飛騨ガイドマップ

飛騨高山観光おすすめスポットなら飛騨ガイドマップ

多治見市モザイクタイルミュージアム



■■■  なぜか、ふしぎな、うつくしさ。   ■■■

室内の装飾や外装、洗面所、お風呂場など、生活にまつわるものとして
日常で目にすることも多いモザイクタイル。
著名な建築物のほか、一般家庭などでも多く使われ、
身近であるゆえに、タイルの使われている建物などが老朽化した場合、
一緒に取り壊され廃棄されてしまうことも多いそうです。

施釉磁器モザイクタイル発祥の地にして、
全国一の生産量を誇る多治見市笠原町。
地元の有志の方は、消えてしまうタイルを残そうと、
解体前の銭湯などからタイルを譲り受け、
また、工場からは廃番になったタイルの見本を引き取るなど、
自分たちの仕事に対する誇りと愛着を持ち、
多くのタイルを収集してきました。
ミュージアム4F
モザイクタイル 「多治見市モザイクタイルミュージアム」は、
そうして集められたタイルや、そのタイルを製造する機械、
タイルを使用し造られた生活用品などを一堂に会し、
大正末期から現在までの、多治見市のタイル産業や、
タイルにまつわる情報や歴史を見ることができます。

様々な色やかたちを配し絵模様を作り上げていくモザイクタイルや、
絵柄の入ったタイル、お風呂や洗面所などで実際に使われていた
貴重な資料などの展示、
モザイクタイルがつくられる工程や歴史の解説、
タイルの製造機械や道具の展示、
これまでのタイル産業をたどる年表などの膨大な資料から、
タイルを見て、知ることができる、唯一の施設です。


施設概要
名称 多治見市モザイクタイルミュージアム
〒507-0901 岐阜県多治見市笠原町2082-5
TEL:0572-43-5101
アクセス ◆公共交通機関の場合…
JR 中央本線・太多線「多治見」駅下車 南口、「多治見駅前」2番バスのりばから東鉄バス笠原線「東草口行き」または「羽根行き」に乗車、「モザイクタイルミュージアム」下車。(駅からの所要時間:約17分)
◆自動車の場合…
多治見ICから約25分。 土岐南多治見ICから約15分。
※駐車場は笠原中央公民館などの合同駐車場です。駐車スペースに限りがありますので、公共交通機関のご利用をお勧めします。
※カーナビでの設定は、住所をご入力ください(電話番号で設定されますと、別の場所に導かれる場合がございます)。
  もしくは、笠原中央公民館と隣接していますので、そちらを設定していただく方法もございます。
開館時間 9:00〜17:00 (ご入館は閉館の30分前までとなります)
休館日 月曜日(休日の場合は翌平日)
 ※年末年始:12/29〜1/3の間休館となります。
観覧料 300円
 ※3、4階展示室入場には観覧料が必要です。
 ※1階、2階をご利用の方も必ず受付にお申し出ください。
公式HP http://www.mosaictile-museum.jp/ (外部サイトへリンク)
多治見市モザイクタイルミュージアム 周辺のホテルから探すツアー
特集"遊ぶ"一覧

掲載日:2018/12/27



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。
※本サイトに掲載の画像は全てイメージです。