観光情報

検索結果
19

“レジャー・観光”“観光スポット”“窯元”で検索しました。

日下部陶芸館 (クサカベトウゲイカン)

日下部陶芸館
  • <伊東市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • ギャラリーには、陶芸家日下部夫妻の大らかな作品が並ぶ
  • ギャラリーには陶芸家、日下部夫妻の大らかな作品がところ狭しと並べられ、購入することもできる。また陶芸体験もあり、ペンションも併設している。

陶芸体験 八幡野窯 (トウゲイタイケンヤワタノガマ)

陶芸体験 八幡野窯
  • <伊東市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 土と触れ合いながら陶芸体験
  • 予約なしで電動ろくろ、てびねりなどの陶芸体験が手軽に楽しめる。電動ろくろは初めての人でもスタッフが丁寧に指導してくれるので安心だ。

中伊豆窯 (ナカイズガマ)

中伊豆窯
  • <伊豆市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • ショールームも併設した陶芸工房
  • 陶芸作家、山口廣海氏の窯元。辰砂釉を中心とした釉薬を研究。ほかに焼締めや銀彩など上絵付けの食器や花器、オブジェなどの作品を手掛ける。併設ギャラリーでは教室も開催。

今井政之展示館 (イマイマサユキテンジカン)

今井政之展示館
  • <竹原市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 象嵌技法の第一人者
  • 象嵌技法の第一人者で世界的に有名な竹原市出身の陶芸家、今井政之の作陶場および展示館。瀬戸内海を望む高台にある山小屋風の建物の中に、秀作50点あまりを展示している。

丸田窯 (マルタガマ)

丸田窯
  • <うきは市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 伝統の塩釉技法で仕上げる美しい作品
  • 16世紀末、豊臣秀吉が朝鮮から陶工を招いて焼きはじめた「一の瀬焼」の窯元。展示販売のほか、絵付け体験や陶芸教室を開いている。陶芸教室の所要は1時間30分ほど。

日月窯 (ニチゲツカマ)

日月窯
  • <うきは市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 素敵な器でおいしい料理を
  • 「使うほどによさが出るものをつくりたい」という福村夫妻の窯元。見晴らしよい場所にあり、工房は見学ができる。自家製野菜や果物を使った料理があり、2階にはカフェがある。

秋月焼 橘窯 (アキヅキヤキタチバナガマ)

秋月焼 橘窯
  • <朝倉市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 橘日東士氏の工房。青みを帯びた紫色など豊かな色彩が特色の器
  • 橘日東士氏の工房。表現したい作品のイメージによって10種類の土を使い分け、土の風合を生かした器をつくる。青みを帯びた紫色をはじめ豊かな色彩に特色がある。

守窯 (マモルガマ)

守窯
  • <福智町> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 伝統にこだわらない熊谷守氏の窯。食器類中心の多彩な作品が並ぶ
  • 上野(あがの)焼をベースにしながらも、その伝統にこだわらず、掻き落とし、泥彩に挑んでいる熊谷守氏の窯。自宅兼展示場には、食器類を中心に多彩な作品が並ぶ。

小石原焼窯元めぐり (コイシワラヤキカマモトメグリ)

小石原焼窯元めぐり
  • <東峰村> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 歴史を築いた伝統の窯元をめぐる
  • 約350年の歴史をもつ小石原焼。50軒ほどの窯元があり、ほとんどの窯元で工房見学ができる。道の駅の陶の里館などで手に入るイラストマップは窯元めぐりに便利。

唐津焼 高麗窯 (カラツヤキコウライガマ)

唐津焼 高麗窯
  • <糸島市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 土のぬくもりを感じる器
  • 親子二代で窯を守る。古家章弘氏は伝統的な古唐津の技法を再現、二代目の義弘氏は日用和食器など新しいデザインの唐津焼に取り組んでいる。窯開きは春と秋。

やままる窯 (ヤママルガマ)

やままる窯
  • <東峰村> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 伝統技法を守りながら、現代の食卓に合う器をつくる
  • 小石原焼発祥の地といわれ、石畳に沿って15軒の窯元が立ち並ぶ皿山に工房を構える。工房見学や予約制の陶芸体験に応じている。近くには巨木100選に選ばれている行者杉がある。

雲仙焼窯元 (ウンゼンヤキカマモト)

雲仙焼窯元
  • <雲仙市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 陶芸一家による3つの作風が集う
  • 雲仙岳の火山灰のみを釉薬に使って油滴天目の焼成に成功した石川照さん、雲仙焼の直系の継承者で焼締めの作品で知られるハミさん、現代的でシンプルな作風の雑器を手掛ける長男の裕基さん。ギャラリーにはとりどりに個性的な三人の作品が並ぶ。

内田皿山焼 (ウチダサラヤマヤキ)

内田皿山焼
  • <苓北町> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 素朴な白磁の美しさ
  • 幻の窯、古内田皿山焼を再現した民芸白磁。磁器と陶器両方を製造販売しており、手描きで染付された作品が特徴的。有料で絵付け、手びねり体験なども行っている。

水の平焼窯元 (ミズノダイラヤキカマモト)

水の平焼窯元
  • <天草市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • なまこ釉と呼ぶ独特の釉薬を使った水の平焼の器は使いやすい形
  • 水の平焼は、なまこ釉と呼ばれる独特の釉薬を使っている。青色のほか、赤や白のなまこ色がある。口あたりや水ぎれを考慮した形につくられているので、どの器も使いやすい。

丸尾焼 (マルオヤキ)

丸尾焼
  • <天草市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 暮らしが楽しくなる陶磁器に出会う
  • 天草にある窯元のひとつ。丸尾焼は、生活に根づいた焼物が多く、シンプルで使いやすいと評判。土もの以外にも、天草陶石で作った白磁の器なども人気がある。

野風ムラ(翔平窯) (ヤフウムラショウヘイガマ)

野風ムラ(翔平窯)
  • <南小国町> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • クヌギやミカンなどの幹や葉の灰を釉薬に使った食器などがそろう
  • クヌギやミカンなどの幹や葉の灰を釉薬に使った小国焼の窯元。日用の食器からパーティー用の大皿までがそろう。小国ジャージー牛乳せんべいは夫人の手製。農家民泊にも対応。

工房 花と陶房 楽 (コウボウハナトトウボウラク)

工房 花と陶房 楽
  • <阿蘇市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 夫妻それぞれの作品が異なる趣向でギャラリーを彩る
  • 夫妻で陶芸に携わる窯元のギャラリー。主人は色のついた土を使う「陶房 楽」、有田で修業した夫人は「工房 花」を営み、異なる趣向の作品が店内を彩っている。

沈壽官窯 (チンジュカンガマ)

沈壽官窯
  • <日置市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 伝統的な薩摩焼の名品をつくり続ける。工房はガラス越しに見学可
  • 現在まで十五代にわたって、伝統的な薩摩焼の名品をつくり続けている窯元。「沈家伝世品収蔵庫」では代々の作品を公開。工房はガラス越しに見学することができる。

薩摩焼の里「美山」 (サツマヤキノサトミヤマ)

  • <日置市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 窯元)
  • 薩摩焼400年の歴史と伝統を受け継ぐ里
  • 400年以上前に、薩摩藩藩主島津義弘の庇護のもと、美山の地に開窯したのが薩摩焼のはじまり。12軒の窯元では伝統と技術を受け継いだ作品をつくっている。ギター工房、ガラス工房などもある。
  • << 前の20件
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次の20件 >>

ページトップへ