観光情報

検索結果
146

“レジャー・観光”“観光スポット”“橋”で検索しました。

人吉ループ橋 (ヒトヨシループキョウ)

人吉ループ橋
  • <人吉市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 絶景が待つ橋上ドライブ
  • 人吉市から国道221号を宮崎県えびの市方面へ向かう途中に架かる橋。ループ区間の長さ1190m、直径190m、円周600mで、いくつかの橋を利用した道路になっている。

牛深ハイヤ大橋 (ウシブカハイヤオオハシ)

牛深ハイヤ大橋
  • <天草市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 自然と調和した芸術品
  • イタリアの建築家レンゾ・ピアノ氏の設計による全長883mの橋。牛深漁港から後浜新漁港へ至るメインルートの役割を担う。夜間はライトアップされ幻想的な景観となる。

中瀬戸橋 (ナカセトバシ)

中瀬戸橋
  • <天草市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 御所浦島と牧島を結ぶ全長452mの美しい橋。専用歩道もある
  • 景行天皇西征と源平の合戦にまつわる御所浦島と、牧島を結ぶ全長452mの美しい橋。昭和61(1986)年に完成した。専用歩道があり、歩いて渡ることができる。

女神大橋 (メガミオオハシ)

女神大橋
  • <長崎市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 長崎港に架かる白い橋から望む
  • 長崎港の入り口にあたる木鉢町と戸町に架かる全長1289mの斜張橋。夜景は遊歩道からの観賞がおすすめ。長崎市街や三菱重工の工場地帯などの夜景を見ることができる。

古橋(中川橋) (フルバシナカゴバシ)

古橋(中川橋)
  • <長崎市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 側壁石の加工法がめずらしく、現在もアーチの石組みを保つ橋
  • 承応3(1654)年に唐通事の林守でんによって架けられた橋。側壁石の加工法がめずらしく、長い年月を経た現在も頑丈に架橋当時のアーチの石組みを保っている。
  • [別名]中川橋

若松大橋 (ワカマツオオハシ)

若松大橋
  • <新上五島町> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 中通島と若松島を結ぶ3径間連続トラス橋。公園の花時計も必見
  • 中通島と若松島を結ぶ全長522mのライトグレーの3径間連続トラス橋。大橋の両岸にある公園は、若松瀬戸の景観を楽しむことができ、直径8mの花時計は訪れる人の目をなごませる。

西海橋 (サイカイバシ)

西海橋
  • <佐世保市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 赤い欄干と美しいフォルムのアーチ橋
  • 日本三大急潮として名高い伊ノ浦瀬戸をまたいで、佐世保市と西海市を結ぶ赤いアーチ橋。昭和30(1955)年に架橋され、全長316m、海からの高さはおよそ42mある。

下鶴橋 (シモツルバシ)

下鶴橋
  • <御船町> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 手すりを支える親柱が、トックリとサカズキの形をしている
  • 国道445号を御船町に入ってから4kmほど山都町方面へ。御船川の支流にかかる長さ70m、幅5mあまりのアーチ型石橋。手すりを支える親柱が、トックリとサカズキの形。

通潤橋 (ツウジュンキョウ)

通潤橋
  • <山都町> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 空を渡る水路
  • 嘉永7(1854)年建築の日本最大級のアーチ式水路橋。白糸台地へ水を渡すために造られた石橋で、150年以上経った現在でも約100haもの田畑を潤す。しぶきを上げる放水は豪快。

筑後川昇開橋 (チクゴガワショウカイキョウ)

筑後川昇開橋
  • <大川市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 福岡県と佐賀県を結ぶ橋
  • 筑後川をはさんで大川市と佐賀県佐賀市を結ぶ昇降式の可動橋。旧国鉄時代の鉄道橋で、全長約500m。現在は遊歩道になっていて、日中30分おきに橋が下がり、渡ることができる。

幸橋(オランダ橋) (サイワイバシオランダバシ)

幸橋(オランダ橋)
  • <平戸市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 重要文化財のアーチ橋
  • 平戸港にそそぐ鏡川に架かるアーチ形の石橋。寛文9(1669)年の建造当時は木造で、のちに石橋へ架け替えられたことから通称「オランダ橋」と呼ばれている。
  • [別名]オランダ橋

志賀島橋 (シカノシマバシ)

志賀島橋
  • <福岡市東区> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 本土と島をつなぐ唯一の道
  • 福岡市東区西戸崎と志賀島をつなぐ全長約97mの橋。周辺には遠浅で砂浜が美しいことで有名な志賀島海水浴場がある。

荒瀬橋 (アラセバシ)

荒瀬橋
  • <宇佐市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 整った眼鏡橋と評される。渓流沿いの休憩所から見上げられる
  • 2連アーチ橋のなかではもっとも整った眼鏡橋と評される。大正2(1913)年に架設された。橋を下から見上げられるよう、渓流沿いに休憩所を設けている。

くしもと大橋 (クシモトオオハシ)

くしもと大橋
  • <串本町> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 紀伊大島と串本の架け橋
  • 串本と紀伊大島を陸路で繋ぐ橋。苗我島を中継点に、290m大橋と386mのループ橋が架かっている。橋の完成に伴い巡航船とフェリーは廃止された。

生口橋 (イクチバシ)

生口橋
  • <尾道市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 鳥の羽ばたく姿を連想させる美しいファン型斜張橋
  • 因島と生口島を結ぶファン型斜張橋として開通。橋長は790m。空中から放射されたようなケーブルが、優雅なハープや鳥の羽ばたく姿を連想させる美しい橋だ。

因島大橋 (インノシマオオハシ)

因島大橋
  • <尾道市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 吊り橋特有の優雅な曲線とタワーが特徴。橋長1270m
  • 昭和58(1983)年に開通した、向島と因島間に架かる橋長1270mの吊り橋。吊り橋特有の優雅な曲線とタワーが特徴だ。橋は上下2段構造で下段は歩行者、軽車両道となっている。

夢吊橋 (ユメツリハシ)

夢吊橋
  • <世羅町> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • ギネス認定の吊り橋
  • 世界一の長さを誇る夢吊り橋。美しい弧を描きながら八田原ダム(芦田湖)にかかる歩道橋で支間長は約147mに及ぶ。鮮やかな赤い欄干が背景の緑と湖の青色によく映える。

渡月橋 (トゲツキョウ)

渡月橋
  • <京都市右京区> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 景勝地・嵐山のシンボル
  • 桂川(大堰川)に架かる全長155mの橋。9世紀前半にはすでに存在していたといわれている。亀山上皇が橋の上を移動する月を眺め「くまなき月の渡るに似る」と述べたことから渡月橋と名付けられたという。

浜名湖大橋 (ハマナコオオハシ)

  • <浜松市西区> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 橋上からの雄大な景色も見どころ
  • 村櫛と弁天島、雄踏の3点を結び、浜名湖を南北に貫くように渡された橋。季節の浜名湖の顔を楽しむことができる。

竹島橋 (タケシマバシ)

  • <蒲郡市> (レジャー・観光 / 観光スポット / 橋)
  • 縁結びの神を祀っている。橋も「縁結びの橋」と呼ばれる
  • 蒲郡のシンボルともいえる竹島と対岸を結ぶ。全長は387m。竹島には縁結びの神を祀る八百富神社があり、“縁結びの橋”と呼ばれている。夫婦やカップルで橋を渡ると縁起が良いとされている。

ページトップへ