飛騨ガイドマップ

飛騨高山観光おすすめスポットなら飛騨ガイドマップ

飛騨高山美術館


飛騨高山美術館

シャンゼリゼ・ショッピング・アーケードのガラスの噴水
シャンゼリゼ・ショッピング・アーケードのガラスの噴水
ルネ・ラリック作 1926年

アール・ヌーヴォーの宝石たちが
ちりばめられた美の宝石箱。

19世紀末、ヨーロッパで華麗に花開いたアール・ヌーヴォー様式。
それは、ガラス工芸のみならず、家具や照明器具など日常生活の
デザインにも取り入れられ多様な美の展開を見せました。

飛騨高山美術館ではそれらの装飾芸術にスポットを当て、
またその後に続くアール・デコや現代ガラスまで、
約1,000点に及ぶ作品を収蔵しています。

常設展示は、ガラス作品の展示室および
インテリア作品の展示室の二つから構成され、
常時約200点を展示しています。

「19世紀末インテリア館」では、19世紀末のヨーロッパ、主にフランス、イギリス、オーストリアにおける家具・調度品などの工芸作品を
再現展示しています。室内全体に展示作品を配置することで、
当時の生活空間を全身で体感していただけます。

基本情報
施設名

飛騨高山美術館

所在地
〒506-0055 岐阜県高山市上岡本町1-124-1
TEL:0577-35-3535
アクセス
◆JR 高山本線「高山」駅から徒歩約30分
◆濃飛バスで約10分
JR 高山本線「高山」駅 濃飛バスセンターより「さるぼぼバス(飛騨の里行き)」→バス停・飛騨高山美術館前下車
◆電車をご利用の場合
東京方面から
東海道新幹線名古屋経由 → 高山本線ワイドビューひだ → 高山(約3時間50分)
北陸新幹線富山経由 → 高山本線ワイドビューひだ → 高山(約4時間)
大阪方面から(約3時間)
東海道新幹線名古屋経由 → 高山本線ワイドビューひだ → 高山
富山方面から(約1時間20分)
高山本線ワイドビューひだ → 高山
◆お車をご利用の場合
東京方面から(約4時間)
中央自動車道・松本IC → 国道158号→安房峠(安房トンネル)→ 高山
大阪方面から(約4時間40分)
名神高速道路 → 東海北陸自動車道・高山西IC → 国道158号 → 高山
北陸方面から(約2時間)
富山・北陸自動車道富山IC → 国道41号 → 高山
駐車場
120台完備(無料)
入館料
一般 1,300円
大学生・高校生 1,000円
中学生・小学生 800円
  *ショップ・カフェは入館料無料でご利用いただけます
開館時間
美術館 9:00 〜 17:00 (受付は16:30までとなります)
ショップ・カフェ 9:00 〜 17:00 (カフェL.Oは16:30です)
休館日
無休 (但し、1月中旬 〜 3月中旬は不定休)
公式HP
http://www.htm-museum.co.jp/(外部サイトへリンク)

飛騨高山美術館 周辺のホテルから探すツアー
特集"遊ぶ"一覧
 

掲載日:2016/06/27



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。
※本サイトに掲載の画像は全てイメージです。