名古屋ガイドマップ

名古屋観光おすすめスポットなら名古屋ガイドマップ

名古屋市科学館

見て、体験して、楽しみながら科学の世界を知ろう!
大きな球体が特徴の、近未来的な外観をした「名古屋市科学館」は、
様々な展示や体験を通じて、子供から大人まで科学に触れることができる総合科学館です。
世界最大のプラネタリウム「Broether Earth」のほか、竜巻ラボ、放電ラボ、極寒ラボなどの大型展示をはじめ、約240種類の展示を楽しむことができます。
また、週末には身の回りの簡単な材料や自然素材を用いて製作する工房なども開催。
楽しみながら「科学」に触れ、考えてみましょう!

科学館には心をゆさぶる夢がいっぱい!

マプサウルス(生命館2F)
マプサウルス(生命館2F)
「名古屋市科学館」は、
地球や生命、人体のしくみについて学べる「生命館」、
化学原理や技術などの展示が盛りだくさんの「理工館」、
プラネタリウムとサイエンスステージを備えた「天文館」の三つからなり、
展示を楽しみながら、様々な体験もできます。

「生命館」では、身近なものを使った生命科学の実験や、
生物のけんび鏡観察などが体験できます。実験のテーマは毎月変わります。

「理工館」では、水のひろばで行われる水の循環を表した光と音の演出を観たり、
竜巻ができる仕組みを実験で解説する竜巻ラボをはじめ、放電ラボや極寒ラボなど、
大型の体験展示を楽しむことができます。
また、都市パノラマは、街で働く機械や列車の運行を、
映像と模型列車の動きで紹介しています。

「天文館」では、サイエンスステージで、空気・燃焼・化学反応などの
実験をショー形式でご覧いただけます。
そして、プラネタリウム「Brother Earth」は、
そのドーム内径が世界最大としてギネス世界記録に認定されており、
映像はもちろんのこと、演出や音響にもこだわった天体ショーをお楽しみいただけます。


ウッディプレイランド(理工館2F)
ウッディプレイランド(理工館2F)
都市パノラマ(理工館2F)
都市パノラマ(理工館2F)


水のひろば(理工館2・3F)
水のひろば(理工館2・3F)
最先端科学との出会い(理工館6F)
最先端科学との出会い(理工館6F)


サイエンスステージ(天文館4F)
サイエンスステージ(天文館4F)
プラネタリウム「Brother Earth」(天文館6F)
プラネタリウム「Brother Earth」(天文館6F)
基本情報
名称
名古屋市科学館
アクセス
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄二丁目17番1号
芸術と科学の杜・白川公園内
名古屋市営地下鉄東山線/鶴舞線 「伏見」駅下車、4・5番出口 から南へ徒歩5分
市バス「広小路伏見」下車、南へ徒歩5分
名鉄バス「白川公園前」下車、北へ徒歩5分
開館時間
9:30〜17:00(入館は16:30までとなります)
休館日
月曜日(ただし、祝日の場合は開館、直後の平日を休館とします)
第3金曜日(祝日の場合は開館、第4金曜を休館とします)
12月29日〜1月3日
料金
展示とプラネタリウム 展示室のみ
大人 800円 400円
大学・高校生
   (学生証をご提示ください)
500円 200円
名古屋市在住の65歳以上の方
   (敬老手帳等をご手提示下さい)
200円 100円
 *小人(中学生以下)は無料です。
 *特別展についてはその都度料金が定められます。HPにてご確認下さい。
*小人(中学生以下)は無料です。
*特別展についてはその都度料金が定められます。HPにてご確認下さい。
お問い合わせ
TEL 052-201-4486
公式HP
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/(外部サイトへリンク)
名古屋市科学館 周辺のホテルから探すツアー
ハミルトンホテル−ブラック−
ハミルトンホテル−ブラック−

【首都圏発】【静岡発】【関西発】
特集"遊ぶ"一覧
 

掲載日:2015/11/01



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。
※本サイトに掲載の画像は全てイメージです。