌舞伎座

歌舞伎座

開場125年目にあたる平成25年4月、歌舞伎座が新開場します。歌舞伎座は、明治22年、木挽町の地に誕生して以来、歌舞伎の殿堂として、 明治、大正、昭和、平成にわたって人々を魅了してきました。その間には幾度もの災禍を乗り越え、復興を果たしています。 いよいよ第五期となる歌舞伎座が、その歴史を刻みはじめます。
掲載日:2013/02/01
ガンダムフロント東京
ガンダムフロント東京

ダイバーシティ東京プラザ7階、ガンダムシリーズの最先端エンターテインメント・スペース「ガンダムフロント東京」 よりガンダムを身近に「体感」できるエンターテインメント空間が誕生しました。
掲載日:2012/11/01
ライオンキング
ライオンキング

『ライオンキング』は、子ライオン シンバの成長物語。生まれた運命を受け入れ、やがて立派な王となるまでの道のりを描きます
掲載日:2012/10/01

掲載日:2014/03/01



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。


ラインナップ

▲このページのTOPへ

JR東海ツアーズでは、京都旅行をはじめ新幹線を利用したお得なツアーを多数お取り扱いしています。当サイトでは、おすすめ情報や売れ筋ランキングなどの各種最新情報をご紹介。新幹線を利用したお得なツアーの検索、お申し込みもお受けしております。


京都 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ