観光情報

検索結果
50

“レジャー・観光”“自然地形”“湿原”で検索しました。

鈴原湿原 (スズハラシツゲン)

  • <御蔵島村> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 板作りの歩道を行く。都の天然記念物指定の植物が多数見られる
  • 御山の標高700~800mに広がる湿原。都の天然記念物に指定されたミクラコザサやモンセンゴケ、コイワザクラ、マイズルソウ、ハコネコメツツジ、サクユリが草原状に群生。入山にはガイドが必要。

弥陀ヶ原 (ミダガハラ)

弥陀ヶ原
  • <立山町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 緑の湿原をのんびり散策
  • 「餓鬼田」と呼ばれる3000余りの大小の池塘が点在する高層湿原。広さは約8平方キロメートル。ニッコウキスゲなど多数の高山植物が咲く。湿原周遊用に木製の遊歩道が整備されている。

真菰ヶ池 (マコモガイケ)

真菰ヶ池
  • <加賀市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 春には池の周りの桜が満開
  • 久谷焼窯跡展示館後ろの中腹にある灌漑用の小池で、散策途中の休憩場所として利用できる。デッキ風のスペースがとても気持ちがいいと人気。

夜叉ヶ池 (ヤシャガイケ)

夜叉ヶ池
  • <南越前町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 竜神伝説が残る神秘的な美しさ
  • 福井県の南端と岐阜県境、標高1100mの三国ヶ岳の山間に位置する、周囲をブナの原生林に囲まれた美しい池。夜叉ヶ池の大蛇「夜叉竜神」の伝説が残り、昔から雨乞いの池としても知られている。

池河内湿原 (イケノコウチシツゲン)

  • <敦賀市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 植生の南限と北限にあたる珍しい植物もある広大な湿原
  • 面積4haほどもある広大な湿原だ。ここには約700種類に及ぶ植物が自生している。植生の南限と北限にあたる珍しい植物もある。

刈込池 (カリコミイケ)

刈込池
  • <大野市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 三ノ峰の壮大な紅葉が透明な水面に映りこみ神秘的な池
  • その昔。泰澄大師が白山千蛇ヶ池に棲む大蛇を分けて刈り込み封じ込めたという伝説が残る池。透明な水面に映りこむ、三ノ峰の壮大な紅葉は美しいの一言。

中池見湿地 (ナカイケミシッチ)

  • <敦賀市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 絶滅の怖れのある植物種・植物群落も生育する貴重な湿地
  • 昔ながらの田んぼの原風景と生物を保全しつつ、身近にふれあうこともできるように管理されている。今では希少なメダカやトンボなどを観察することもできる。

牛留池 (ウシドメイケ)

牛留池
  • <松本市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 溶岩台地のくぼみに水がたまってできた池
  • 休暇村乗鞍高原から遊歩道を5分ほど歩いたところにある小さな池。ダケカンバ、シラカバなどの原生林に囲まれており、4月~8月には水草のミツガシワが白い花を咲かせる。

鏡池 (カガミイケ)

鏡池
  • <長野市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 戸隠を代表する絶景スポット
  • 水面に、まるで鏡のように戸隠連峰の山々を映し出すところからその名が付けられた、屈指のビューポイント。最近ではパワースポットとして、若い女性から人気を集めている。

八島ヶ原湿原 (ヤシマガハラシツゲン)

八島ヶ原湿原
  • <下諏訪町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • ハート形をした湿原の繊細な自然を観賞
  • 霧ヶ峰の湿原のなかでは最大の高層湿原。1万2000年もの時を刻み形成された。八島ヶ池など池も点在し、周囲には所要時間1時間30分ほどのハイキングコースがある。

白駒の池 (シラコマノイケ)

白駒の池
  • <佐久穂町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 原生林に囲まれた天然湖
  • 国道299号の最高地点、麦草峠の東南にある。標高が2100mを超える湖沼のなかでは、日本最大。池の周囲はシラビソやコメツガの樹海となっていて、一周約40分の散歩道もある。

池の平湿原 (イケノタイラシツゲン)

池の平湿原
  • <東御市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 高山植物の宝庫で、眺めながらトレッキングを楽しめる
  • 三方ヶ峰の火口原に広がる湿原は高山植物の宝庫。7月初旬にはアヤメ、7~8月にはコマクサなどが咲く。高山植物を眺めながら約1時間30分のトレッキングが楽しめる。

雲場池 (クモバイケ)

雲場池
  • <軽井沢町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 四季折々の表情を見せる軽井沢の水辺のオアシス
  • 白鳥が飛来することから別名「スワンレイク」と呼ばれる定番の観光スポット。春は桜、夏は鮮やかな緑、秋は燃えるような紅葉、冬は銀世界と四季ごとの自然が素晴らしい。

琵琶池 (ビワイケ)

琵琶池
  • <山ノ内町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 志賀高原に点在する70あまりの湖沼の中で、2番目に大きい池
  • 志賀高原に点在する70あまりの湖沼の中で、大沼池に次いで2番目に大きい。形が楽器の琵琶に似ていることからその名がついたという。周囲には舗装された遊歩道が整備されている。

大正池 (タイショウイケ)

大正池
  • <松本市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 一夜にして誕生した神秘の池
  • 大正4(1915)年の焼岳の噴火によって梓川がせき止められてできた池。深いエメラルド色の水をたたえた池の中に木々が立ち枯れ、神秘的な雰囲気が漂っている。

田代池 (タシロイケ)

田代池
  • <松本市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 原生林に囲まれた浅く静かな池
  • 田代橋と大正池をつなぐ上高地自然研究路の中ほどにある小さな池。正面に望む六百山や霞沢岳の湧水によってできた池で、あたりには静寂な空気が漂っている。

明神池 (ミョウジンイケ)

明神池
  • <松本市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 森の奥にひらける神秘的な池
  • 穂高神社奥宮の神域内にあり、ひっそりと静けさの漂う池。一之池、二之池と分かれ、畔には散策路があり、マガモなどの水鳥に出会える。毎年10月8日紅葉の中、御船神事が行われる。

池のくるみ (イケノクルミ)

池のくるみ
  • <諏訪市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 踊場の池中心の湿原地帯のこと。ヒメシャクナゲなど高山植物自生
  • 池のくるみは踊場の池を中心とした湿原地帯のこと。ヒメシャクナゲやツルコケモモ、コバイケイソウなどの高山植物が自生する。湿原をめぐるハイキングコースは所要約70分。

岳沢湿原 (ダケサワシツゲン)

岳沢湿原
  • <松本市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 水底の砂模様が美しい湿原
  • 河童橋から右岸を15分ほど上流に行くと小さな湿原がある。実際には善六沢の流水によって涵養されているようである。初夏にはニッコウキスゲやレンゲツツジが咲き乱れる。

池ヶ原湿原 (イケガハラシツゲン)

池ヶ原湿原
  • <飛騨市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 湿原)
  • 水芭蕉やリュウキンカが訪れる人の目を楽しませてくれる
  • ニコイ高原の中にあり、およそ40万株もの水芭蕉やリュウキンカを見ることができる。水芭蕉は4月下旬から5月下旬が見ごろで、雪色に咲き誇る湿原の景色はとても美しい。

ページトップへ