観光情報

検索結果
123

“レジャー・観光”“公園・庭園”“庭園”で検索しました。

箱根強羅公園 (ハコネゴウラコウエン)

箱根強羅公園
  • <箱根町> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 四季折々の花々と、手作り体験が楽しめる
  • 平成26(2014)年に開園100周年を迎えた強羅公園。日本初のフランス式整型庭園で、噴水を中心にローズガーデンやブーゲンビレア館、クラフトハウス、白雲洞茶苑など、見どころ満載。新たにオープンしたサンドイッチ料理「一色堂茶廊」もおすすめ。
  • [別名]神奈川箱根強羅公園

兼六園 (ケンロクエン)

兼六園
  • <金沢市> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 百万石の栄華伝える大名庭園
  • 金沢を訪れたなら、必ず足を運んでみたい定番スポットが特別名勝の「兼六園」。加賀百万石の栄華を築いた加賀藩主・前田家が、長い年月をかけて完成させた大名庭園は、金沢ならではの伝統美と自然美にあふれている。
  • [別名]特別名勝兼六園, 日本三名園

北前船主屋敷 蔵六園 (キタマエセンシュヤシキゾウロクエン)

北前船主屋敷 蔵六園
  • <加賀市> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 敷地約千坪、建坪約300坪、北前船主の当時の姿のままの屋敷
  • 当時のままの姿で残る北前船主の屋敷。敷地約千坪、建坪約300坪の広大さだ。贅を尽くした調度品に加え、全国の銘石を配置した遠州流の庭園も残る。野草園やティールーム、ショップもあり古美術品も買える。
  • [別名]北前船主屋敷蔵六園(旧酒谷長一郎家住宅)主屋, 北前船船主屋敷蔵六園

春日大社神苑萬葉植物園 (カスガタイシャシンエンマンヨウショクブツエン)

春日大社神苑萬葉植物園
  • <奈良市> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 万葉歌と多種類の植物に出会う
  • 約3haの園内は、萬葉園・五穀の里・椿園・藤の園に分けられ、約300種の万葉植物が植えられている。とくに人気が高いのは藤の季節で、20種約200本の藤が色とりどりに咲き誇る。
  • [別名]萬葉植物園, 春日大社萬葉植物園

松濤園 (ショウトウエン)

松濤園
  • <呉市> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 朝鮮通信使の歴史がわかる資料館
  • 全国各地から移築した古民家や、復元した建物を利用し、朝鮮通信使資料館・陶磁器館・あかりの館・蒲刈島御番所として公開。瀬戸内海を借景とした回遊式庭園も見どころ。
  • [別名]朝鮮通信史資料館・陶磁器館・あかりの館・蒲刈島御番所, あかりの館, 朝鮮通信史資料館, 蒲刈島御番所, 陶磁器館

北九州市立小倉城庭園 (キタキュウシュウシリツコクラジョウテイエン)

北九州市立小倉城庭園
  • <北九州市小倉北区> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 美しい庭園で礼法を学ぶ
  • 小倉城の城主、小笠原氏の別邸であった下屋敷(御遊所)跡に再現した武家屋敷。書院ゾーン、展示ゾーン、茶の湯が体験できるゾーン、庭園ゾーンがある。
  • [別名]小倉城庭園

楽寿園 (ラクジュエン)

楽寿園
  • <三島市> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 深い森に囲まれた公園
  • 鬱蒼とした森に囲まれた公園で、国の「天然記念物及び名勝」に指定された庭園には文化財である楽寿館(旧小松宮別邸)がある。他に、動物及び遊具施設、郷土資料館がある。
  • [別名]三島公園楽寿園

六義園 (リクギエン)

六義園
  • <文京区> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 特別名勝に指定された日本庭園
  • 五代将軍・徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主・柳沢吉保によって作られた庭園。万葉集や古今和歌集、中国古典などの文学趣味を基調とする回遊式築山泉水庭園で、和歌の歌枕に多く歌われた紀州和歌の浦の景勝などを表現。春にはツツジ、サツキ、初夏にはアジサイなど四季を通じて美しく、春のしだれ桜や秋の紅葉の時期にはライトアップも行われる。

名勝 養浩館庭園 (メイショウヨウコウカンテイエン)

名勝 養浩館庭園
  • <福井市> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 日本を代表する名園。御殿様の別荘
  • 福井藩主松平家の別邸。数奇屋造りの建物と回遊式林泉庭園は江戸中期を代表する名園として知られる。建物は福井空襲で焼失したが庭園は旧態を残し国の名勝に指定。古図等を元に復原整備された。

秩父宮記念公園 (チチブノミヤキネンコウエン)

秩父宮記念公園
  • <御殿場市> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 皇族の別邸と庭園を見学
  • 秩父宮・同妃両殿下が過ごした別邸と隣接地を整備した公園。敷地内には四季折々の草花が植えられた花壇も点在し、特に桜の季節は素晴らしい。築300年ほどの母屋は記念館になっており、両殿下の愛用品が展示されている。

相楽園 (ソウラクエン)

相楽園
  • <神戸市中央区> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 街中にありながら深山幽谷の景を味わえる日本庭園
  • 明治末期完成の池泉回遊式日本庭園。重要文化財の旧小寺家厩舎、船屋形、旧ハッサム住宅がある。春のツツジ、秋の菊花展は有名で、花見に多数の人が訪れる。

縮景園 (シュッケイエン)

縮景園
  • <広島市中区> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 広島を代表する名庭園
  • 広島藩主浅野長晟(あさのながあきら)が元和6(1620)年から別邸の庭として築いた。跨虹橋(ここうきょう)は原爆の爆風にも耐えたほど強固として知られる。

日本庭園「見浜園」 (ニホンテイエンミハマエン)

日本庭園「見浜園」
  • <千葉市美浜区> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 池泉回遊式の日本庭園。茶室もあり、抹茶と和菓子が味わえる
  • 広大な県立幕張海浜公園内にある、山紫水明の美を表現した池泉回遊式の日本庭園。茶室「松籟亭(しょうらいてい)」では、抹茶と和菓子も味わえ、日本情緒に触れることができる。
  • [別名]見浜園

浜離宮恩賜庭園 (ハマリキュウオンシテイエン)

浜離宮恩賜庭園
  • <中央区> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 特別名勝・特別史跡に指定された徳川将軍家の庭園
  • 江戸時代に、江戸城の出城としての機能を果たしていた大名庭園。海水が出入りする「潮入の池」をはじめ、ウメ・ナノハナ・サクラ・フジ・コスモス・紅葉など四季折々の花が楽しめる。
  • [別名]浜離宮公園, 浜離宮庭園

殿ヶ谷戸庭園 (トノガヤトテイエン)

  • <国分寺市> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 国分寺崖線の湧水が見える東京で屈指の紅葉の名所
  • 大正2(1913)年頃に江口定條(のちの満鉄副総裁)の別荘として建てられ、昭和4(1929)年に三菱財閥の岩崎家所有となり本館、紅葉亭などが整備された。国分寺崖線上にあり、園内でも湧水が見られる。次郎弁天池を中心とした和風庭園の秋景色は見事で、都内でも有数の紅葉の名所。
  • [別名]殿ケ谷戸庭園

実篤公園 (サネアツコウエン)

実篤公園
  • <調布市> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 武者小路実篤の邸宅と記念館は土・日曜、祝日に邸内が見学できる
  • 落葉広葉樹と湧水に恵まれた、武蔵野の面影を残す公園。武者小路実篤の晩年の邸宅が保存されており、土・日曜、祝日は邸内の見学も可能。隣接の記念館とは地下道で結ばれている。

京王百草園 (ケイオウモグサエン)

京王百草園
  • <日野市> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 四季折々の花が咲き乱れる名園
  • 徳冨蘆花や若山牧水など、多くの文人に親しまれてきた名園。約500本の梅をはじめ、アジサイやフジ、ミツバツツジなど1年中さまざまな花や木々が楽しめる。中でも梅は見事で、2・3月は梅まつりも行われる。

清澄庭園 (キヨスミテイエン)

清澄庭園
  • <江東区> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 緑豊かな癒されスポット
  • 明治13(1880)年に三菱グループ創始者の岩崎彌太郎が隅田川の水を引き、全国の奇岩珍石を集めて造った回遊式林泉庭園。広大な池には大小の島や磯渡りが設けられている。

旧古河庭園 (キュウフルカワテイエン)

旧古河庭園
  • <北区> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 和と洋が調和する大正の庭
  • バラとツツジの洋風庭園と平安神宮神苑などを手がけた京都の庭師、小川治兵衛作庭の日本庭園がある。洋館と洋風庭園は著名な建築家ジョサイア・コンドルが設計。バラは5月中旬から6月上旬、10月中旬から11月上旬が見頃。

向島百花園 (ムコウジマヒャッカエン)

向島百花園
  • <墨田区> (レジャー・観光 / 公園・庭園 / 庭園)
  • 草花が美しい都会のオアシス
  • 仙台出身の商人、佐原鞠塢(さわらきくう)によって江戸時代の文化元(1804)年に創設された庭園。山野草を中心とした造りで、特に早春の梅と秋の萩の美しさは有名。

ページトップへ