東京ガイドマップ

東京観光おすすめスポットなら東京ガイドマップ

アンディ・ウォーホル展
ミスター・ポップ・アート、国内史上最大の回顧展
森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)では、2014年2月1日(土)〜5月6日(火・休)まで、開館10周年記念展として、 『アンディ・ウォーホル展:永遠の15分』を開催しています。

本展は、消費社会と大衆文化の時代を背景に活躍した、ポップ・アートの旗手、アンディ・ウォーホルの、初期から晩年までの作品と資料約700点を包括的に紹介する、日本では過去最大級の回顧展となっています。
ウォーホルの代名詞ともいえる「キャンベル・スープ」など日用品を主題にしたシリーズや、「スターの肖像」シリーズなど、 シルクスクリーンで大量に複製できる絵画は、美術界に大きな衝撃を与えました。
20世紀アメリカの世相を体現したかのようなウォーホルの名作の数々。
日本初公開の作品も数多く展示されるこの機会を、ぜひお見逃しなく!
 

アンディ・ウォーホル《キャンベル・スープT:チキン・ヌードル》 1968年
紙にスクリーンプリント 88.9 x 58.7 cm
アンディ・ウォーホル美術館蔵
c 2014 The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / ARS, New York

アンディー・ウォーホルとは
アンディ・ウォーホル(1928-1987年)は、1928年8月6日、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグで、東欧系移民一家の移民の三男として誕生しました。
カーネギー工科大学を卒業後、商業デザイナー、画家、音楽プロデューサー、写真家、映画制作者、そして社交家と多面的な顔をもち、あらゆるメディアとジャンルを超えたマルチクリエーターとして活躍。
また、トレードマークの銀色のカツラと黒いサングラスの奇抜な風貌で、当時の社交界のスターとなり、日本でも大きな人気を博しました。
20世紀後半を代表するアーティストとして、その影響は現在、そして今後も永遠に続いていくと言えるでしょう。

アンディ・ウォーホル《自画像》 1986年
麻にアクリル、シルクスクリーン・インク 203.2 x 193 cm
アンディ・ウォーホル美術館蔵
c 2014 The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / ARS, New York

 
将来、誰でも15分は世界的な有名人になれるだろう。―アンディ・ウォーホル
開催概要
タイトル

森美術館10周年記念展『アンディ・ウォーホル展:永遠の15分』

会期

2014年2月1日(土)〜5月6日(火・休)

会場
森美術館(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階)
◆東京メトロ日比谷線「六本木駅」より徒歩0分(コンコースにて直結)
◆都営地下鉄大江戸線「六本木駅」より徒歩4分
◆都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」より徒歩5分
◆JR渋谷駅より都営01系統およびRH01系統バス(渋谷〜六本木ヒルズ)にて「六本木ヒルズ」「六本木ヒルズけやき坂」下車
◆JR品川、五反田駅より都営反96系統六本木循環バス(品川・五反田駅前〜六本木ヒルズ)にて「六本木ヒルズ」「六本木ヒルズけやき坂」下車
開館時間
10:00〜22:00(火曜日のみ17:00まで)
※会期中無休
※ただし2月11日(火・祝)、4月29日(火・祝)、5月6日(火・休)は22:00まで
※4月19日(土)は「六本木アートナイト2014」開催に伴い翌朝6:00まで
※入館は閉館時間の30分前まで
入館料(税込)
◆一般 ・・・・・・・・・・・・・・ 1,500円
◆学生(高校・大学生)・・・1,000円
◆子供(4歳〜中学生)・・・・ 500円
※本展のチケットで、同時開催の「MAMプロジェクト020:ガブリエル・アセべド・べラルデ」展にも入館可
※展望台 東京シティビュー、森アーツセンターギャラリーおよびスカイデッキへの入館は別途料金がかかります(会場のみでセット券も販売中)
※チケット販売・・・森美術館(当日券のみ)、公式オンラインチケット(PRINT@HOME)、チケットぴあ【Pコード:765-922】、
ローソンチケット【Lコード:33220】、イープラス、セブンチケット【セブンコード:026-449】、JTBなど、各プレイガイド

※詳細は公式HPをご覧下さい
主催
アンディ・ウォーホル美術館/森美術館
公式HP
http://www.mori.art.museum/ (外部サイトへリンク)
お問い合わせ
03-5777-8600(ハローダイヤル)
アンディ・ウォーホル展の見どころ
1日本で開催されるウォーホル展では、作品点数過去最大!日本初公開の大型作品も展示!
日本では約20年ぶりの大回顧展となる本展では、アンディ・ウォーホル美術館(米国、ピッツバーグ)の膨大な所蔵品から、絵画、シルクスクリーン、ドローイング、フィルム、彫刻、写真などの作品約400点を展示。
さらに「タイム・カプセル」と称した箱に収められた、ウォーホルの私的な書簡、雑誌や新聞の切り抜き、写真などの中から、日本に関する資料を含む約300点が一挙に公開されています。
ウォーホルをあまり知らないアナタも、ウォーホル通のアナタも必見です!

2伝説の「シルバー・ファクトリー」を体験型空間として再現!
「スターの肖像」シリーズなど、ウォーホルの名作が生まれたほか、当時のアンダーグラウンド・カルチャー・シーンの拠点としても重要であったニューヨークのスタジオ、通称「ファクトリー」。
中でも東47丁目231番地のスタジオは、内部が銀色のアルミホイルで装飾されていたため、「シルバー・ファクトリー」と呼ばれました。
本展では、この「シルバー・ファクトリー」を、ほぼ原寸大で再現。
実験性に溢れハプニングに満ちた、ウォーホルの「日常」を感じることができる空間となっています。

3映像作品約25点を、迫力ある展示空間で上映!
ウォーホルは1963年から、数多くの実験的映像作品を制作しました。
本展では、代表作「エンパイア」をはじめ、日本未公開作品を含むこれらの映像作品25点を、17面のスクリーンを使ったダイナミックな展示方法で上映しています。

「タイム・カプセル」から、日本に関する資料を本邦初公開!
本展では、「タイム・カプセル」と称した箱に集積された、ウォーホルの私的所有品も展示。
とりわけ1974年のウォーホルの来日を機に収集された、日本に関する品々に焦点を当て、展示されています。

 

アンディ・ウォーホル《牛の壁紙(黄色にピンク)》 1966年 (再プリント1994年)
壁紙にスクリーンプリント サイズ可変
アンディ・ウォーホル美術館蔵
c 2014 The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / ARS, New York

アンディ・ウォーホル《$ (9)》 1982年
レノックス・ミュージアム・ボードにスクリーンプリント 101.6 x 81.3 cm
アンディ・ウォーホル美術館蔵
c 2014 The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

アンディ・ウォーホル《マリリン・モンロー(マリリン)》 1967年
紙にスクリーンプリント 91.4 x 91.4 cm
アンディ・ウォーホル美術館蔵
c 2014 The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York Marilyn Monroe?; Rights of Publicity and Persona Rights: The Estate of Marilyn Monroe,
LLC marilynmonroe.com

アンディ・ウォーホル展周辺のホテルから探すツアー
グランドハイアット東京
グランドハイアット東京

【静岡発】 【中部発】 【関西発】
特集"観る"一覧

アンディ・ウォーホル展

アンディ・ウォーホル展

森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)では、2014年2月1日(土)〜5月6日(火・休)まで、開館10周年記念展として、 『アンディ・ウォーホル展:永遠の15分』を開催しています。
掲載日:2014/03/01

モネ風景をみる目

モネ風景をみる眼

国内有数のモネ・コレクションを誇る国立西洋美術館とポーラ美術館の共同企画である本展覧会では、絵画空間の構成というこれまでとは違う観点から、他の作家の作品との比較を通して、風景に注がれたモネの「眼」の軌跡を辿ります。
掲載日:2014/02/01

ダイハツ オーヴォ

ダイハツ オーヴォ

数々の名作を日本にお届けしてきたシルク・ ドゥ・ソレイユ。その次なる作品「オーヴォ」の日本公演が、今年(2014年)、東京・お台場でついに開幕します!
掲載日:2014/01/01

ナンジャタウン

ナンジャタウン

東京・池袋にある屋内型テーマパーク『ナンジャタウン』が、今年(2013年)7月にリニューアルオープンしました!
掲載日:2013/12/01

ミュージカル「ウィキッド」

ミュージカル「ウィキッド」

二人の少女の友情と成長の物語『ウィキッド』。さあ、魔法の国の扉を開いてオズの世界へ旅立ちましょう!
掲載日:2013/11/01

リトルマーメイド

リトルマーメイド

劇団四季とディズニーが贈る新次元ミュージカル、それが最新作『リトルマーメイド』。 劇団四季が創立60周年という節目の年に、総力を挙げてお届けする超大作エンターテインメントです。
掲載日:2013/08/01

花火大会特集2013

花火大会特集2013

夏といえば、やっぱり花火大会!次々と花火大会が競って開催される、東京三大花火大会2013をご紹介します!
掲載日:2013/07/01

KITTE

KITTE

JR東京駅・丸の内南口から徒歩1分。日本郵便が初めて手がける商業施設「KITTE(キッテ)」が、3月21日オープン!復元された東京駅丸の内駅舎、リニューアルした大丸東京店に続き、東京・丸の内にまた新しい名所が誕生です。
掲載日:2013/06/01

浅草

浅草

東京に来たら、一度は訪れてみたい街・浅草下町情緒あふれる浅草の、二大風物詩をご紹介します。今年は三社祭で、ほおずき市で、浅草の夏の訪れを満喫してみてはいかがでしょうか。
掲載日:2013/05/01

東京お花見の名所

東京お花見の名所

皆さん、今年のお花見はどこで楽しまれますか? 都内でお花見を楽しんで、新年度のスタートを切りませんか? 東京都内の桜の名所をご紹介します。
掲載日:2013/03/01

歌舞伎座

歌舞伎座

開場125年目にあたる平成25年4月、歌舞伎座が新開場します。歌舞伎座は、明治22年、木挽町の地に誕生して以来、歌舞伎の殿堂として、 明治、大正、昭和、平成にわたって人々を魅了してきました。その間には幾度もの災禍を乗り越え、復興を果たしています。 いよいよ第五期となる歌舞伎座が、その歴史を刻みはじめます。
掲載日:2013/02/01
ガンダムフロント東京
ガンダムフロント東京

ダイバーシティ東京プラザ7階、ガンダムシリーズの最先端エンターテインメント・スペース「ガンダムフロント東京」 よりガンダムを身近に「体感」できるエンターテインメント空間が誕生しました。
掲載日:2012/11/01
ライオンキング
ライオンキング

『ライオンキング』は、子ライオン シンバの成長物語。生まれた運命を受け入れ、やがて立派な王となるまでの道のりを描きます
掲載日:2012/10/01

掲載日:2014/03/01



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。


ラインナップ

▲このページのTOPへ

JR東海ツアーズでは、京都旅行をはじめ新幹線を利用したお得なツアーを多数お取り扱いしています。当サイトでは、おすすめ情報や売れ筋ランキングなどの各種最新情報をご紹介。新幹線を利用したお得なツアーの検索、お申し込みもお受けしております。


京都 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ