観光情報

検索結果
58

“レジャー・観光”“自然地形”“岩”で検索しました。

根本海岸・屏風岩 (ネモトカイガンビョウブイワ)

根本海岸・屏風岩
  • <南房総市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 奇岩が並ぶ中、屏風のような「屏風岩」が立つ。県指定文化財
  • 若山牧水が「白鳥は悲しからずや空のあお海のあをにも染まずただよふ」と短歌を詠んだ根本海岸。その西端には奇岩が多く、屏風のように海中に立つ「屏風岩」は県指定の文化財に指定されている。

筆島 (フデシマ)

筆島
  • <大島町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 形状が筆の先端に似ている事から呼称される。見晴台がある
  • 三原山より古い時代に出現した、高さ30mの岩礁。形が筆の穂先に似ていることからこの名前がついた。筆島バス停近くの見晴台か、オタイネの碑付近からの眺めがおすすめ。

ぶっとおし岩 (ブットオシイワ)

ぶっとおし岩
  • <神津島村> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 人が通れる程の穴でトンネルのような奇岩。穴を通して海が見える
  • 島の西側、長浜海岸にそびえる高さ10m超の奇岩。人が通れるほどの穴が開いている中心部や、岩の上には緑濃い松が自生し、独特の景観を見せている。潮の干満で景色も変わる。

八方岩 (ハッポウイワ)

八方岩
  • <相模原市緑区> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • ハイキングの休憩地点でもある岩場。市街が一望できて心地よい
  • 石老山の山腹に突き出している岩。ハイキングの小休止の場所としても人気のポイントだ。ここから一望できる市街の眺めは壮観だ。

船見岩 (フナミイワ)

船見岩
  • <箱根町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 小高い丘から眺める絶景
  • 約3000年前の神山の活動により、山腹から崩れ落ちた土砂の堆積でできた小高い丘。巨石のたまり場でもあり、ここから芦ノ湖が眺望できるため、この名がつけられた。

望湖石 (ボウコイシ)

望湖石
  • <箱根町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 江戸時代の薬草学者・野呂元丈が詠んだ漢詩が刻まれている
  • 江戸時代の薬草学者・野呂元丈が、姥子温泉に湯治に来たおりに記した漢詩が刻まれている。親友である丹羽正伯との若き日の想い出を詠んだものとされる。

人喰岩 (ヒトクイイワ)

人喰岩
  • <黒部市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 迫力満点の頭上を覆う岩とV字谷の急峻な断崖
  • 道を造るため岩を削った際にできたもの。頭上を覆う岩は、下を通る人をのみ込まんばかりの迫力。一方の深いV字谷へ落ちる急峻な断崖と相まって怖さが募る。

窓岩 (マドイワ)

窓岩
  • <輪島市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 板状の岩の真ん中に穴の空いた奇岩
  • 曽々木の奇勝のひとつ。1枚の巨大な板岩に窓をくりぬいたような穴が空き、青空が見える。岩の前の砂地は、絶好の海水浴場になっている。

機具岩 (ハタゴイワ)

機具岩
  • <志賀町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 機織の神様が残した夫婦岩
  • 織物の神様が突如山賊に会い、とっさに背負っていた織機を海へ投げ込んだところ岩になったという伝説の岩。別名「能登二見」とも呼ばれている。

千畳敷岩 (センジョウジキイワ)

千畳敷岩
  • <志賀町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 畳を敷き詰めたように平らな岩が重なり合う雄大な岩肌は壮大
  • 平らな岩が重なり合ってできた雄大な岩肌は壮大な景観。夏は海鳥の群れ、冬は岩海苔採りの人々の姿を見ることが出来る。

鷹の巣岩 (タカノスイワ)

鷹の巣岩
  • <志賀町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 海に突き出た、鷹が舞い降りる高さ27mの巨大な岩
  • 高さ約27mの海に突き出した巨大な岩。鷹しか降りられないほどの高さで、その頂に鷹が巣をつくったことから、この名が付けられたといわれている。

弁慶の洗濯岩 (ベンケイノセンタクイワ)

弁慶の洗濯岩
  • <福井市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 海蝕を受けてできた様々な紋様の奇岩。源義経らが旅衣を洗った岩
  • 海蝕を受けてできた様々な紋様が織り成している奇岩。源義経と弁慶主従一行が、この地を通ったとき、旅衣を洗い、旅の疲れをいやしたと伝えられている。

オルガンロック (オルガンロック)

オルガンロック
  • <軽井沢町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 愛宕山山頂真下にある柱状の巨岩。オルガンの鍵盤のように見える
  • 愛宕神社の参道を通り、石段を登っていくと山頂の真下にある柱状の巨大な岩。その形がオルガンの鍵盤のように見えることから、外国人たちに名付けられたという。

恵那峡 傘岩 (エナキョウカサイワ)

恵那峡 傘岩
  • <恵那市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • キノコのような独特の形状は一見の価値あり
  • 雨水の風化作用で根元が削られ、大きな傘が開いたようなユーモラスな形になったもので、国の天然記念物にも指定されている。上部が周囲約10m、下部が約2mという大きさだ。

巌立峡・がんだて公園 (ガンダテキョウガンダテコウエン)

巌立峡・がんだて公園
  • <下呂市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 巌立は御嶽の大噴火によりできた岸壁。その対岸にがんだて公園有
  • 荒々しい山肌を見せる巌立は、御嶽の大噴火によってできた高さ72m、幅120mの岸壁。対岸に整備されたがんだて公園から眺める大自然の造形美は圧巻。

千畳敷 (センジョウジキ)

千畳敷
  • <南伊豆町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 平板で広大な岩畳。海上でのピクニック気分が爽快
  • 入間の西に続く荒々しい海岸の先端部、三ッ石岬の一角にある広大な岩畳。陸路があるが、漁船の磯渡しによる釣り人天国。岩畳は平板で、海上ピクニック気分が爽快だ。

千貫門 (センガンモン)

千貫門
  • <松崎町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 巨大な自然岩の洞門
  • 自然が造形した岩の門で、その高さは約30m。海の鳥居とも呼ばれており、その姿の価値が千貫に匹敵するということから千貫門と名付けられたという。

汐吹公園 (シオフキコウエン)

汐吹公園
  • <伊東市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 岩場に吹き上がる汐の迫力
  • 伊東港と川奈港のちょうど中間にある。海岸線が波で削られてできた自然の横穴に、海水が入り込み、空気の圧力で吹き上げられる。満潮時の高さが5mほどの水しぶきに戦慄。

俎岩 (マナイタイワ)

俎岩
  • <伊東市> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 日蓮上人が置き去りにされたと言われている岩
  • 日蓮上人が弘長元(1261)年に流罪で鎌倉由比ケ浜から船で来て置き去りにされた小岩のこと。そばの海岸には祖師堂が建てられている。のちにまないた岩という名になった。

つぶて浦 (ツブテウラ)

つぶて浦
  • <南知多町> (レジャー・観光 / 自然地形 / 岩)
  • 伊勢神宮の神々が石の遠投を競った時に投げたという伝説がある
  • 赤い鳥居の向こうに見える巨大な石は伊勢神宮の神々が、石の遠投を競ったときに、この地に投げられたものだという伝説がある。

ページトップへ