東京ガイドマップ

東京観光おすすめスポットなら東京ガイドマップ

冨嶽三十六景


このすみだの地で、生涯多くの時を過ごした浮世絵師・葛飾北斎。
北斎の作品を収集、そして情報を発信する新たな美術館が誕生。

浮世絵師・葛飾北斎は現在の墨田区に生まれ、
およそ90年にも及ぶ長い生涯のうち、90回以上も引越しをしたといわれますが、
そのほとんどを「すみだ」で過ごしながら、多くの名作を残しました。

作品の中には、両国橋や三囲神社、牛嶋神社など、
当時の「すみだ」の景色を描いたものが数多くあります。

葛飾北斎の「葛飾」は、出生地である「すみだ」を含む地域が、
武蔵国葛飾郡であったことから名乗ったといわれており、
生涯、「すみだ」との所縁が深かったのです。

そんな北斎の作品を多数収集・展示する美術館「すみだ北斎美術館」が
この地に開館することとなりました。

収集、展示、調査、情報の発信と、葛飾北斎の軌跡や魅力を、
この美術館ですみずみまで、観て、体感して下さい。
すみだ北斎美術館 外観
すみだ北斎美術館 外観 


主な事業
すみだ北斎美術館では、様々な事業を展開し、いつまでも魅力にあふれ、地域の皆さんを始め世界中の方々に愛され続ける施設づくりに取り組んでいきます。
◆収集保存事業
状態が良く質の高い作品を継続的に収集します。
収集した資料は、素材の特質に応じて常に良好な環境で保存し、
また、修復が必要な資料については、適切に対応し、次世代へと継承します。

◆展示事業
常設展では、北斎の生涯に沿ってその人物像や作品、
「すみだ」との関わりなどを紹介します。
また、多彩なテーマの企画展を開催します。

◆情報提供事業
北斎や浮世絵に関する書籍などを収集・分類し、
館内の図書室で公開するとともに、資料についての相談に応じる
レファレンスサービスも行います。
また、ホームページなどを通じて、展示や資料について紹介したり、
図書室の蔵書を検索できるようにしたりするなど、
館外へも積極的に情報を発信します。

◆教育普及事業
「北斎」や「江戸時代のすみだ」をキーワードとした講座や、
子ども向けのワークショップを開催するなど、
文化・創造活動の機会を創出します。
また、郷土の偉大な芸術家である北斎の作品レプリカを
学校に貸し出すなど、教育活動も支援します。

◆調査研究事業
北斎及び門人の作品や、北斎と「すみだ」との
関わりなどについての調査研究を行います。
その調査研究をもとに北斎に関わるデータベースを作成し、
美術館の活動全般に活用します。
さらに、その研究成果は、企画展やシンポジウムの開催、出版活動を通じて
広く発信するとともに、わかりやすく区民に伝えていきます。


北斎漫画
『北斎漫画』初編 所蔵:すみだ北斎美術館 

施設概要
名称 すみだ北斎美術館
オープン日 平成28年11月22日(火)
所在地 東京都墨田区亀沢2-7-2
◆「両国」駅…都営地下鉄大江戸線 A3出口より徒歩5分
…JR総武線 東口より徒歩9分
入館料(常設展)
一般
400円
高校生・大学生
300円
65歳以上
300円
開館時間 9:30 〜 17:30 (入館は閉館の30分前までとなります)
休館日 月曜日(月曜日が祝日、または振替休日の場合はその翌平日となります)、年末年始
お問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
公式URL http://hokusai-museum.jp/(外部サイトへリンク)

すみだ北斎美術館 周辺のホテルから探すツアー
特集"観る"一覧

掲載日:2016/10/27



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。

※本サイトに掲載の画像は全てイメージです。


ラインナップ

▲このページのTOPへ

JR東海ツアーズでは、京都旅行をはじめ新幹線を利用したお得なツアーを多数お取り扱いしています。当サイトでは、おすすめ情報や売れ筋ランキングなどの各種最新情報をご紹介。新幹線を利用したお得なツアーの検索、お申し込みもお受けしております。


京都 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ