観光情報

検索結果
191

“レジャー・観光”“観光スポット”“旧家”で検索しました。

旧堀田邸 (キュウホッタテイ)

旧堀田邸
  • <佐倉市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 佐倉藩最後の藩主、堀田正倫の旧邸宅・庭園
  • 佐倉藩最後の藩主、堀田正倫の旧邸宅と、自然をいかした見事な庭園。邸宅は明治期の上級和風住宅。平成18年に建物が国の重要文化財に指定され、平成27年に庭園が国の名勝に指定された。
  • [別名]旧堀田邸 佐倉

武家屋敷跡野村家 (ブケヤシキアトノムラケ)

武家屋敷跡野村家
  • <金沢市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 加賀藩の武家文化の奥深さを実感できる
  • 加賀藩の重臣野村伝兵衛信貞の屋敷跡を公開。現在の建物は大聖寺の豪商久保彦兵衛邸を移築したもので、総檜の格天井やギヤマン入りの障子戸、加賀藩のお抱え絵師による襖絵などがある。
  • [別名]金沢武家屋敷野村家

本家上時国家 (ホンケカミトキクニケ)

本家上時国家
  • <輪島市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 築180年以上の旧家
  • 平時忠の血を引く21代当主が天保2(1831)年に建てた入母屋茅葺き、最大級の近世木造民家。総欅の玄関や書院造りの大納言の間などがある大庄屋屋敷は国指定重要文化財。
  • [別名]上時国家, 能登上時国家

喜多記念館(重要文化財喜多家住宅) (キタキネンカンジュウヨウブンカザイキタケジュウタク)

喜多記念館(重要文化財喜多家住宅)
  • <野々市市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 元禄時代より代々種油屋を営んだ商家の典型的な加賀の町家建築
  • 元禄時代より代々、種油屋や造り酒屋を営んだ商家。べんがら格子、雪除けの土縁など、典型的な加賀の町家建築。囲炉裏の灰模様も独特で、国の重要文化財に指定されている。
  • [別名]喜多家住宅, 喜多記念館

武家屋敷旧内山家 (ブケヤシキキュウウチヤマケ)

武家屋敷旧内山家
  • <大野市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 藩政改革に尽力した家老の屋敷を復元
  • 幕末大野藩の藩政改革に力を尽くした家老・内山七郎右衛門良休と弟・隆佐良隆の屋敷を復元。4~10月の土・日曜、祝日(13:00~15:00)は庭園を眺めながら抹茶が楽しめる。
  • [別名]大野市武家屋敷旧内山家

北前船主の館 右近家 (キタマエセンシュノヤカタウコンケ)

  • <南越前町> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 北前船の宝にびっくり
  • 北前船で栄えた右近家。重厚な本屋敷などをめぐると、隆盛を極めた当時の様子をうかがい知ることができる。
  • [別名]北前船右近家

歴史公園信州高山一茶ゆかりの里 一茶館 (レキシコウエンシンシュウタカヤマイッサユカリノサトイッサカン)

歴史公園信州高山一茶ゆかりの里 一茶館
  • <高山村> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 小林一茶が高山村を来訪した際に滞在した旧家の離れ家を移築復元
  • 小林一茶が高山村を来訪した際に滞在した旧家の離れ家を移築復元。一茶の三大作品のひとつ「父の終焉日記」の原本など、ゆかりの資料を日本で最も数多く展示する一茶館を併設する。
  • [別名]一茶ゆかりの里一茶館, 一茶館

明治商家 中瀬邸 (メイジショウカナカゼテイ)

明治商家 中瀬邸
  • <松崎町> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 当時をうかがい知る豪商の邸宅
  • 明治20(1887)年に呉服商家として建てられた「中瀬邸」。調度品や帳場の様子などが当時のままに再現され、展示されている。土蔵の扉にある鏝絵などは必見。
  • [別名]明治商家中瀬邸(旧依田直吉邸)

松阪商人の館 (マツサカショウニンノヤカタ)

松阪商人の館
  • <松阪市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 豪商・小津家の住宅を公開
  • 江戸時代の松阪商人・小津清左衛門の屋敷跡を公開。建物は17世紀末から18世紀初めのもので、見世の間、勘定場、奥座敷などの母屋と2つの土蔵、庭園がある。
  • [別名]旧小津清左衛門宅住宅, 松阪商人の館(旧小津清左衛門宅住宅)

埋木舎 (ウモレギノヤ)

埋木舎
  • <彦根市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 直弼が青年期を過ごした屋敷
  • 井伊直弼が17歳から32歳までを過ごした屋敷。「埋木舎」は直弼自らが5歳で母を、17歳で父を亡くした不遇になぞらえた舎号。邸内には直弼ゆかりの茶室が残る。
  • [別名]彦根市埋木舎

史跡 岩倉具視幽棲旧宅 (シセキイワクラトモミユウセイキュウタク)

史跡 岩倉具視幽棲旧宅
  • <京都市左京区> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 岩倉具視が隠れ住んだところ。関係資料が敷地内の対岳文庫にある
  • 攘夷運動が高まり、尊王攘夷派に追われる身となって、文久2(1862)年から5年間岩倉具視が隠れ住んだのがここだ。具視の関係資料を展示する対岳文庫が敷地内にある。
  • [別名]岩倉具視幽棲対岳文庫, 岩倉具視幽棲旧宅, 対岳文庫, 岩倉具視幽棲旧宅・対岳文庫

甲賀流忍術屋敷 (コウカリュウニンジュツヤシキ)

甲賀流忍術屋敷
  • <甲賀市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 甲賀忍者の生活を知る
  • 甲賀流忍者 甲賀五十三家筆頭格 甲賀望月氏本家旧邸。江戸時代元禄年間に建立の内部に防御建築として、多くの巧妙なからくりが施された今に残る本物の忍術屋敷。忍者体験(手裏剣投げ、忍者衣装変身)もできる。

旧宇田川家住宅 (キュウウダガワケジュウタク)

旧宇田川家住宅
  • <浦安市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 明治初期の現存する貴重な建築物を公開。市の有形文化財指定
  • 関東地方には数少ない商家の遺構として明治初期の建築物を当時のまま保存公開。建築時期を特定できるものとしては浦安市内最古で、昭和57(1982)年には市の有形文化財に指定されている。

伊藤左千夫生家 (イトウサチオセイカ)

伊藤左千夫生家
  • <山武市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 約230年前に建てられた『野菊の墓』の作者・伊藤左千夫の生家
  • 名作『野菊の墓』の作者として知られる作家・歌人、伊藤左千夫の生家は、約230年前に建てられた、かやぶき屋根の家。「山武市歴史民俗資料館」に隣接している。

酒々井まがり家(飯沼本家) (シスイマガリヤイイヌマホンケ)

  • <酒々井町> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 300年の歴史がある酒々井の蔵元
  • 銘酒「甲子正宗」の醸造元。蔵見学だけでなく、新酒の展示や販売をしており、試飲も可能。1階カフェスペースでは、甘味や軽食を味わうことができる。2階ギャラリーでは千葉の芸術家の企画展も開催している。
  • [別名]飯沼本家

戸定邸 (トジョウテイ)

戸定邸
  • <松戸市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 重要文化財にして国指定名勝。徳川昭武が住んだ屋敷
  • 最後の水戸藩主、徳川昭武(徳川慶喜の実弟)によって明治17(1884)年に建てられた屋敷。建物は国指定重要文化財、庭園は国指定名勝。隣接する戸定歴史館にはゆかりの品々が展示されている。

旧大塚家住宅 (キュウオオツカケジュウタク)

  • <浦安市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 指定有形文化財の茅葺き屋根の漁家がかつての生活を今に伝える
  • 江戸時代末期に建造された、千葉県指定有形文化財の茅葺き屋根の漁家。屋根裏2階は、水害から家財道具を守るために利用されていたという。人形やちゃぶ台、食事までが再現されている。

伊能忠敬旧宅 (イノウタダタカキュウタク)

伊能忠敬旧宅
  • <香取市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 忠敬が暮らした商家
  • 伊能忠敬が30年余り過ごしたと言われる建造物。表から店舗、炊事場、書院と続く建物や土蔵。伊能忠敬旧宅は国の史跡に指定されている。

渡辺家住宅 (ワタナベケジュウタク)

渡辺家住宅
  • <大多喜町> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 商家の当時の姿を今に伝える
  • 江戸時代、大多喜藩の御用金御用達を任されていた豪商・渡辺家の住宅。嘉永2(1849)年建造の2階建て寄棟造り。国の重要文化財に指定されている。

旧稲葉家住宅 (キュウイナバケジュウタク)

旧稲葉家住宅
  • <青梅市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 旧家)
  • 江戸後期の蔵造りの豪商の旧家
  • 青梅宿の町年寄を勤め、材木商や「青梅縞」の仲買問屋として活躍した豪商の旧家。江戸時代後期の蔵造りの建物で、当時の宿場町の面影を垣間見ることができる。東京都有形民俗文化財。

ページトップへ