飛騨ガイドマップ

飛騨高山観光おすすめスポットなら飛騨ガイドマップ

白川郷



今もなお続く、厳しくも美しい日本の古き良き生活、自然、その風景

岐阜県大野郡白川村の荻町地区は、大小100棟余りの合掌造りが数多く残り、また今でもそこで人々の生活が営まれている集落として知られています。
日本の原風景ともいうべき美しい景観をなすこの合掌造り集落が評価され、1976年に重要伝統的建造物群保存地区として選定され、さらに1995年には五箇山(富山県)と共に白川郷・五箇山の合掌造り集落として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。建物や景観だけではなく、地域に根付く住民同士の相互扶助の営みが高い評価を受けたと言われています。
近年では、世界遺産に登録されたことで知名度が増し、また交通網の整備により国内外から毎年多くの観光客が訪れています。
日本の原風景である農村文化・生活・暮らしを深く感じることができる「日本の故郷」のような場所です。

合掌造り
「合掌造り」とは、木の梁を山形に組み合わせて建てられた日本独自の建築様式です。外から見たその形が、まるで掌を合わせたように見えることから「合掌」造りと呼ぶようになった等、諸説あるようです。合掌造りは他の地方にも多々見られますが、白川郷では「切妻合掌造り」といわれ、屋根の両端が本を開いて立てたように三角形になっているのが特徴です。積雪が多く雪質が重いという白川郷の自然条件に適合した構造になっています。また白川郷の合掌造りは南北に面して建てられています。これは風の抵抗を最小限にするとともに、屋根に当たる日照量を調節して夏涼しく、冬は暖かくするためだと言われています。
合掌造りが一般的な民家と大きく違うところは、屋根裏を作業場として活用しているところにあります。幕末から昭和初期にかけ白川村民の生活を支えたのは養蚕産業でした。そのために屋根裏の大空間を有効活用すべく屋根裏を2~4層に分け、蚕の飼育場として使用していました。茅葺き屋根の耐久年数は昔は50年から80年くらいはもったと言われていますが、現在は環境の変化もありおよそ30年周期で、屋根の葺き替えをしております。合掌造りの最大の弱点は火に弱いことです。ですので、集落内での花火等の火の取り扱いは非常に厳しくなっています。毎年11月上旬頃、万が一の火災に備えて一斉放水の訓練が行われていますが、その放水の様子も大変に美しく一見の価値があります。

白川郷 白川郷 白川郷
白川郷
白川郷の四季



白川民謡
白川民謡
春駒
春駒
獅子舞
獅子舞
田植え祭り
田植え祭り
様々な年中行事

施設概要
名称 白川郷
所在地 岐阜県大野郡白川村荻町
◆JR 高山本線「高山」駅前 高山濃飛バスセンター4番乗り場より「白川郷バスターミナル」下車

 *世界遺産の見学は、8:00~17:00で!*
世界遺産「白川郷合掌造り集落」見学は、イベント開催時など特別な場合を除き、原則8:00~17:00となっています。
また、お車で来場される場合は「村営せせらぎ公園駐車場」をご利用ください(駐車場営業時間も8:00~17:00です)。
HP 白川郷観光協会 https://shirakawa-go.gr.jp/ (外部サイトへリンク)

掲載日:2019/09/27



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。
※本サイトに掲載の画像は全てイメージです。


白川郷 周辺のホテルから探すツアー
特集"遊ぶ"一覧